めんどくせぇことばかり 『ごはんのおとも』 満留邦子

『ごはんのおとも』 満留邦子

ストレートなタイトルですね。『ごはんのおとも』ですからね。しかも全部ひらがな。淡白さが際立ちます。内容を見てもそうよ。蛋白にって言うだけだと、とかく粗野に流れがちだけど、かつ丁寧に・・・、って感じかな。


たとえば最初のテーマは、“たまご”。ごはんの上に割り落とすか、それとも別皿でしょうゆと溶き混ぜてからご飯にかけるか。軽く混ぜるか、とことん混ぜるか。トッピングは?あり?なし?

私の裏ワザは、茶碗に水を入れて、その中に玉子を割り落とす。電子レンジ500wで気候気温に合わせて一分二〇秒前後で“温泉卵風”の出来上がり。別皿で四分割してポン酢をかけ、熱々ご飯の上へ。・・・どうだ、馬鹿野郎❢ 文句あっか。

『ごはんのおとも』    満留邦子

成美堂出版    ¥ 1,080

ごはんの美味しさを引き立てる、愛すべき名脇役たち
最初の一杯 のせるだけ❢
卵  納豆  梅干し  漬物  大根おろし  とろろ  チーズ   
おかわり2杯め 手作りおとも
なめたけ  つくだ煮  鮭フレーク  ちりめんじゃこ  究極のゴージャスおとも  漬物
もっと食べたい3杯め ガッツリおとも
肉そぼろ  SOBORO  野菜みそ  ふりかけ
〆の1杯 お茶漬けサラサラ
汁かけ飯

「あなたの“ごはんのとも”は?」と聞かれるのは困る。そりゃ、ウマそうなもんはいくらでもある。納豆大好き、猫まんま大好き、漬物、塩辛、なんでもかんでも・・・だ。ナスの油味噌の冷やしたやつを丼にぶっかけて、かき込んで、まずいはずがない。

それでも、どうしても絞らなければならないなら、絞りに絞って、残るのが三つ。

一つは《卵かけご飯》。フタ付き丼に軽くほぐした生卵を埋めて、フタをして半生に。あとから醤油をかけて食べる。

次に《きゅうりもみ》。よく冷汁という食い物と間違われるんだけど、違う。きゅうりをひたすら揉む。味噌を混ぜて揉む。ミョウガを混ぜてもいい。そして揉む。きゅうりの汁だけのみそ汁状態になるまで揉む。夏は、これをごはんにぶっかけて、サラサラ食う。夏の暑い日の昼飯は、これに限る。

最後は《ネギ味噌》。ザクザク切ったねぎと味噌をなじませる。それだけ。鰹節を混ぜ込んでもいい。この本の中にも“野菜味噌”各種の紹介があったけど、ネギ味噌がなかった。これが一番うまいのに。ちなみにネギ醤油もうまい。タッパにザクザク切ったネギを入れて醤油を注いでおくだけ。玉ねぎでもいい。ネギをおかずにしてもいいし、醤油を調味料に使ってもいい。


だめだ。この三つを紹介して、《大根おろし》を紹介しないわけにはいかない。子供の頃、ばあちゃんに、「ばあちゃんの遺言だと思って大根おろしを食え」と言われた。その後二〇年は生きてたので、遺言としての有り難みはあまりないんだけど。

さらに、最近はまってるのがチーズかけごはん。・・・もういい加減にしよう。なんとも罪深い本だな。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい