めんどくせぇことばかり サウジv.s.イラン(覚書)『クルアーンを読む カリフとキリスト』 中田考 橋爪大三郎

サウジv.s.イラン(覚書)『クルアーンを読む カリフとキリスト』 中田考 橋爪大三郎

AFP BB NEWS 2015/01/05
イラン・サウジ対立が激化、スンニ派諸国が相次ぎ断交
http://www.afpbb.com/articles/-/3072101

(抜粋)
サウジアラビアがイスラム教シーア派(Shiite)指導者の死刑を執行し、シーア派大国のイランの反発を招いている問題で、サウジと緊密な関係を持つスンニ派(Sunni)アラブ3か国が4日、サウジに続いてイランとの外交関係の断絶や格下げに踏み切った。これによりサウジとイランの緊張関係は本格的な外交危機に発展し、世界規模での懸念を招いている。
シーア派ってのは、ムハンマドの従兄弟であるアリーとその子孫のみがカリフに相応しいと考える人々。そして彼らだけがクルアーンを正確に解釈できると考えられて、その指導者をイマームと呼んだ。今のイラクで力を持つシーア派は一二イマーム派と呼ばれて、預言者と同じように神から特別に選ばれた一時代に一人だけの特別な存在とされ、クルアーンやハディースと同じ権威を持つ。それが一二人いたわけだ。

シーア派には、ほかにイスマーイール派というのがあって、パキスタンあたりに多いそうだが、礼拝とかもしないらしい。基本的に彼らはすでに最後の審判は来てしまってると考えるので、最後の審判までは有効だったイスラーム法自体、もう必要ないという考えらしい。シリアのアサド大統領の属するアラウィー派も、正統教義から逸脱した分派で輪廻転生も信じているらしい。

なんてヘレニズム的なんだ。部族や民族の垣根が取り払われてしまって、“土着”が何の意味も持たなくなってシッチャカメッチャカになった中で“土着”は死滅したのではなくて、新たな融合を経て、イスラーム後まで影響力を持ち続けたんだな。
太田出版  ¥ 2,160

橋爪大三郎さんなら、中田考さんからイスラームを引き出せる


結局アラブの春の混乱がイスラム国を生み出したけど、イスラム国との戦いの必要性からイラクやシリアでシーア派が引っ張りだされた。イエメンでシーア派武装組織「フーシ派」がクーデタによって実験を掌握した。サウジアラビアをはじめとする周辺のスンナ派各国が、フーシ派の拠点を空爆。・・・ビックリしたよね。

でも彼らはイラン革命の影響を強く受けていて、「反資本主義」、「反欧米中心主義」。イラン革命当時、シーア派の革命と言っても誰もついてこないので、「湾岸の腐った王政を倒す正義の戦い」を標榜した。湾岸の王政諸国にしてみれば、今、一番厄介な連中はイスラム国ではない。シーア派の連中ということになる。

かつてイラクは、多数のシーア派を、スンナ派のサダム・フセイン政権が押さえ込んでいた。そのサダム・フセイン政権をアメリカがぶっ潰した。イラクでシーア派が拡大し、アラウィ派のアサド政権がスンナ派武装勢力を弾圧する中で、アメリカがイスラム国を育て上げた。アメリカはイランと核開発問題で合意し、中東でのイランの影響力が拡大しつつある。

とりあえずは、そんな状況の中でおこった事件ということだな。・・・湾岸王政諸国にしてみれば、イスラム国の問題どころじゃないってところだな。これは大変なことになりそう。


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい