めんどくせぇことばかり 『横田めぐみさんたちを取り戻すのは今しかない』 西岡力

『横田めぐみさんたちを取り戻すのは今しかない』 西岡力

日本政府は世界最高のDNA鑑定技術を持っており、遺骨から死亡時期を判別できる。そのうえ、死亡とされた8人に関して確実な生存情報を持っている。被害者を殺傷するな。それをしたら日朝関係は最悪になる。

日本政府は、このメッセージを北朝鮮に送り続けているという。拉致被害者たちを殺させないためだ。著者の西岡さんのところには、これまでに次のような情報がもたらされ、最悪の事態を避けるため、上記のメッセージを発信しているという。
  • 北の工作機関は日本のDNA鑑定能力の調査を行ってきた
  • 二〇〇五年か二〇〇六年、めぐみさんを殺害して“遺骨”を作り出す計画があった
  • 二〇〇七年に北上層部が、日本のDNA検査技術で死亡時期や死因をどの程度解明できるのか調査していた
  • 二〇一二年、北はヨーロッパのある国の病院で、遺骨を高温で焼いた後にDNA鑑定する実験を行い、ある温度で火葬すると死亡原因や年度は判別不能になるが、DNAは検出可能だとの結果を得た
  • ストックホルム合意ののち、拉致被害者のうち多くの秘密を知っている横田めぐみさん、田口八重子さん、工作員として海外で活動をさせられた石岡亨さんが殺されるという情報が流れたからだという。
『横田めぐみさんたちを取り戻すのは今しかない』  西岡力
PHP研究所  ¥ 1,620

拉致被害者は生きている。必ず全員取り戻す
第一章  拉致テロとの最終戦争が始まった
二〇一四年の動きの報告。制裁と国際連携で追い込まれた金正恩政権の悪あがきとそれに対する日本側の対応
第二章  拉致被害者は生きている
被害者が生きているという根拠。
第三章  金正日の拉致指令を解明する
拉致全体像。一九七六年に金正日が拉致を命じたことについて
第四章  どのように拉致は行われたのか
日本人拉致の三類型
第五章  経済制裁で外貨が枯渇する北朝鮮
北朝鮮の弱点と制裁の効果
第六章  全被害者救出の態勢は整った
救出が遅れたことに関して、過去の戦いを振り返る
おわりに  北朝鮮崩壊時に被害者をどう救出するか
日本政府は、北朝鮮が日本人を拉致していることを、事件発生直後の一九七七年から知ってたんだそうだ。にもかかわらず、その事実は政府によって隠蔽されてきた。

一般国民の多くは、一九九七年に横田めぐみさんの拉致がマスコミで報じられて、拉致事件を認識した。二〇〇二年の小泉首相訪朝以降は知らない日本人はいないくらいの状況となる。でも、それ以前一九八七年に、大韓航空機爆破事件で金賢姫の日本語教育係として李恩恵と呼ばれる日本人拉致被害者がいることが明らかにされていた。一九八八年には梶山静六国家公安委員長から、蓮池夫妻、地村夫妻、市川修一さん、増元るみ子さんらの拉致が明らかにされた。

国民の意識に登らなかったのは、時代背景がある。左翼思想に対する憧憬と言うか、引け目と言うか。事実、朝日、読売、毎日、NHKはこれを一切報じなかったという。産経、日経のベタ記事だけじゃとはいうものの、国民の関心の低さは国民自身の問題だよね。

でも社会党だけじゃなく、自民党の中でも金丸信みたいな連中がいて、北といろんな取引をしていたことも事実。金丸は、盟友である社会党の田辺らと訪朝団を編成して北朝鮮を訪問。既に、北朝鮮による日本人拉致疑惑は、我が国政府も認めるところだったにもかかわらず、国交正常化や日本統治時代の補償とともに、北朝鮮敵視政策の補償を約束して帰国した。約束はお笑いで蹴飛ばされたからよかったけど、やはりこのとき、警察に圧力がかかってたらしいよ。

そう言う動きがあったんだな。ただ、やはり日本国民自身の問題だと思うんだよね。だって、いまさら死んだ金丸のせいにしたって埒開かないもん。だから、拉致事件解決に向けての最終局面において、《なにがなんでも必ず取り戻す》、《今度こそ必ず・・・》という国民の意思を強くアピールすることだよね。

全員無事に帰さなきゃ、ただじゃおかねーゾ❢






 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい