めんどくせぇことばかり 『没落する反日国家の正体 中韓につける薬なし』 トニー・マラーノ 室屋克実

『没落する反日国家の正体 中韓につける薬なし』 トニー・マラーノ 室屋克実

二七日から一週間ばかり旅に出ます。行きたくって行く旅じゃ無いんだけどやむを得ません。足がどうなることやら、心配ではありますが、行ってみないとわかりません。せっかく行く旅ですから、見るべきものは見てこようと思います。いずれ報告でも・・・。・・・では・・・
なんだか、テキサス親父はずいぶんお馴染みのような感じがしてたんだけど、本で読むのは初めてだった。まあ、この本は室屋克実さんとの対談ものだけどね。いつも動画見てたからかな、このお馴染み感は・・・。

共和党支持の、健全な保守派なんだね。彼が捕鯨問題で日本の立場を支持するのもおそらくそうで、文化や伝統には重大な意味が込められている。外からは奇異に見えても、それがあるからこそその社会の健全性に維持されているのかもしれない。かりに、その変更が内部の総意であるとしても、慎重であるべきなんだ。そういうことをきちんと抑えている。

だから、『CHANGE YES、WE CAN』なんて言われた日には、“おいおい、こいつ大丈夫か”ってことになるでしょ。同時に“新自由主義”って言う怪物がブルドーザーのように文化、伝統を削り取っていく昨今の状況に心を痛めている模様だな。『アメリカの将来的な展望は。・・・日本がアメリカ文化を受け入れるのはいいけど、アメリカ型リベラリズムの部分はフィルターを掛けて除去しなければ』という忠告は、けっこう切実だね。

『没落する反日国家の正体 中韓につける薬なし』 トニー・マラーノ 室屋克実

ビジネス社  ¥ 1,080

寝ても、覚めても、日本の悪口ばかりの隣人に 喝❢
第一章  恐るべし❢韓国人がアメリカで仕掛ける「反日プロパガンダ」
第二章  わかった❢日本人が知らないアメリカ事情
第三章  これが韓国だ❢この隣人とどう付き合っていくべきか


残念ながら、いくら言ってみたところで、隣から朝鮮半島という空間がなくなるわけじゃない。だから、最後に室屋さんが言っていることに、これまた残念ながら同意せざるを得ない。
とりあえず、どうしようもありません。何か手を打つ必要もない。無視して放置するしかないだろう、と私は考えています。じつは韓国が反日教育をやめ、史実を教えることが一番なのですが、何しろ七〇年の歴史がある反日教育です。あした反日教育をやめるとしても、韓国人の脳が反日洗脳から開放されるまでに一〇〇年はかかるでしょうからね。
本書p176

危険なのは、日本国内の反日勢力なんだよね。いつだって、それが韓国の、あるいは支那の“反日”を種をまいて、水をくれて、時には肥料をたっぷり施して、・・・育て上げてきたんだものね。そういった日本国内の事情がなければ、こんなひどいことにはならなかったはずだからね。
あまりにも支那、韓国の反日が成長しすぎたからこそ、「これ以上の言いたい放題は許せない」って動きが強くなったわけだな。やっぱり、社会主義勢力が世界中で勝手にポシャったあたりで、攻め手をなくしたんだよね、左翼勢力はさ。
自分たち本来の社会主義思想で日本社会を攻撃できなくなった左翼勢力は、新しい手として、国外の反日勢力と結びついて日本社会を攻撃し始めた。

おかげで保守勢力の覚醒につながった。・・・回り道したけどね。ただ、質のいい保守層に育ってほしいな、若い人には・・・。ちょっと、目を覆いたくなるような状況もないわけじゃないからね。まぁ、偉そうなことを言える方じゃないけどね、私も。





 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい