めんどくせぇことばかり 『朴槿恵の真実 悲しき反日のプリンセス』 呉善花
FC2ブログ

『朴槿恵の真実 悲しき反日のプリンセス』 呉善花

二七日から一週間ばかり旅に出ます。行きたくって行く旅じゃ無いんだけどやむを得ません。足がどうなることやら、心配ではありますが、行ってみないとわかりません。せっかく行く旅ですから、見るべきものは見てこようと思います。いずれ報告でも・・・。・・・では・・・

朴槿恵が大統領になる時に記事を書いている。
 現代韓国史上、もっとも、かつ、唯一のまともな大統領、朴正熙の娘。非常に有能な大統領であった。もちろんそれは韓国の立場にたってみた場合であって、日本にとっては手強い人物だった。日韓基本条約が結ばれた時、韓国は竹島で拿捕された日本人漁民を人質にとっている状態であった。それを大きな材料に、韓国は極めて大きな利益を引き出した。朴正熙の仕業である。
 朴正熙自身、側近のKCIA部長金載圭によって射殺されているが、妻の陸英修もそれ以前に北のテロリスト在日韓国人文世光の銃撃に倒れている。
 朴槿恵は、両親を韓国政治に殺されている。それを乗り越えての大統領選勝利である。とてもではないが、李明博みたいな奴と思ってかかれば大間違いだ。手ごわい相手になるだろう。
2012/12/19
大統領就任前から、すでに金正日に阿り、父親の政治を否定したりとおかしな政治姿勢を見せていた朴槿恵だけど、私はいったん大統領になれば、父親の朴正煕を彷彿とさせるような、現実主義的な大統領になるんじゃないかと期待していた。どうも私は、その期待を引っ張りすぎた。

ようやく目が覚めたのは、あるできごとがきっかけで、そのできごとには呉善花さんが関係していた。朴槿恵政権が呉善花さんの韓国入国を拒否したできごとである。こんなことしてるようじゃ父親と同じような現実派の大統領を望むなんてとうてい無理だと、その時ようやく諦めた。
『朴槿恵の真実 悲しき反日のプリンセス』 呉善花

文春新書    ¥ 842

三年の任期を残すも死に体と化している朴槿恵大統領 韓国の政治はなぜかくも混乱するのか
序章  戦後韓国と朴槿恵
第一章  朴槿恵の変節
第二章  窮地に陥った大統領
第三章  父・朴正煕を否定するまで
第四章  「過去精算」という韓国の病
第五章  「反日」の心理学
どうにも韓国には特有の《国民情緒》なるものがあるようで、その典型が反日心情であるとか。・・・迷惑な話だ。だってそれは、「国民情緒に合致するものなら、司法はあらゆる実定法に拘束されない判断を下せる」ってやりたい放題なんですから。そう言えば、親日の財産は没収するだの、日本から盗んだ仏像は返さないだの、とんでもない状況になっている。盧武鉉あたりから、とみにひどいよね

国民情緒法って言う考え方がほんとうにあるんだってさ。中央日報の記事にあるってこの本に書いてあるから、探してみたら本当にあった。・・・とんでもないから読んでみて・・・。悪いけど、この人達とは一緒にやっていけないよ。
中央日報 2005/8/12
【噴水台】国民情緒
http://japanese.joins.com/article/603/66603.html

朴槿恵はこの路線に乗っかってここまで来ちゃったわけなんだな。

呉善花さんに言わせれば、朴槿恵は、自分の意志を貫き通せば選挙に勝てないから親の敵の息子に愛嬌を振りまくし、父親の政治を否定もする。すべては民意を得るためで、次々と国民情緒が形作る体制へと迎合して今の地位をきづきあげた。

大統領に打って出る段階から反日だからね。最近は親北の姿勢は改めたみたいだけど、その分、反日は絶対に捨てられないよね。その部分の国民情緒は先鋭化する一方なわけだからね。・・・こうなったら、誰が大統領になっても、悪くなることはあっても、良くなることはなさそう。

だからといって、前の失敗を繰り返す愚は、・・・絶対避けようね。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事