めんどくせぇことばかり 沖縄のこと(覚書)『高校生にも読んでほしい安全保障の授業』 佐藤正久

沖縄のこと(覚書)『高校生にも読んでほしい安全保障の授業』 佐藤正久

翁長雄志沖縄知事 国連人権理事会での演説全文
 ありがとうございます、議長。
 私は、日本国沖縄県の知事、
翁長雄志です。
 沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている辺野古の状況を、世界中から関心を持って見てください。
 沖縄県内の
米軍基地は、第二次世界大戦後、米軍に強制接収されて出来た基地です。
 沖縄が自ら望んで土地を提供したものではありません。
 沖縄は日本国土の0.6%の面積しかありませんが、在日
米軍専用施設の73.8%が存在しています。
 戦後70年間、いまだ米軍基地から派生する事件・事故環境問題が県民生活に大きな影響を与え続けています。
 このように沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされています。
 自国民の自由、平等、人権、民主主義、そういったものを守れない国が、どうして世界の国々とその価値観を共有できるのでしょうか。
 日本政府は、昨年、沖縄で行われた全ての
選挙で示された民意を一顧だにせず、美しい海を埋め立てて辺野古新基地建設作業を強行しようとしています。
 私は、あらゆる手段を使って新基地建設を止める覚悟です。
 今日はこのような説明の場が頂けたことを感謝しております。ありがとうございました。


もちろん日本政府にも反論の場が与えられました。

「日本政府は、沖縄の基地負担軽減に最大限取り組んでいる。普天間基地の辺野古への移設は、アメリカ軍の抑止力の維持と、危険性の除去を実現する、唯一の解決策だ。日本政府は、おととし、仲井真前知事から埋め立ての承認を得て、関係法令に基づき移設を進めている。沖縄県には、引き続き説明をしながら理解を得ていきたい」

なんか日本、・・・かっこ悪い・・・

『高校生にも読んでほしい安全保障の授業』   佐藤正久

ワニブックス    ¥ 1,400

アメリカの戦争に日本が巻き込まれるの? 自衛隊員が命を落とすの? 徴兵制が復活するの?



ターニングポイントになっているのがルーピー鳩山の「国外へ移設する。最低でも県外へ」という発言にあるんだよね。ああ、腹が立つ。なんだかんだ言っても、日本国総理大臣だからね。アメリカも、「このルーピーが・・・」とは思っても最低限の対応は取らざるを得ないし、沖縄県民にとっても、ルーピーだけど総理大臣だからね。まともな人は頭を抱えるし、まともだけど頭を抱えない人は利用価値を考える。

でも、翁長知事が辺野古移設に待ったをかけて県知事選で勝利したのはたしかなことで、現時点での沖縄県民の民意はたしかに彼の言うとおり“辺野古待った”にある。でも、それだけで物事が決まるわけじゃないのは沖縄の人もお分かりのはず。今、できることとできないことは、確実にある。ギリシャの国民だってそのくらいのことはわかってるから、チプラスさん信任されてたよね。
沖縄にある在日米軍海兵隊。専守防衛の方針をとる日本にすれば、この海兵隊の持つ抑止力は、今の段階では、絶対に必要。《治まれる時乱を忘れざる、是兵法也》 柳生宗矩の『兵法家伝書』にある言葉。前に読んだ『武士道の名著 - 日本人の精神史』 という本に出てた。

しかも、現状の東アジアを“安全な状態”と考えるなら、沖縄の人たちはかなり特殊な情報環境に置かれているんじゃないかと勘ぐってしまう。たしかに自衛隊じゃなくて、米軍の基地が近くにあるってのは気持ちよくないと思うよ。だけど、この本の中で著者も言ってるけど、沖縄の地政学な位置を考えれば、それは沖縄県民の安全にもつながる。
さらにその地政学的環境は、安全保障を考えた場合の特殊性だけではなく、経済・社会的な面からみても沖縄に大きな意味を与えている。その意味を有利に生かすのは、やはり沖縄県民であるべきだと思う。

重ねて言うが、その特殊性は沖縄に利をもたらす方向で生かされるべきだ。同時に安全保障上の要衝であるがために、沖縄には米軍基地がおかれているわけだけど、それだけのことがあるからこそ、生かしようもあるということだ。県知事には、それをぜひ生かす道を考えてもらいたい。






 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい