めんどくせぇことばかり 『周近平よ、「反日」は朝日を見習え』 髙山正之

『周近平よ、「反日」は朝日を見習え』 髙山正之

二七日から一週間ばかり旅に出ます。行きたくって行く旅じゃ無いんだけどやむを得ません。足がどうなることやら、心配ではありますが、行ってみないとわかりません。せっかく行く旅ですから、見るべきものは見てこようと思います。いずれ報告でも・・・。・・・では・・・

そうそう、報道には“書かないウソ”というものもあるって話は面白かった。

ネタは天声人語。私だって、高山さんに負けない天声人語ファン。《子育て中の主婦が言いだした「九条にノーベル賞を」の声が広がっている》と書かれたものを読んだ記憶はある。この短い文章の中に、二つも“書かないウソ”が入っている。

お分かりになりました?・・・一つは〈主婦は反日が専業の活動家〉ということ。もう一つは〈九条の会の中だけの広がり〉であるということ。さすが朝日新聞。朝から適度な脳トレにはもってこい。イライラしちゃいけません。最初からそういう新聞なんだから。

さて、今回の題名は、満を持して“周近平”登場。でも、読んでみると・・・、明らかに主役は朝日新聞。周近平も朴槿惠も、かりに江沢民を引っ張ってきたとしても、「反日」なら朝日が十馬身差のぶっちぎりだな。
『周近平よ、「反日」は朝日を見習え』       髙山正之

新潮社  ¥ 1,512

性悪国家・中国の指導者でも、あの“反日新聞”のウソには敵わない
第一章  日本の本当の素晴らしさを知っていますか
北京を略奪したドイツ軍  GE社の欠陥  日本軍の実力  小泉純一郎の「反原発」 ほか
第二章  これだから中国は「立派な国」になれない
エノラゲイのウソ  新聞にこそ倫理規定を  オランダ人、韓国人子孫説  
「イスラム国」の強さの秘密  英語を話す人々 ほか
第三章  ウソの伝わり方は実に様々
朝日、「書かないウソ」  “コスタリカを見習え”のウソ  サダムの毒ガス  キューバの矜持  
米国、最高の拷問 ほか
第四章  世界情勢を正しく知るために
残酷な中国  性器の破壊  キレやすい韓国人  東京大空襲とマニラ大虐殺  
NHKと各国反日放送局 ほか
第五章  70年もつき続けた歴史のウソ
福知山事故の真犯人は労組  コータッチの偏見と無知  “バターン死の行進”のウソ  朝日の根性  
アジアの性被害者と米国  ナチスのせいにするドイツ  ほか

ところが、笑っていられない事態となった。もしかしたら、“憲法九条”並びにそんなものを七十年もありがたがってきた日本国民がノーベル平和賞をとってしまうなどということが、本当に怒るかもしれないのだ。
CNN.co.jp 2015/10/09
今年のノーベル平和賞受賞者を予想 「九条の会」も候補に
http://www.cnn.co.jp/world/35071668.html
(抜粋)
ノルウェーのノーベル賞委員会は過去50年、候補に挙がっている組織や個人の名称は公表していない。ただ今年は、68の組織と205人の個人が選考対象になっていることを明らかにした。
1.アンゲラ・メルケル・ドイツ首相
2.フアン・マヌエル・サントス・コロンビア大統領とコロンビア革命軍(FARC)のティモレオン・ヒメネス代表
3.ロシア紙「ノーバヤ・ガゼータ」と発行人のドミトリー・ムラトフ氏
4.九条の会
5.コンゴのデニス・ムクウェジ医師ら3氏
6.ローマ法王フランシスコ
7.ムッシー・ゼライ神父
8.池田大作氏
9.エドワード・スノーデン氏
10.サウジアラビアのライフ・バダウィ氏

ノルウェーのオスロ国際平和研究所(PRIO)や賭け事サイト「Betfair」の予想によると言うことなんだけど、まったくなあ、冗談じゃないよ。CNNあたりが、日本に対する悪意から冗談をかましてるんだったらいいんだけどさ。実際、これまで日本の左翼と支那・韓国の反日国家が結びつくってことは、最近の一つのパターンになっちゃってるからな。
産経ニュース 2015/10/13
【孔子平和賞】
村山元首相、最終選考に残るも固辞… 受賞者は「独裁」で名高いジンバブエ・ムガベ大統領…
http://www.sankei.com/world/news/151010/wor1510100035-n1.html
(抜粋)
受賞者は、得票数が最も多かった村山氏とムガベ氏の2人に絞られた。しかし、村山氏は「健康上の理由で授賞式に参加できない」などと固辞。最終審査の担当委員13人による協議により、ムガベ氏の受賞が決まったという。
村山さんは断っちゃったみたいね。わけがわからない。自分で望んで活動した結果を、せっかく支那が評価してくれるっていうのに、なんで断っちゃったんだ? 支那にべったりくっついて行くんなら徹底してやればいいのに、なにが健康上の理由なんだか。

・・・でもね。支那のお誘いを断ったくらいじゃ許してやんないよ。「九条の会」の動きは“うそから出たまこと”、“瓢箪から駒”なんていって済ませられる話じゃない。
事実、ユネスコの連中は、支那の南京事件資料を《世界記憶遺産》として登録するというとんでもないことをしでかしてくれた。もはや“世界遺産”は“なにこれ珍百景”レベルに落ちたと言うべきか。少なくともお粘土お姉さんには敵わない。いやいや、お粘土お姉さんの”世界お粘土遺産”はかなりレベル高いからな。少なくとも支那の”ウソ”が通用するレベルではない。
朝日新~1・・・今回の主役、朝日新聞は本当にすごい。まさに世界の反日勢力の原動力と言ってもいい。まずは朝日新聞の偏向ありき。すべてはそこから始まるのだから・・・。きっと韓国の方も頼りにしているであろう朝日新聞。いつもこのデザインに興奮しているもんね。
いっそのことその社旗をお粘土お姉さんに作ってもらったらどうだろう。間違いなく世界お粘土遺産に登録されるぞ。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい