めんどくせぇことばかり 米軍撤退と南シナ海(覚書)『世界史で学べ❢地政学』 茂木誠

米軍撤退と南シナ海(覚書)『世界史で学べ❢地政学』 茂木誠

琉球新報 2015/6/21
基地是非、63%判断できず 県内高校生調査
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-244582-storytopic-1.html
(抜粋)
 県内高校生が中心となって企画した沖縄平和フォーラム2015(同実行委員会主催)が20日、那覇市おもろまちのみずプラッサであり、実行委が県内28高校の生徒1046人を対象に行ったアンケートの結果が発表された。米軍基地があることの是非について「必要」は20・6%で「不要」が16・4%。「どちらとも言えない」が63・0%で最も多かった。

「必要」が「不要」を上回ってることに、まず言及すべきだと思うんだけどね。でもよかった。琉球新報の書き方はともかく、沖縄の高校生がわりとまともで・・・。
『世界史で学べ地政学』 茂木誠

祥伝社  ¥ 1,728

地政学はリアリズムの一つ。国家と国家が国益をかけて衝突するとき、地理的条件がどのように影響するかを論じる
フィリピンと台湾の間のバシー海峡。この本は地政学的に重要な地点をチョーク・ポイントと呼んでるんだけど、まさしくバシー海峡は南シナ海と太平洋を結ぶチョーク・ポイント。

落下傘部隊に急襲させて手に入れたスマトラ島の油田。石油を運ぶタンカーはバシー海峡を通過するので、やはりフィリピンの米軍は駆逐される必要があった。
そう言えば、アンパンマンの作者やなせたかしさんの弟さんは、バシー海峡で戦死なさったんだよね。
海峡

まあ、日本は戦争に負けて、アメリカはフィリピンの富裕層をて名づけて、フィリピンを言うなりになる独立国家とした。もちろん米軍は、そのままフィリピンに駐留したわけだ。ちなみに《フィリピンの富裕層》ってのがいったい何者なのか、大統領の名前だけおってみると・・・。
マニュエル・ロハス  エルピディオ・キリノ  ラモン・マグサイサイ  カルロス・ガルシア  ディオスダド・マカパガル  
フェルディナンド・マルコス  コラソン・アキノ  フィデル・ラモス  ジョセフ・エストラダ  グロリア・マカパガル・アロヨ
ベニグノ・アキノ3世
なんか、顔つき見るとアジア人が混ざってる人も多いけど、名前はみんなスペイン人。スペインから来た白人の子孫が大土地所有者として、社会全体を支配している国なんだな。

さてと、ことが起こったのはマルコス政権がベニグノ・アキノを暗殺した事件だな。おんなじスペイン系なんだから仲良くして置きゃよかったのにね。夫人のコラソン・アキノが大統領に選出される流れの中で、反独裁運動は反米運動に重なり合っていって、その流れの中で米軍の撤兵が求められるようになったんだ。
そんで、米軍の撤兵、クーラー区、スーヴィック両基地の返還に、アメリカが応じた一九九一年・一九九二年の大統領がクリントンだ。本当にクリントンって、ろくでもない奴だったんだね。それまでは南シナ海の問題なんて何にもなかったのに、一九九五年にはフィリピンが領有を主張するミスチーフ礁に支那による建造物がたてられ、そのうち空港まで作られた。
産経ニュース  2014/4/28
シーレーン防衛強化、日本への情報も増加 米国・フィリピン新軍事協定
ふhttp://www.sankei.com/politics/news/140428/plt1404280002-n1.html

結局この本にも書いてあるけど、クラーク、スーヴィック両基地への米軍の復帰をフィリピンの方から要請する形になって、そこには日本もかかわりを持つようになる。なんたって集団的自衛権だからね。

んん?沖縄?・・・アメリカが嫌いだってかまわないよ。私だってそうだし・・・。だけど、好きとか嫌いとかいう問題とは違うよ。きれいだの、汚いのだのとも違うな。国民の安全と、国家の繁栄のため・・・。今、フィリピンが本当にやらなきゃならないのは貧富の差の解消。《貧困》を栄養源にして、かつての共産ゲリラにかわって、イスラムゲリラがはびこってきたらしいんでしょ。






 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい