めんどくせぇことばかり 『無私の日本人』 磯田道史

『無私の日本人』 磯田道史

著者の磯田道史氏は、『武士の家計簿』の作者だそうです。といっても私、『武士の家計簿』読んでません。でもこの本呼んだら、『武士の家計簿』も読んでおかなきゃって思いました。十分、そう思わせられる本です。
『無私の日本人』  磯田道史

文春文庫  ¥ 637

この国にとってこわいのは、隣の国より貧しくなることではない。ほんとうにこわいのは、本来、日本人がもっている“清らかに生きる”ことへの志向を失うことだ。

自分のことは二の次にして、まずは人のためを考える。江戸時代に日本人のすべてがそう思っていたわけではない。でも、多くの者達がそうであろうとした。それがこの国に、数々の奇跡をおこした。今、私たちにはその片鱗でも残されているのだろうか。

『穀田屋十三郎』、『中根東里』、『大田垣蓮月』
この本には、上記三人の物語がまとめられている。残念ながら、と言っても私の勉強不足故だが、三人とも名前も知らなかった。最初は、面白く読み進められるのか半信半疑だった。物語とはいっても、著者は徹底して当時の、またその後の資料をあたり、史実に基づいて、それに忠実に物語化している。

あとがきにこうある。「地球上のどこよりも、落とした財布がきちんと戻ってくるこの国。ほんの小さなことに思えるが、こういうことはGDPの競争よりも、なによりも大切なことではないかと思う。古文書のままでは、きっとわたしの子どもにはわからないから、わたしは史伝を書くことにした」

だから、この物語は、歴史として読んでいい。

穀田屋十三郎
武士に締めつけられて、仙台藩吉岡宿は疲弊しきっていた。穀田屋十三郎を始めとする九人の篤志家は、家族ともども身売りを覚悟で千両の金を作り、藩に貸し付けて、利子で郷里を潤そうと考えた。農民から絞り上げる武士から稼ぎを得ようとする暴挙を成し遂げ、九人は吉岡宿を救った。

しかも九人は、後世のことを考え、子孫に至るまで、自分たちの業績を誇ることを禁じた。穀田屋は、今も続いているという。しかし、当代はなにも語らない。著者が聞くと「昔、先祖が偉いことをしたなどというてはならぬと言われてきたものですから」と語ったという。

中根東里
荻生徂徠門下として日本随一の儒者となるが、学問を出世の材料とする姿勢をよしとせず、富貴の道を離れる。極貧の中にも学問を忘れず、万感の書を呼んだ末、陽明学をヒントに掴んだ真理を平易に語り、庶民の心を震わせた。

“水を飲んで楽しむものものあり、錦を着て憂うものあり”
“彼を先にし、我を後にする”

読書に関する東里の弁には舌を巻きました。
中根東里
「書を読む人は、読むまえに、まず大どころは、どこかを考え、そこをきちんと読むことを心がけて下さい。・・・みなさんは道を得るために、まっしぐらに、書物のなかの大切なところをみつけて読んでいかなくてはなりません」

大田垣蓮月
出生は哀れであった。しかし美貌は幼くして人目を引き、なによりも養父母に恵まれた。二人の夫と五人の子どもを失い出家する。そんな女にとって美貌は生きることの障害にすらなった。糊口をしのぐために歌を読み、焼き物を作るが、心穏やかな日々を送るのは老成して後といっていい。

よく、「自他平等の修行をいたしたく」という言葉を書いたというが、悲しみと苦しみの果てにたどり着いた境地だったろう。心を素直に表した和歌は、多くの人を動かしたという。
大田垣蓮月
夫を失って
“立ち上る 煙の末も かきくれて 末も末なき 心地こそすれ”
“ともに見し 桜はあとも 夏山の 嘆きのもとに 立つぞ悲しき”

ペリー来航に
“ふりくとも 春のあめりか 閑にて 世のうるほひに ならんとすらん”

鳥羽伏見の戦いに
“聞くままに 袖こそぬるれ 道のべに さらす屍は 誰にかあるらん”

戊辰の戦に
“あだ味方 勝つも負くるも 哀れなり 同じ御国の 人と思へば”

私たちに必要なのはおそらく理屈ではない。先人の生き方に触れて感じることだ。しかし、江戸時代の日本人の生き方に共鳴できる何かが、私たちの心に残されているだろうか。高度経済成長期からバブルの時代にあれだけの醜態を演じ、日本を危機にさらし続けてきた私たちに。疑いはない。大震災は、私たちの心にそれが残されていることを証明した。それを育てて行かなければならない。

表紙の最後にある紹介によれば、著者は現在、静岡文化芸術大学准教授という地位にあるという。研究の知見を生かし、歴史上の人物を生き生きと描きつづけている。次の震災に備えて、浜松に移住し、大津波を記録した古文書を渉猟しているという。一九七〇年生まれと、年も若い。大いに期待するところである。

あまりにも稚拙な紹介で恥ずかしいが、この本は多くの人に読んでもらいたい。この記事を呼んだみなさん。ぜひこの本を、友人、知人に紹介して下さい。
以上は過去記事、しかもずいぶん前のもので、すでにお読みの方も多いかと思います。前にブログで紹介した時、その冒頭に、・・・

表紙が真っ白。これにはわけがある。読んでもらえば分かります。》
『無私の日本人』 磯田道史
って、書いているんですね。右がその時のこの本の装丁です。すでにお読みの方。どうです。私はこちらの装丁のほうが、この本にふさわしいように感じるんですけど・・・。




 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい