めんどくせぇことばかり 『缶詰で 男のええ加減料理』 石蔵文信

『缶詰で 男のええ加減料理』 石蔵文信

料理は“自由”だ。私の料理はかなり“自由”だ。チャーハンなんか、すでにチャーハンなんて呼べないものになってしまっている。今日も昼飯に家族に食わしたけど、最後までチャーハンとは気が付かなかったようだ。・・・喜ぶべきか、悲しむべきか。

たしかに、味はニンニクの効いた塩味。食感は塩漬けにしたきざんだ赤かぶの茎に昨日のモツの煮込み。だけど、基本はチャーハンだぞ。フライパン振るったぞ。でもサラッサラに乾煎りしたおからにカレー粉と塩を一緒にして、それを炒めたご飯にまとわせたんだよね。だからニンニクカレー風味だな。・・・最後にオムライス風に卵でおおったからかな。だけど、やっぱりチャーハンだけどな。

それにしても、この本には負けた。料理は、ここまで自由でいいのか。だってこいつら、缶詰だぞ、・・・缶詰。その缶詰を炊き込みご飯にしてしまって、本当にいいのか?知らないぞ。・・・“知らないぞ”というわけにもいかないから、自分でも作ってみました。
講談社  ¥ 1,404

“《もっと》ええ加減”ということは、元祖の“ええ加減料理”があるはずだよな

いろんな缶詰の、いろんな料理が紹介されている。全部紹介したいところなんだけど、さすがにめんどくさいので、《これは》ってところを紹介します。
さば缶(しょうゆ味)を使った「ピリ辛かぶ煮」
さば缶(みそ煮)を使った「なすみそ炒め」  「麻婆豆腐」  「さば大根カレー炒め」  
さんま蒲焼缶を使った「さんまきんぴら」  「ひつまぶし」  「さ巻き」
さけ缶(水煮)を使ったポテトサラダ
いわし缶を使った「いわしの梅煮」
いか缶を使った「いかと里芋の煮っころがし」
いか缶を使った炊き込みご飯
焼き鳥缶を使った「卵たっぷり親子丼」  「鍋焼きラーメン」  「ねぎ焼き鳥丼」

とりあえず、炊き込みご飯を作ってみる。この本ではいずれの料理にも土鍋を使ってる。米は二合。缶詰はニッスイの普通の。
1 といだ米に缶汁と水を合わせたもの適量を入れ、酒少々を加える。
2 焦げ付かないようにそこからゆっくり混ぜながら中火で炊く。
3 グツグツしてきたらイカを加えてふたをし、弱火で8~10分炊く。
4 火を止め、8~10分蒸らしたら完成。
ニッスイ

・・・これが本に書いてある作り方。でも、めんどくさいので、炊飯器でやる。ざるで、イカの缶詰の身と汁を分け、身は適当な大きさに裂いておく。汁と水を合わせ、めんつゆと酒を適当に加える。生姜すりおろしを少し入れた。あとは、みんなを炊飯器に入れて、ドン・・・忘れてた、油揚げも入れてた。一枚だけ。
DSCF3197.jpgめんつゆに酒、しょうが、油揚げとかを入れたのは、本のレシピがいくらなんでも簡単すぎて、ちょっと心配になったから。めんつゆは味の濃さを確保したかな。しょうがはおそらく正解。油揚げは流れで・・・。それで出来上がったのがこれ。DSCF3199.jpg
魚はサバ。みそ汁は大根。漬け物はカブを塩で漬けてゆずの香りをつけたもの。炊き込みご飯にはしそで香りを足しました。これは海苔の方が良かったかも。いずれにせよ、絶品。この間、中国自動車道のサービスエリアで買った《蛸の炊き込みご飯のもと》、たしか一二〇〇円くらいしたやつなみにうまい。ちなみにこのイカの缶詰は一四七円。今度は、赤貝の缶詰でやってみよう。

見事な本だ。この本には、夢と可能性が詰まってる。《もっと》のついてない、元祖の『ええ加減料理』も手に入れなくちゃ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい