めんどくせぇことばかり 福沢諭吉の反論(覚書)『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる』 施 光恒

福沢諭吉の反論(覚書)『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる』 施 光恒

産経ニュース 2015/12/24
日本語は世界で唯一“植民化”されなかった言語 国際人たる前に「立派な日本人」であれ
http://www.sankei.com/west/news/151224/wst1512240009-n1.html
(抜粋)
日本の文化力が、なぜ世界中で図抜けているかと問われれば、「人類史を通じて、日本語が唯一、植民化されなかった言語であり、そこに独自の客観的世界観が凝縮されているから」と答えられるでしょう。
今年読んだ本の中でも、もっとも感銘を受けた、衝撃を受けた本の一つ。夏に読んだ本なんだけど、この本だけで、今回を含めて六度目の記事になる。そんだけ危機感が強いということ・・・。えっ?本が読めてないんじゃないかって?ななっ、なんてことを・・・、なんてことを・・・。・・・ああ~

ただ、強く危機感を持ってるのは本当よ。とくに文科省の進めている大学改革。実は、ついこの間、十二月十五日の記事に、『池上彰の“ニュースそうだったのか”』に寄せて書いたんだけど、大学では今、原則英語による授業を計画している学校が多い。これがグローバル化? 馬鹿もほどほどにして欲しい。

上の産経ニュースの記事、ぜひ読んでね。相手の勝手なルール改正に鼻面引っ張りまわされるのは、そろそろうんざり。

集英社新書  ¥ 821

漱石、諭吉もあきれた明治の英語公用語化論の再来 進んで「植民地」に堕ちるのか
薩摩出身の森有礼は“英語公用語化論者”として知られる。その森有礼が初代文部大臣になったんだから、英語公用語化って本当にありえたんだな。森有礼は明治五年にはそういう考え方を表明していたらしく、けっこう論議されたらしい。この本に、福沢諭吉の反対論が載っていて、それを紹介しておこうと思う。
森有礼氏の如きは(・・・中略・・・)西洋流のスピーチは西洋語に非ざれば叶わず、日本語は唯談話応対に適するのみ、公衆に向かって思うところを述ぶべき性質の語に非ず云々など反対するゆえ、余は之を反駁し、一国の国民がその国の言葉を以て自由自在に談話しながら公衆に向かって語ることが出来ぬとは些少の理由なきのみならず、現に我が国にも古来今に至るまで立派にスピーチの慣行あり。君は生来寺の坊主の説法を聴聞したる事なきや。説法を聞かずとなれば寄席の軍談講釈にても滑稽噺にても苦しからず。すべて是れ一人の人が大勢の人を相手に我が思うところを述ぶるの法なれば、取りも直さずスピーチなり。
明治七年六月七日集会の演説
たしかに一八八〇年ころまでは、日本語で書かれた教科書もなく、西洋の学問をおさめた日本人もいないんだから、日本語で教えられる教師がいない。先生はみんなお雇い外国人でね。明治最初期の知識人である岡倉天心、内村鑑三、新島襄らは、みんな英語で学問を学んだ。それ以外の方法がなかったから必死さが違ったのか、いずれも英語で名文が書ける。おそらくしっかり学問を表現しようとしたら、日本語は不便でたまんなかったろうね。言葉がないんだから・・・。


だけど、それで英語を公用語にしていたら、大半の日本人は一流の学問から切り離されていた。最初期の知識人は、日本人が西欧文明を使いこなしていけることを証明して見せた。あとは言葉のハンデだけ。福沢諭吉はさらに次のように述べる。
書生が日本の言語は不便利にして文章も演説も出来ぬゆえ、英語を使い英文を用いるなぞと、取るにも足らぬ馬鹿を言う者あり。按ずるにこの書生は日本に生まれて未だ十分に日本語を用いたる事なき男ならん。国の言葉は、その国に事物の繁多なる割合に従って次第に増加し、毫も不自由なき筈のものなり。何はさておき、今の日本人は今の日本語を巧みに用いて弁舌の上達せんことを勉むべきなり。
『学問のすゝめ』

文科省は、《グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である》とかって英語で話ができないと置いていかれるように言って国民を焦らせてるけど、コミュニケーションのための英語なんて、しょせん道具でしょ。道具は道具としての役割さえ果たせればそれでいい。

問題は思考。英語で思考するということになれば、そりゃいくら頑張ったって英語文化圏には敵わない。そうやって欧米に追随せざるをえなくなったんじゃないの、AALAはさ。土着語で議論して、土着語で考える。世界の最先端に立ってね。それができるようにするのが、英語の得意な人たちが考えていかなきゃならないことなんじゃないの。・・・こら、書生・・・えっ?・・・あの・その


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい