めんどくせぇことばかり 『獅子の城塞』 佐々木譲

『獅子の城塞』 佐々木譲

ちょっと前に書いた記事です

そのほう、西南蛮で十分学んでこい。そしておれのために、あの安土城がみすぼらしく思えるほどの城を築くのだ。城下もまかせる。惣構えの、これこそ天下びとがいる場所と誰もがうなずく町を築け。西南蛮の坊主どもさえ、驚嘆して声を失うような。いいな
石積みの特殊技能集団である穴太衆。戦国から織豊時代に、数多くの寺院や城郭の石垣を手がけ、安土城の石垣を積んだのも穴太衆であった。その技術は今にまで伝えられているという。

その親方の次男として生まれた戸波次郎左は、信長の意思とイエズス会の援助を受けてヨーロッパに渡る。強勢を誇るイスパニア、「サッコ・ディ・ローマ(ローマ劫掠)」から立ち直りつつあったローマ、フィレンツェ、そして世界帝国イスパニアからの独立戦争を戦うオランダと、常に求められて各地を回り、やがて彼の築城術はヨーロッパでも絶対的信頼を勝ち取っていく。しかしその間、故国日本は、思いもよらない変化を遂げていく。

石積み職人に、あるいは築城家に活躍の場があるということは、戦いが行われているということである。逆に、戦いの日々が終わり、人々の生活に平安が訪れるということは、仕事がなくなるということである。当時のオランダは、戸波次郎左に修行と熟達の機会を与えるに十分な戦いが行われた時代だった。
『獅子の城塞』 佐々木譲『獅子の城塞』 佐々木譲
(2013/10/22)
佐々木 譲

商品詳細を見る
西洋式築城法を学ぶため、海を渡った男がいた
著者の佐々木譲さんは、ずいぶん久しぶりの歴史物じゃないかな。なんだか警察物が続いていたようで、歴史物を待ち焦がれてた。安土築城後の信長が穴太衆の若者をヨーロッパに送るあたりは、『天下城』のあとに繋がる話のようでもある。そう言えば、『天下城』が出されてからずいぶん時間がたったもんだ。
オランダ独立の戦いの様子が描かれていて、これは面白かった。世界史の教科書でも『オラニエ公ウィレムを中心に独立戦争が展開され、カトリック国家スペインからかカルヴァン派のオランダが独立した』くらいの記述しかない部分だからね。城郭を破られれば街は略奪を受け、男は殺され、女は犯される。

そんな緊迫感の中でオランダは徐々にイスパニアの力を排除していく。そんな時代の雰囲気に触れ、面白く読ませてもらった。
「ローマの教会は、ひとは善行を積めば救われるという。でも、神は人間ひとりひとりの善行を注視して、その量をはかったりしていない。人間、誰が救われ誰が救われないかなど、善行に関係なく最初から決まっている。ひとは、生きるも死ぬも神の思し召しとして生きるしかない」

「でもローマ教会は違う。善行を積めばひとは救われると説く。でも彼らのいう善行とは、聖書に記された言葉を実践することじゃない。教会に寄進することだ。多く寄進した人が救われる。聖職者たちの淫蕩と贅沢三昧を許してやった者が救われるんだ」

というような、カトリックに対するプロテスタントの立場の表明もあった。この時期のヨーロッパを書くことはとても難しいことだと思うんだけど、十分とは思わないけど、果敢なチャレンジだったとは思うな。
リボルノの仕事で、次郎左ははじめて鋭角的稜角をもった城郭づくりに携わる。五基の稜堡を持つ城壁で街全体を囲む仕事だった。、そののち、オランダでも鋭角的稜角をもった城郭が一般化し、次郎左の仕事になっていく。このへんから、もしかしたら、話はいずれ、函館五稜郭にまでたどり着くんじゃないだろうかとも思ったんだけど、さすがにそこまでは行かなかった。五稜郭





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

足跡残してくれて有難うございました!

タイトルの割にはメチャ頭の良さが伺えるブログですね!笑

歴史はあまり馴染みがないですが、色々と拝見させてもらいます!^^

文々 さま

コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい