めんどくせぇことばかり 『地球はもう温暖化していない』 深井有
FC2ブログ

『地球はもう温暖化していない』 深井有

NHK気象予報士森さやかさんの流している情報 2015/11/15
温暖化の危機 このまま続けば世界で水没都市、続々と・・・
http://bylines.news.yahoo.co.jp/morisayaka/20151113-00051405/
(抜粋)
 Climate Centralによると、温暖化がこのまま進み、世界気温が産業革命前と比べて4度上昇すると、海水が8.9メートルも上昇し、現在6億7000万人が住む場所が水没するかもしれないといいます。ただ、温度上昇を2度まで抑えると、2億8000万人まで減らせるだろうとのことです。
 残念なことに、この海面上昇により最も被害の出る上位6カ国はすべてアジア諸国です。その順番は一番目から中国、インド、バングラデシュ、ベトナム、インドネシアで、日本が6番目にランクされています。日本だけで、およそ3400万人に影響が出るおそれがあり、それは、まさに人口の約3分の1に匹敵する人数です。
平凡社  ¥ 820(税別)

えっ❢ もう、時価になってる? 出たばっかりの本だよ。日本ってそういう国なんだ
もう、正規には、この本売られてないようなんです。新品はもう売ってません。一体どこから平凡社に圧力がかかったんでしょうね。だって、第一刷発行が2015年10月15日ですよ。まだ二カ月もたってないんですよ。やはり、「11月30日からCOP21が開催されるのに、邪魔してるんじゃねーよ」ということでしょうか。最初に紹介したNHKのお姉さんみたいな情報のほうがよろしかったんでしょうか。でもね、そんなことやってると日本は大きく国益を損なうし、影じゃ間違いなく笑われてるよ。

頭にくるので、売られてないんだったら、本の内容まで含めて紹介しちゃお。・・・何回かに分けて・・・。

1998年以来、CO2は増え続けているのに温暖化はまったく起こっていない。IPCCは2007年の第4次報告書まで気温の頭打ち現象に目をつぶってきた。しかし、頭打ち現象が20年近く続くことになったため第5次報告書では触れないわけにいかなくなった。IPCCの見解は、『何らかの自然要因で温暖化が「一休み」している』というものであった。

IPCCのこれまでの研究では、CO2の増加は必然的に気温上昇をもたらすことを前提としているため、最近16年間の頭打ちとは完全に矛盾することになるが、そのことに関する言及はない。のみならず、第一部「自然科学的根拠」の簡約版である「政策決定者向け要約」によれば、地球温暖化が人為的要因によるものであることが2007年の第4次報告書よりさらに強調されている。第二部「影響・適応・ぜい弱性」、第三部「気候変動の緩和策」では、この「自然科学的根拠」に基づいて、さらに温暖化の脅威をあおる記述がされている。

トレンバース(第2・3・4次報告書主筆)の2009年10月12日の仲間へのメール
「温暖化が起こらなくなった原因は今のところ説明できない。我々プロにして、こんなことができないとはお笑い草だな」

フィル・ジョーンズ(CO2温暖化論の中心人物)の2005年7月5日のメール
「もし自分が1998年以降、気温低下が起こっていたと言ってしまったら、世間から袋だたきにあうに違いない。その現象は実際に起こっているんだが、まだ7年間だけだから、統計学的には意味がないと言っておけばいいだろう」

温暖化が頭打ちしている状況に何らかの説明を加えざるを得なくなった第5次報告書では、第4次報告書で示されていた緯度・高度分布を示す図としての気候モデルと気球・衛星による観測結果から、観測結果が削除された。「実測データの不正確さが大きいため実測と気候モデルとの不一致を議論することはできない」と、実測と合わなくなった気候モデルの欠陥よりも、何十年にもわたって蓄積された気球と衛星による実測データの欠陥を問題にするに及んだ。

続く







 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事