めんどくせぇことばかり 精密検査に行ってきました

精密検査に行ってきました

九月一日に健康診断の精密検査を言い渡されて、八日、昨日行ってきました。引っかかったのは、肺。《右肺門部異常影》で、“D2”だって。去年は《右上肺野陳旧性胸膜病変、左上肺野陳旧性胸膜病変》で、“C”評価。ぎりぎり精密検査は免れたんだけどな。
実は、もとから肺が弱くて、三六歳の時に右肺気胸で手術した。あん時は苦しかった。死ぬかと思った。おかしくなったのは八月の三一日。夏休み最後の日、小学三年の長女、年少さんの長男と一緒に動物園に行こうと、朝ごはんを食べている最中に、突然妙に息苦しく、異変を感じて体をよじると、一気に呼吸がままならなくなった。
隣室で横になろうとすると、こういう時って横になったほうが余計に苦しい。あきらめて、連れ合いに「救急車」頼んだ。到着した救急車に自力で乗り込んだのは覚えているが、あとの記憶はない。
連れ合いの話では、救急車が前を走る車に道を譲るように呼びかけるたびに、救急車の窓を開けようとしてたそうだ。よっぽど苦しかったんだろな。
気胸は肺に穴があいて空気が抜け、それが胸の中にたまって肺の風船が膨らめなくなっている状態のこと。肺の風船が膨らめるようにするためには、胸にたまった空気を抜く。そのため、肋骨の間に穴を開けてチューブを差し込み、そこから空気を抜く。・・・。
聞いただけで痛いでしょ。肺の風船が膨らんで、開いた穴が自然に癒着することもあるらしいけど、私の場合、結局は手術した。
その何年かのち、健康診断で引っかかった。肺でね。精密検査に言ったら、「なんでこれで精密検査に回されるんだろうね」って、お医者が言ってた。だから今度もそんなもんかなって思ったけど、医者と一緒に職場から預かったレントゲン写真を見ると、本当に影が写ってた。
念のためもう一度レントゲンをとるが、やっぱり影。CTを取る頃にはすっかり気持ちが沈んじゃって、・・・。

どうも私は、右の肺動脈が太く、それが影に写りやすいんだそうだ。「心配ありません」、だってさ。ただ、軽度の肺気腫ではあるので、タバコは吸わないように言われた。孫を思ってタバコをやめて一年。ありがたや、ありがたや。

親父も最後は肺で死んだ。親父の務めていた昭和電工の工場は、当時石綿だらけだったなあ。使ってたのか作ってたのか知らないけど。それこそ綿が舞ってたもの。親父が死んだ時も、若いころ一緒に仕事してたという人が、当時の従業員に石綿被害の補償が降りるから病院に行くように声をかけているって言ってたな。そんな中で私もよく遊んでいたんだけどね。私も肺で死ぬのかな。それとも肝臓かな。酒、好きだからな。

昨日は予約を取りながらも、朝一で病院に入って「大丈夫ですよ」が午後の三時。もうヘトヘト。めったに行かないから病院に行っただけで気持ちが萎縮する方なもんでね。でも、病院っていうのは“人間”が見れる場所だね。

歳の離れた夫と、それにつきそう四十代後半の女性の夫婦。頼まれて仕方なく付き添ってきた娘と、けっこう遠慮なく注文を出す母親。家族のつき添えを得られず、その非道を看護婦に声高に訴える高齢の男性。面白いよ、人間ってさ。

私?・・・もちろん付き添ってもらったよ。へへへ・・・。

病院には、もちろん本を持って行きました。本の一冊くらい軽く読み終わるほどの、ものすごい待ち時間だったんだけど、気持ちがビビっちゃてるもんだから、いくら目で追っても、ちっとも文字が頭に入ってこない。しかも帰ったらヘトヘト。そんなわけで、今日は役にも立たない私事にお付き合いいただきました。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します

コメントは初めてですがよろしくお願いします^^。
呼吸器系は本当に苦しくやるせないですね、私も喘息があるので苦しい時や咳が止まらない時はどうしようと思います。まあ私はまだ軽い方ですからいいのですが・・・・
どうぞお大事になさってくださいね。

しかし病院の待合室にいると好むと好まざるとにかかわらず様々な<人間模様>を見てしまいますね。

見張り員 さま

コメントありがとうございます

私もうさぎの毛のアレルギーで喘息が起こります。孫と動物園に言っても、その周辺だけは・・・。あの待合室の人間模様。もしも自分が物書きなら、あそこは絶対外さないところですね。

この度はコメントありがとうございました。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい