めんどくせぇことばかり 『奥武蔵・秩父 峠歩きガイド』 大久根茂
FC2ブログ

『奥武蔵・秩父 峠歩きガイド』 大久根茂

二七日から一週間ばかり旅に出ます。行きたくって行く旅じゃ無いんだけどやむを得ません。足がどうなることやら、心配ではありますが、行ってみないとわかりません。せっかく行く旅ですから、見るべきものは見てこようと思います。いずれ報告でも・・・。・・・では・・・
昔、・・・昔って、高校の時分だけど、いつか秩父の峠を時間をかけて回って、詳細を調べあげたいって思ってたことがあった。結局、さまざまな事情から、故郷の秩父に帰りづらくなって、そんなことを考えていたことも忘れてた。でも、・・・いまなら、どうかな。

当時、好きだったのは雁坂峠と
将監峠。そう言えば、この本の表紙に使われている写真は、雁坂峠だね。雁坂は、峠周辺の笹原の開放感がなんとも言えなく好きだったな。将監は春山登山のラッセルの思い出。和名倉の雪また雪から解放された将監峠小屋付近の春めきが忘れられない。この本では、将監は紹介されてないけど、近くの雁峠が紹介されている。ここもいいんだよね。
秩父から十文字峠に登って、甲武信岳を通って雁坂から下りてくるってコースは、おそらく高校のころに四・五回やってる。その割に、十文字峠の印象が薄い。意識が、先の甲武信や雁坂に向かっていたんだろう。それに甲武信や雁坂は、山小屋で働かせてもらってたしね。あらためて、十文字も登っとかなきゃね。

『奥武蔵・秩父 峠歩きガイド』    大久根茂

さきたま出版会  ¥ 2,052

峠歩きの面白さは、その歴史や暮らしとの関わりを知ること 峠にまつわる”話題”あれこれ

笛吹峠
旧正丸峠
榎・大槻・筑坂峠
杉ノ峠・大達原峠
雁峠
顔振峠
ブナ・飯盛・猿岩峠
札立・天神峠
地蔵峠
雁坂峠
権次入峠・小沢峠
定峰・白石・七重峠
小鹿坂・府坂峠
股峠・魚尾道峠
十文字峠
鳥首峠
粥仁田峠
仙元峠
八丁峠
妻坂峠
塞神・仙元・葉原峠
牛首峠
赤石・雁掛峠
故郷の秩父は盆地だから、出るにも入るにも、必ず峠を越えた。峠ぬきには秩父は語れないし、峠という限定された通路だからこそ、山の中でも往来が盛んだったんだな。外の人にはともかく、中の人間にとっては、峠っていうのは外に対して開かれた窓みたいなもんでね。

右の写真のような状態ですからね。私の家は、この盆地の南の端に立ちはだかる武甲山のふもとにある。見事に周りを山に囲まれてるでしょ。
秩父
始めて連れ合いを秩父につれて帰って親に合わせる時、西武秩父線で行ったんだけど、吾野あたりで山が迫ってくると、「これより先に人が住んでるのか」と心配そうになった。かりに秩父線で行ったとしても野上あたりで同じ結果になったろう。
だから小さいころ、外から帰ってきた大人にいろいろなことを聞いた。それで、夢を描いて、いつか自分も峠を越えるんだ。本当なら自分も帰って、子供たちに夢を語らなきゃならなかったんだけど・・・。まあ、私じゃなくても、いくらでもいるからね、ふさわしい人が・・・。

とても魅力的な本だった。逆に、私が夢を見てしまう。いつかこれらの峠を歩こうって。あと一年半経ったら、股関節を手術する。リハビリして、運動して山を歩く。私がまず歩くのは、奥武蔵。白谷沢をつめ、て権次入峠を越えてみよう。大丈夫。夢いつもかなうとは限らないことは、この歳になれば、よくわかってる。






 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事