めんどくせぇことばかり 『氷雪の門』 松山善三

『氷雪の門』 松山善三

産経ニュース 2015/8/13
【戦後70年~昭和20年夏(7)】樺太に残された日本人女性 ソ連兵の恐怖に震え…過酷な日々、帰国信じ半世紀
http://www.sankei.com/premium/news/150813/prm1508130012-n1.html
(抜粋)
 終戦後もソ連軍の攻撃は続いた。20日には、樺太西海岸の拠点だった真岡町にソ連軍が上陸した。内地への引き揚げ命令が出た22日、ソ連軍は樺太庁のある豊原市(現ユジノサハリンスク)を爆撃、100人以上が死亡した。同日、引き揚げ者を乗せ、北海道・小樽に向かっていた小笠原丸、第二新興丸、泰東丸の3隻が国籍不明の潜水艦の攻撃を受け、第二新興丸を除く2隻が沈没、1700人以上が死亡した。犠牲者の大半は女性や子供、老人だった。ソ連はこの事件に関して沈黙を守ったが、ソ連崩壊後、海軍記録などからソ連太平洋艦隊の潜水艦L-12、19が付近海域で船舶3隻を攻撃したことが判明している。
 ソ連兵は傍若無人だった。短機関銃を構えて民家に押し入っては時計や万年筆、鏡など貴重品を手当たり次第に略奪したが、黙って見ているしかなかった。強姦(ごうかん)も日常茶飯事だった。近藤ら若い女性は髪を短く切り、作業服姿で男のふりをして日中を過ごし、押し入れか屋根裏で就寝した。ソ連兵が家に押し入ると押し入れで息を潜めた。
過去記事です

『氷雪の門』    松山善三

潮文庫  中古ですけど

一九四五年八月二〇日、樺太で失われた九人の電話交換手の乙女たちの命。これは時代に圧殺された真実の物語


南樺太 日本人民間人 40万人
北海道への緊急疎開等、脱出成功 10万人
空襲や艦砲射撃、地上戦など島内での戦闘に巻き込まれて死亡した民間人 およそ2000人


大平炭鉱事件
16日、間宮海峡に面した塔路にソ連軍が上陸。塔路、大平の住民は上恵須取方面へ避難しました。ところが、「上恵須取に既にソ連兵が入った」というデマが飛ぶ。このため、大平鉱業所病院の看護婦二十三名が避難の途中に退路を断たれたと思い込み、17日早朝、全員自決を図った。
避難途中に青酸カリのビンが割れ、致死量に至らなかったため手首を切った6人が死亡し、残りの17名は近くの製材工場の作業員らによって救出された。

真岡郵便電信局事件
8月20日にソ連軍は艦砲射撃を加え、上陸すると航空機で爆撃し、市民は自動小銃で無差別に殺戮された。真岡郵便局では女子交換員9名が「これが最後です。ソ連軍の靴音が聞こえてきます。さようなら、内地の皆さん、さようなら」と最後に発信し、服毒自決した(10名が局内で自決を図り、9名が死亡)。学校に避難していた女性たちはソ連兵の暴行にあい、さらに放火までされた。真岡では申し出があったものだけでも477人の死者・行方不明者が出た。

三船殉難事件
1945年(昭和20年)8月22日、北海道留萌沖の海上で樺太からの婦女子を主体とする引揚者を乗せた日本の引揚船3隻(小笠原丸、第二新興丸、泰東丸)がソ連軍の潜水艦による攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった事件。

豊原駅爆撃
8月22日、避難民が集まっている豊原駅をソ連航空機が爆撃した。ソ連機は逃げ惑う避難民に対して執拗に機銃掃射を浴びせかけた。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい