めんどくせぇことばかり 『世界史で学べ❢地政学』 茂木誠
FC2ブログ

『世界史で学べ❢地政学』 茂木誠

実はこの一週間、この本に囚われていた。世界史となると、細かいところまで蔑ろにできず、時間をかけて丹念に読んだ。気分転換に、ちょこちょことつまみ食いはしたものの、頭にはこの本をしっかり呼んでおきたいっていう気持ちがあった。・・・えっ?入れ込んでるって?・・・はい、それだけの本ですよ。

最初に山川の『詳説世界史B』の記述が紹介されている。それは、この本の著者が書いて、これから読まれる《地政学》に基づいた世界史の対極に位置するものである。ある目的を持った、特定の理念に沿った《歴史》。「悪に対する正義の勝利」という観念に基づいて書かれた《歴史》。「野蛮に対する文明の勝利」という観念に基づいて書かれた歴史。「正義は勝つ」と結末がわかっているんだから、最初から読む必要のない《歴史》。

あとは、・・・《歴史》を決定するのは、正義を主張する声の大きさ。《歴史》に決定的な影響力を持つのは、な~んと声の大きさと恥を知らないこと。

そんな《歴史》なら、なにも退屈な思いまでして読むこともないでしょう。

『世界史で学べ地政学』 茂木誠

祥伝社  ¥ 1,728

地政学はリアリズムの一つ。国家と国家が国益をかけて衝突するとき、地理的条件がどのように影響するかを論じる
第1章  アメリカ帝国の衰退は不可避なのか?
第2章  台頭する中国はなぜ「悪魔」に変貌したのか?
第3章  朝鮮半島  バランサーか、コウモリか?
第4章  東南アジア諸国の合従連衡
第5章  インドの台頭は世界をどう変えるのか?
第6章  ロシア  最強のランドパワーが持つ三つの顔
第7章  拡大しすぎたヨーロッパ  統合でよみがえる悪夢
第8章  永遠の火薬庫中東  ①サイクス・ピコ条約にはじまる紛争
第9章  永遠の火薬庫中東  ②トルコ、イラン、イスラエル
第10章  収奪された母なる大地アフリカ  
前述した山川の『詳説世界史B』とは正反対にあるのが「現実をしっかりみる」ってこと。この本はそんな立場に立って書かれている。そして、歴史の《現実》を見抜こうとするとき、“地政学”は大きな助けとなる。国家間の関係を地理的条件から説明していこうという立場である。たとえば・・・、ということで、朝鮮のことでも取り上げてみましょうか。

朝鮮は、《半島国家》である。簡単な事ですね。大陸につながっていながら、その根元を押さえられたら、もう息もつけなくなるということ。だから相手が強いか弱いかの見極めが重要で、弱ければ徹底的に抵抗するし、強ければ手のひらを返したように媚びへつらう。
大陸勢力がAからBに代わる時、半島内ではA派とB派の間で派閥抗争が発生する。それは常に派閥抗争のための派閥抗争と化し、民衆の生活が顧みられることはない。李朝末期においては清につこうとする事大派、日本を仰ごうとする独立派、日清戦争後に清からの独立を果たしたかと思ったら、進んでロシアを引きこもうとする始末。

それが《半島国家》として生きてきたということなんだろう。北朝鮮にしてみれば、アメリカとChinaの接近、冷戦の終了で核武装に走らざるを得なくなった。また、China経済の行き詰まり、ロシアの政治的孤立で、くわえてChinaと韓国の接近という事態に、日本に拉致被害者の再調査を持ちかけてきた。韓国にしてみれば、Chinaと直接国境を接していないという環境は、韓民族はじめての政治的自由となっているはずである。

・・・ちょっと、だいぶ自分の言葉を交えて書いちゃったけど、この朝鮮半島に関する“第3章”の締めの言葉を紹介する。これ、結構大したもんだなと思ってる。
「北朝鮮=敵」、「韓国=味方」、という冷戦思考がまったく通用しなくなってきたのも事実です。「どちらも敵にも味方にもなりうる」と想定した上で、日本は半島に関与していくべきでしょう。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事