めんどくせぇことばかり 自衛隊、ルワンダからの帰還(覚書)『国防音痴が、国を滅ぼす』 豊田有恒

自衛隊、ルワンダからの帰還(覚書)『国防音痴が、国を滅ぼす』 豊田有恒

まったくビックリするなぁ~。んんん、と言うよりゾッとする。まだ読み始めたばっかりなんだけどね。この本の最初の方に出てくるんだ。自衛隊のC-1輸送機の話。C-1は、『設計段階から野党の反対によって、多くの制約を課され、航続距離を短くしろという要求が通って、わずか1000キロほどしか飛べない輸送機ができあがった』っていうんだ。縦に長い日本列島を縦断することも出来ないっていうんじゃあね。

だいたいがもっと大型の輸送機にするはずが、「侵略的兵器に当たり憲法違反だ」という左翼系議員の主張により小型化されたという背景もあるという。
産経ニュース 2015/11/19
空自新輸送機C2 積載量も航続距離もC1の3倍超 離島防衛やPKOでの活躍に期待
http://www.sankei.com/politics/news/151118/plt1511180002-n1.html
(抜粋)
C2は平成28年度末の開発完了を目指し、目下、最終的なテストフライトを重ねている。防衛省は30年度までに10機を導入する計画だ。空自幹部は「C2の導入により、離島防衛や災害派遣活動、国連平和維持活動(PKO)などでの任務の効率が飛躍的に向上するはずだ」と期待を寄せる。
ったく、良かったね~。なんかどこで聞いた話か全然覚えてないけど、これって森元首相のお蔭らしいよ。あの人は失敗ばかりがクローズアップされるけど、けっこう大事なところで頑張ってるんだよね。やってるようにで大したことない小泉さんと正反対なんだな。
祥伝社  ¥ 864
軍事から目を背ければ平和になるわけではない

前に、高山正之さんの『日本よ、カダフィ大佐に学べ』にたまらない話が載っていて、それで一つ記事を書いた。ちょっと、今回のテーマにも通じる部分があるんだけど、・・・ちょっとその時の記事ね。
ルワンダ難民救助のため、平成六年九月二十一日から十二月十八日までの間、陸上自衛隊ルワンダ難民救援隊二百六十名が隣国ザイールのゴマ(現在はコンゴ)に派遣された。武装ゲリラの出没、エイズの蔓延などで西欧諸国も尻込みする中、米国から自衛隊の派遣を要請された。

当時、外務省は国連安保理常任理事国入りを強力に推し進めており、米国からの要請もそんな日本の希望を見越しての事だった。日本は自衛隊を、警備用の小火器六四式小銃と、 機関銃の一丁のみ、装甲車ではなく、指揮通信車ニ両の他は、一般車両に限ると厳しく制限のついた軽装備で送り出した。社会党村山富市政権時代です。

自衛隊は立派に任務を果たしただけじゃなかった。日本のNGOであるアジア医師連絡協議会(AMDA)のトラックがルワンダ難民に奪われ、武装した自衛隊ルワンダ救援隊が緊急出動して救出した。それについて朝日新聞はこう書いている。
ルワンダ難民救援の実施計画では、宿営地外での警備や邦人の救出は任務に入っておらず、論議を呼びそうだ。(植村隆、飯島武彦)

これ書いているの植村隆。「慰安婦」支援団体の会長を務める女の義理の息子で、“慰安婦問題”火付け役の張本人。こんなところにまで顔を出していた。部隊を指揮した神本光伸は、NHKスペシャルで「自国民を救助して批判されたのが辛かった。」と発言しているという。
新潮社  ¥ 1,512

「中東の狂犬」は宗教のくびきから市民を解放した信長ばりの名君だった

それでは、以下、帰路日本に向かう自衛隊員の様子を紹介した高山正之著『日本人よ、カダフィ大佐に学べ』に登場する話を紹介します。
外務省には期待はずれだった。お前らは死ねばいいのに、なに勝手をやるのか。共同も朝日新聞も自国民救出など自衛隊の越権行為だと非難した

期待に背いたことの報復は陰険だった。任務終了後、帰国には民間機を利用し、その際は制服の着用は仰々しいので認めない。各自私服で帰れと。

お前らは目立つことはないという意味だ。

誰もましな着替えなど持っていない。年の押し詰まった12月27日、ロンドンから日航機に搭乗したとき周囲の乗客はひどい身なりの集団にちょっと驚いた。

それが異郷の地で頑張り抜いた自衛隊員と知るのは機が公海上に出てからの機長アナウンスでだった。

「このたびは任務を終え帰国される自衛隊員の皆様、お国のために誠に有難うございました。国民になり代わり機長より厚く御礼申し上げます。当機は一路日本に向かっております。皆さま故国でよいお年を迎えられますよう」

異形の集団を包むように客席から拍手が沸き、その輪がやがて機内一杯に広がって行った。

機長は乗客リストを見て自衛隊員の帰国を知り「日本人として当然のことをしただけ」と語る。

成田に着いたあと65人の隊員はコックピットの見える通路に整列し機長に向かって敬礼した。
震災における懸命の救助活動を目の当たりにして、また尖閣における支那の横暴に対する防衛活動から、国民の自衛隊に対する評価もだいぶ変わってきた。しかし、朝日を始めとする心ないマスコミの情報操作に左右されている人はまだまだ少なくないし、政界、官界にも勘違いしている連中がはびこっている。この時も外務省は、結局自衛隊の懸命の活動を生かすことができず、常任理事国入りを逃している。

でも自衛隊員の皆さんには、この時の機長同様、“本当にご苦労様”って思っている国民もたくさんいるんだということを忘れないでほしい。

このルワンダへの派遣も、すったもんだしたんだよね。そのくだりがこの本にも出てくるんだけどさ。《82式通信指揮車標準装備のM-2重機関銃を取り外させた》というできごとだ。自衛隊が持ち込んだのは軽機関銃で、おそらくゲリラの法が強力な兵器を持っている。そういう状況の中での任務だったんだからね。

高山さんの文章の中に《外務省には期待外れだった》とあるのは、自衛隊に犠牲が出た方が貢献度をアピールすることにつながり、常任理事国入りに有利に働くと言う思惑のことを言っている。・・・いずれにせよ、自衛官にしてみれば、たまったもんじゃないね。

C-1の航続距離を制限したのは長く飛ばすと海外に侵略に行くからって心配があるんでしょ。重機関銃を持たせると、自衛官が撃ちまくって現地の人たちを殺しちゃうからって心配なんでしょ。その心配してる連中、・・・バカなんじゃねぇの。

・・・ごめんなさい。つい、カッとなってしまって・・・。頭のいい人たちなんだから、そんなこと言っちゃいけないよね。彼らははっきりとした目的があってそんなことをやっているに違いない。その“目的”っていったい???



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい