めんどくせぇことばかり 『「反日韓国」の自壊が始まった』 呉善花

『「反日韓国」の自壊が始まった』 呉善花

《自壊》と言われても困ってしまう。“自ら壊れて”、いったいその後どうなるというのか。韓国が崩壊して北が流れ込んできても困るし、韓国より北のほうが早く崩壊しそうだから、流れ込んでくるのは支那か? だいたい、北とともに自壊したのち、韓民族はどうなる?消滅して、“場”だけが広がっているのか。そんなのありえない。

歴史に照らしてみれば、「小を以って、大に事える」ことになる。“事大”だな。当然、支那が浮上するけど、今は支那自体がひどい状態で、北の面倒すら見きれない。日本?日本はダメだよ。同じことは二度と繰り返さない。でも、アメリカは日本にそれを期待するんだろうな。

ったく、うっとうしい。

だってさ、この本に出てくる、二〇〇五年の社会統計調査って、他人事なら笑えるけど、こんな人たちが自分に関係してきたら・・・、けっこう嫌だよ。
肢体不自由者に対する意識調査
私は身の不自由な人を差別していない・・・八九.一%
他の社会構成員たちは身の不自由な人を差別している・・・七四.六%
遵法意識に対する意識調査
自分は法律を守っている・・・六四.三%
他の人もよく法律を守っている・・・二八%
これってけっこう厳しくない?
『「反日韓国」の自壊が始まった』  呉善花

悟空出版    ¥ 972

朝日が「従軍慰安婦」を誤報と認めても、韓国人は日本に謝罪を求め続ける
第一章  韓国の自壊が始まった
第二章  韓国人が謝罪しない理由ー日韓の行き違い①
第三章  「人のあるべき姿」がこんなに違うー日韓の行き違い②
第四章  事大主義から抜け出せない韓国ー日韓の行き違い③
第五章  韓国人自身が嘆く韓民族の精神病理
おわりに  なぜ韓国は科学分野でノーベル賞が取れないのか

韓国人特有の火病。気持ちが高ぶる。眠れない。息苦しい。胸から顔まで熱い。喉が渇く。口の中が苦い。脇腹が痛い。手足が麻痺する。・・・これが韓国人特有の病?・・・いったいそれって・・・?

その原因は、これまた韓国人特有の心の有様とされる“恨”にあるんだそうだ。“恨”を怨恨と同様のものと考えれば、それは本来個人的感情として存在するものである。だけど、韓国人特有の“恨”と考えた場合、・・・彼らの言い方からすれば、“他民族支配による抑圧された歴史”が原因ということになる。だけど傍から見れば、それって、新羅以来一度として自らの足で立とうとせず、常に言いなりになることを自ら選んできたことが原因で、本当は人のせいにできることじゃないんだよね。

韓国のクリスチャンの人口は一三七六万人で、人口の二九.二%にもなるんだそうです。日本が一〇六万人、人口の〇.八八%にしかならないのと対照的ですね。じつはこれにも民族的感情としての“恨”が関係してるんだそうだ。彼らにしてみれば、それは“他民族支配による抑圧された歴史”を原因とするもので、・・・これは彼らの歴史観がファンタジーと呼ばれるところだけど・・・、《それにくじけることなく歴史を切り開いてきた》ところに民族的誇りが存在する。だから現在韓国社会におけるクリスチャンの意識は、そのまま反日思想にも結びつく。

・・・別にそんなこと言われても、今さら驚きもしないけどね。唯一の望みを感じるのは、そんな韓国にもけっこうまともな人たちがいること。そういった人たちの韓国社会における発言力が拡大されることを、遠くの空から祈るばかりだ。







 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい