めんどくせぇことばかり 『“原爆の図”全国巡回―占領下、100万人が観た!』 岡村幸宣

『“原爆の図”全国巡回―占領下、100万人が観た!』 岡村幸宣

東京新聞 2016/1/4
評論家ヨシダ・ヨシエさん死去 「原爆の図」巡回展示
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016010401000943.html
(抜粋)
1950年代初めに「原爆の図」を携えて全国を巡回した美術評論家のヨシダ・ヨシエ(本名吉田早苗=よしだ・さなえ)さんが4日午前0時14分、脳梗塞のため埼玉県鶴ケ島市の病院で死去した。86歳。福島市出身。

戦後、画家丸木位里・俊夫妻と出会い、原爆投下直後の惨状を描いた連作絵画「原爆の図」の共同制作を間近で見た。被爆の実態が明らかにされていなかった米軍占領下に、友人で画家の野々下徹さんとともに「原爆の図」を背負って草の根的に全国を巡回展示した。
新宿書房      ¥ 2,592

「原爆」という言葉さえ使えなかった時代。小さな「原爆の図展」はやがて日本列島各地へと燎原の火のように広がっていく。

丸木美術館は地元ですからね。なんども行ってる。公共交通機関ではとても行きにくいところにあるんだけど、地方の一美術館としては信じられないほど頑張ってると思うな。展示の中心は《原爆の図》で、これを書いた丸木夫妻は亡くなってるんだもんね。

それはそうと、《原爆の図》は昨年、海を渡った。あろうことか、アメリカ各地で展示された。・・・どうだ、この野郎・・・この本の著者の岡村幸宣さんは丸木美術館の学芸員の方で、《原爆の図》と一緒に渡米した。
埼玉新聞 2015/6/3
「原爆の図」米国で巡回展 東松山・丸木美術館から6作品搬出
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/06/03/03.html
(抜粋)
今回渡米する作品は、同美術館に所蔵されている「幽霊」「火」「署名」「とうろう流し」「米兵捕虜の死」「からす」の6作品。「原爆の図」展は13日から8月16日まで、ワシントンのアメリカン大学美術館で開かれる。「原爆の図」が米国の首都ワシントンで展示されるのは初めて。巡回展はその後、9月からボストン、11月からニューヨークで企画されている。

丸木美術館には《パネル貸し出し》というシステムがあって、これはいいよ。《原爆の図》はとても大きなものですが、パネルとは言っても掛け軸状の物で、掛け軸八本ほどで一つの絵ができあがる。原画の二分の一、四分の一大とは言ってももとが大きいだけに迫力は実物同然。ぜひ、以下の頁を開いて下さい。《http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/panel.htm

《幽霊》、《火》、《水》の三部作で七万二千円。一週間の貸出だからね。高くないと思うよ。しかも、頼んでおけば、学芸員の岡村さんが絵の解説でも、丸木夫妻の思い出でも、渡米の話でも、なんでも話してくれる。ちなみに私のときは四十五分の講演を頼んだ。その後、アメリカでの展示の反応も聞けた。

どうでしょうか。やっぱり、交通不便な地方の一美術館。お金は厳しいと思うんだよね。もしあなたが学校の先生かなんかで、もしこの美術館を応援してやろうって思ったら、こんな展示も面白いと思う。たぶん関東近県なら、岡本さんの講演も可能だと思うけど・・・。

なにはともあれここのところは、ヨシダ・ヨシエさんに、合掌・・・


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい