めんどくせぇことばかり 新オレンジ作戦(覚書)『戦争・天皇・国家』 猪瀬直樹 田原総一郎

新オレンジ作戦(覚書)『戦争・天皇・国家』 猪瀬直樹 田原総一郎

日米開戦となれば、「日本海軍はまずフィリピンの基地を攻撃して落とす」というのがアメリカの予想。アメリカ軍はいったんは撤退し、再び太平洋を島伝いに北上して日本軍を撃破していくというのがアメリカの立てていた対日作戦計画。これを《オレンジ作戦》という。
今、アメリカは《新オレンジ作戦》ともいうべき新たな作戦計画を持っているという。経済的台頭著しく、軍事費を急激に増大させている支那を仮想敵国として策定されたものだという。支那が太平洋の覇権を握ろうとした場合、まず沖縄やグアムが占領される。アメリカはいったん撤退するが、島伝いに北上し、反撃する作戦であるという。

これは、支那に対する抑止効果を狙って、アメリカが意図的に漏らした情報ということであれば、アメリカの本気度は測れないが、と
どのつまり、支那が動き出せば沖縄は自衛隊が防衛するしかない。
こんな状況を猪瀬さんは、日本が戦後の日本の在り方をもう一度問い直すチャンスという風に認識しているようだ。まさにそうだと思う。直接的に「属国」という言葉も使っている。もちろん、日本がアメリカの属国であるという意味でね。つまり、これからも属国でやっていくのか、そうじゃないのかっていう問い直しだな。

その問い直しの機会を日本に準備したのが支那というのが歴史の面白いところだな。日本と支那とアメリカ。なんていう因縁だろうね。
猪瀬さんは戦後の日本を“ディズニーランド国家”と呼ぶ。日本の社会は、「弱肉強食のリアリティーから隔絶された、仮想現実に近いファンタジー」で、世界のおおくの人々が直面する“生き残るかどうか”の発想を持つ必要もない、“世界史上でも稀有な”社会。
かつて、黒船来航以来、日本は国家存亡の危機に身をさらし続けた。日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、ロシア革命後の共産主義の伸長、世界恐慌、満洲事変、支那事変、世界を敵に回した戦争の果てに国土を焼き尽くされるほどの敗戦に至るまで、恐怖にされされながらの国家運営が続いた。

戦後、アメリカの属国となって生存を脅かされるという緊張感はなくなった。それと同時に、独自の国家としての展望や国民のプライドも失った。代わりに与えられたのが“一国平和主義”という閉じられた意識であった。
『戦争・天皇・国家』 猪瀬直樹 田原総一郎

角川新書    ¥ 864

なぜ日本は変わらないのか?戦後論だけでは語りえない国家の本質とは?
人民網
1945~2015 世界反ファシズム戦争勝利70周年 抗日戦争勝利70周年 特集
http://j.people.com.cn/94474/310904/311553/
(抜粋)
抗日戦争勝利ならびに世界反ファシズム戦争勝利70周年を記念するため、9月3日に北京で軍事パレードが行われる。大規模な軍事パレードは新中国の歴史において15回目であり、建国記念日以外では初だ。実施まで1カ月を切り、各準備作業が鳴り物入りで進められている。
かつて、日本やドイツは、イギリス、フランス、アメリカによって世界市場から締め出された。そこからの対外拡張政策が第二次世界大戦の原因となる。日本やドイツは、総力戦に対応するため、物資や人材を一元的に管理する戦争政策をとった。
イギリス・フランス・アメリカはそんなドイツや日本の体制をファシズムと呼んだわけだ。日本とドイツを一緒に扱うと誤解が生じるが・・・。
だけど、本来ファシズムってのは、形としては、国家機構の上部に政党が存在する体制のこと。ナチはそういう体制でドイツという国家を主導し、そのリーダーであるヒトラーが独裁権力を振るったわけだ。
考えてみれば、国家を優越する中国共産党という政党が政治を左右し、そのリーダーである国家主席が独裁権力をふるう支那は、まさしくそれに最も近い。

その中国共産党が、《世界反ファシズム戦争勝利》とはね。へそが茶を沸かしそうだ。

でもその支那こそが、日本に、アメリカの属国としての戦後を見つめなおす機会を準備してくれているわけだ。

近代史は、支那にアヘン戦争と日清戦争という大きなトラウマを与えた。支那の華夷思想からすれば、放置できないトラウマのはず。アヘン戦争の対象はイギリスだが、かつてのイギリスと同じ立場にあるのがアメリカ。現在の日米関係を考えれば、太平洋への進出こそが、支那のトラウマの解消につながるはず。だから、アメリカが《新オレンジ作戦》を策定することはむしろ当然である。

なんだかそう考えると、まさしく今の日本って、白村江後の状況とおんなじようだな。あのときの日本は、巨大な唐王朝の圧力に抗して独立国家の体制を整えた。その道しかありえないように思えるんだけど、国内には「ディズニーランドで夢を見続けたい」と、「今までどおりの“平和”な日本社会を守れ」と、多くの人達が集まっている。






 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい