めんどくせぇことばかり 『世界史が教えてくれる❢ あなたの知らない日本史』
FC2ブログ

『世界史が教えてくれる❢ あなたの知らない日本史』

『世界史が教えてくれる❢ あなたの知らない日本史』

タツミムック    ¥ 1,296

世界の歴史が導き出す日本史の新常識❢
この手の本を分かってもらうには、目次の項目を羅列するのが一番早い。でもねぇ、五〇項目もあるんだよね。さすがにめんどくさいので、ちょっとかいつまんで、良さそうなところだけね。
日本人はさまざまなルーツを持つ複合民族だった
倭と朝鮮は一方通行ではなく相互依存の関係だった
白村江の戦の敗北が律令制国家建設のきっかけに
モンゴルの世界帝国樹立が「ジパング」伝説を生む
蒙古襲来の百年後も日本は元寇を恐れていた
家康治世下、日本は大航海時代を謳歌した
クリミア戦争がペリー来航の要因となった
満洲をめぐる日露の争いが朝鮮植民地化を招いた
東西二大帝国の崩壊とヤマト朝廷を生んだ寒冷化
「日本」と「天皇」の呼称は唐の誕生によって始まった
蝦夷と琉球は海上交易により周辺国とつながっていた
高麗の抵抗と東方三王家の乱が神風となった
鉄砲を伝えたのは南蛮船ではなく後期倭寇だった
江戸が泰平だったのは西欧が革命の時代だったから
日本の開国がヨーロッパに美術革命をもたらす
ロシア革命と北伐が関東軍の満州事変を招いた
“良さそうなところだけ”って言っておいて何なんだけど、やっぱり“ちょっとこれは・・・”っていうところも入れていた。五〇項目もあればね。光るネタもあれば、そうでないのも当然ある。
「寒冷化が、アジアにおいては漢帝国を、ヨーロッパにおいてはローマ帝国を混乱に陥れ、崩壊させていった」っていうのはもっと注目してもらいたいね。だいたい、人間の営みなんてか弱いもので、ちょっとした地球の身震いや太陽の二日酔いでもろくも崩れ去る。

外戚の横暴で幼帝が続いたとか、宦官が世を乱したとかの理屈付けが行われるが、実はそれが本質な問題なのではなく、本質的な問題に対する作用でしかなかったりする。
小氷期と呼ばれた一四世紀、ヨーロッパが百年戦争に巻き込まれたのは偶然じゃない。各地から集った傭兵は、つまりは食いっぱぐれ。農村が襲われても領主様は助けてくれない。おまけにペスト大流行のおまけ付き。愚かな大衆と一緒にペストで死んじゃえば、神の恩寵なんて誰が信じる。

いっそのことと、ジャンヌ・ダルクは神様の声を聞くのに教会を通さないという掟破りを犯す。
どう考えたって地球温暖化はありがたい。そうとしか思えないのに、二酸化炭素排出削減に、今ではもはや、理屈もへったくれもない。いつからだろう。もう誰も根拠を示そうとすらしない。NHKのみんなの歌でやってた♫ ホッキョクグマ ♫って知ってる?
遠く遠く地球を北へ 寒くて冷たい氷の国にへ ホッキョクグマの白い世界へ
見渡すかぎりの氷の広野 はげしく突き刺す風さえも 
ホッキョクグマの命を守る 何百年何千年変わらぬ姿がそこにはあった
遠く遠く地球を北へ 寒くて冷たい氷の国から ホッキョクグマが減っていく
何かがおかしい地球の様子 氷がどんどん溶け始め
白い世界は小さくなった ホッキョクグマは毎日ジリジリ追いつめられる
聞こえてくるよ悲しい叫び 厚い厚いなんとかしてよ 氷の国を返してよ
遠く遠く地球の北で 小さくなった氷の国で ホッキョクグマ叫びは続く

「高麗の抵抗のお蔭て日本は守られた」っていうのは、・・・ちょっとね。だいたい、対馬や壱岐を襲ってそこの人々をむやみに殺し、さらっていったのは高麗人よ。なんだってそんな連中をありがたがんなきゃいけないのよ。フビライが日本遠征をやる気になったのも、高麗の忠烈王とやらがフビライのご機嫌取りに日本の属国化を勧めたとか。

まあ、面白い話もあれば、“オイオイ・・・”という話もある。関心を持てる話があったら、やっぱり自分なりに検証しておかないとね。・・・でも、けっこう面白い内容が多かったな。うちの連れ合いは、歴史に強いわけじゃないんだけど、「面白いね」って言ってたよ。



 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。


関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事