めんどくせぇことばかり 『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』 ひろさちや

『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』 ひろさちや

二〇一三年一二月に書いた記事です。

もともとは一九八八年に出版された『釈迦とイエス』という本をもとにして書き下ろされたとのこと。ひろさちやさんの本は結構読んでると思うけど、『釈迦とイエス』という本は・・・、ん~、記憶にない。とりあえず、楽しく読めました。
『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』 ひろさちや

春秋社    ¥ 1,728

イエス「半分に分けて食べなさい」  釈迦「パンを争う世界から離れよ」



人類史に大きな足跡を残した二つの世界宗教の開祖を、あえて人間として比較することによって、教えの違いと共通点、社会への関わり方の特徴を鮮明に浮かび上がらせたい。そんな狙いを持って書かれた本みたい。
プロローグ  歴史の中に生きた釈迦とイエス
1  その誕生
2  大いなる放棄
3  宗教者か政治家か
4  使命を自覚する
5  この世との関係
6  何が奇跡か・・・・・?
7  その孤独なる死
エピローグ  歴史を超えた仏陀とキリスト


著者が、「人間は人生のそれぞれの局面にあって特定の行動を選択します。が、その選択は、すべてその局面において評価されなければなりません。釈迦は二十九歳の時に出家を選択しました。その選択は二十九歳の時点において評価すべきです」って書いてるんだけどね、まったくその通り。

それを踏まえたうえで著者が言うには、当時のインドには、“出家によって来世は展開に生まれ、天女を抱くことができる”という考え方があったんだそうだ。ならば、釈迦だけがそこから自由であったというのはおかしい。俗世のできごとかから決別したということが結果として《仏陀》となることにつながったが、出家の時点では来世の天女を抱いた天界の生活が思い描かれていたというのはとても面白い。
釈迦の生涯を題材にした『ブッダチャリタ』っていう仏教叙事詩があって、ヤショーダラーの恨み事はいいなぁ。なんかこう、ぞくぞくするものを感じる。
私の心は嫉妬といさかいを好みますが、正しい行いを好む主人は、そのことをたびたびそれとなく知って、恐れることなく楽々と怒りっぽい私を捨ててインドラの国で天女たちを得ようとしたに違いありません。 天女たちを得るために、王位と私のひたむきな愛を捨てて夫は苦行をしているわけですが、その女たちがどんな美しい姿をしているのか私には気がかりです。
まったくあなたの言うとおりだよ、ヤショーダラー姫。

仏教がインドから消えていった原因についての言及もあって、とても勉強になった。仏教は徹底的に“苦”を見つめなおしてバラモン教を止揚する。それが平等思想につながる。ところが高位カースト社会は、徹底した平等主義を貫く仏教集団とその支援者をカーストの低い者たちとして扱った。どうやら、このことが人々の仏教ばなれにつながったらしい。

「帰依する」という言葉の解説も面白かった。十七条憲法の中で聖徳太子は『厚く三宝を敬え』と言ってますね。三宝に帰依しなさいってことだけど。“帰依する”って言葉のほんとうの意味は、「避難所に逃げ込む」ってことなんだって。つまり、仏教っていうのは“避難所”だったんだね。

「仏教に逃げ込めばもう大丈夫」ってことで、世間も権力も、仏教にそれを許していた。世を捨てて、《彼岸》をめざす者なら、これ以上かかずらわる必要もないだろうってことか。このへんイエスは違う。イエスは人の世の価値観に喧嘩を売った。金持ちが不幸で貧乏人が幸せだと・・・。だからイエスとその教団は、人の世の外に立つことを許してもらえなかったということなのかなぁ
実際読んでみて、“教えの相違”という点に関していえば、釈迦については大変面白かったんだけど、イエスに関してはちょっと既成の概念というか、聖書に書かれていることにとらわれ過ぎかなぁって感じてしまった。聖書はイエスとは無関係に書かれたって前提で、歴史上の人物としてのイエスの生涯を捉え直してもらいたかった。そう考えること自体がない物ねだりかな。

教えを説くにあたって人の世にどう関わっていったかは、二人の違いが鮮明で、とても面白かった。釈迦はあくまでも彼岸に立ち位置をおいて此岸を見ていた。しかし、イエスは違う。あくまでも人の世の秩序に挑戦する。その価値観を転倒させようとする。宗教者という立場を自覚しながら政治家として殺されていくのはそのためだ。

彼の処刑後半世紀ほどで、ユダヤはローマに大反乱を起こす。後の反乱も合わせて、ユダヤ地方に生きる団体としてのユダヤ人の歴史は崩壊していくわけだ。まさに、土壇場にイエスは登場したことになる。ユダヤには、イエスを神の声を伝えるもとのして受け止めることはできなかったということなのか。神の力を代行するものとしてしか、彼は受け入れられる余地はなかったということか。そのユダヤ人の落胆が、あの結末を産んだということか。

ん~、もっといろいろ読んで考えよう。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい