めんどくせぇことばかり 『二十世紀と格闘した先人たち』 寺島実郎

『二十世紀と格闘した先人たち』 寺島実郎

“はじめに”に、こうある。

『二十世紀が当時の覇権国たる大英帝国の絶頂期ともいうべき「ビクトリア時代」の象徴であったビクトリア女王の死によって膜を開けた如く、二一世紀は「アメリカの世紀」としての二十世紀のシンボルタワーともいうべきニューヨークの二つのビルのテロによる倒壊というシーンによってスタートした』

もとは平成一四年に出された『歴史を深く吸い込み、未来を想うー一九〇〇年への旅 アメリカの世紀、アジアの自尊』という本だそうだ。それを改編した『二十世紀から何を学ぶか(下)ー一九〇〇年への旅 アメリカの世紀、アジアの自尊』という本に生まれ変わったのが平成一九年。そして平成二七年、本書は三度、世に問いかけることになる。

「そろそろ二一世紀ってやつが見えてきたか?」ってね。
『二十世紀と格闘した先人たち  一九〇〇年 アジア・アメリカの興隆』 寺島実郎

新潮文庫  ¥ 680

二十世紀初頭、アジア太平洋で「アメリカの世紀」がはじまる。日本は近代化の道をひた走り、アジアの巨星は解放と独立を目指した
第一章  アメリカの世紀がアジア太平洋にもたらしたもの
クラーク博士 ヘンリー・ルース フランクリン・ルーズベルト マッカーサー
第二章  国際社会と格闘した日本人
新渡戸稲造 内村鑑三 鈴木大拙 津田梅子 野口英世 高峰譲吉 朝河貫一 松本健次郎 
大島浩
第三章  アジアの自尊を追い求めた男たち
岡倉天心 ガンディー チャンドラ・ボース パル判事 孫文 魯迅 周恩来
第四章  二十世紀再考ー付言しておくべきことと総括
エルサレム 香港 日本

著者の寺島実郎さんにおいても、ペリー来航以来の日本に対して公平なる裁判官とは、私には思えない。〈自らに厳しく〉あろうとする姿は、場合によっては好感のもてるものであるが、この“ペリー来航以来の日本”を考える場合、しかも、アメリカを対象として日本を考える場合、それは無意味であるにとどまらず、有害である。

二十世紀、それも中頃に入ろうとする頃、世界はほんの数人の“化物”に鼻面を引き回される。ヒトラー、スターリン、毛沢東って並べてみると、「この三人で、一体何人の人間を殺したんだか」って数えてみたくなったりする。でも、時期を合わせて見るなら、毛沢東の代わりにフランクリン・D・ルーズベルトを入れるべきだし、こいつが一番恐ろしい。ヒトラー、スターリンを凌ぐ、最悪の“化物”は、彼をおいて他にはいない。

第一章の中で、フランクリン・D・ルーズベルト、ダグラス・マッカーサーが連続して取り上げられる。上に書いたのは、私のフランクリン・D・ルーズベルトに対する評価であるが、フランクリン・D・ルーズベルト、ダグラス・マッカーサーは、やはり、ある種の“化物”だと思う。それも、とてもアメリカらしい“化物”だと思っている。

著者とのフランクリン・D・ルーズベルト、ダグラス・マッカーサーという個別人物、アメリカという個別国家に対する捉え方の違いは、さらには、おそらく、《一九世紀》という時代に対する認識の違いからくるものだろうと思う。そしておそらく、戦後の、日本側の責任を重く、日本側の対応を悪く考える、アメリカから与えられた風潮のなせる技ではないかと思う。

そうは思うものの、この本は読んでいて楽しいし、実際に面白い。展開のテンポが軽妙なことが、楽しさにつながってるんだろう。上記のように認識の違いがあるものの、人柄の良さっていうのか、書かれていることから嫌味は感じられない。それだけに、“毒”はない。

最終章《二十世紀再考ー付言しておくべきことと総括》に書かれているんだけど、「威張る日本人像」がアジアに根深いんだそうだ。『確かに、敗戦後も東南アジア各地に残留して現地の解放・独立戦争に参加した日本兵が少なからずいたことも事実であり、救いを感じる』んだそうだ。『自らが優位に立つと、抑圧に苦しんできたアジアへの共感と連隊を忘れ、傲慢と増長に陥ってアジアの嫌悪の対象とされる日本近代史の闇は深い』んだそうだ。・・・おいおい、なんだかオドロオドロしい感じになっちゃったけど、どうして日本にばかりそんなに厳しい?





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい