めんどくせぇことばかり 『地図を読むと山はもっと面白い』 鈴木みき

『地図を読むと山はもっと面白い』 鈴木みき

マンガですよ。とても分かりやすいです。入り口(=ド素人)から出口(地図が読める)まで、きちんと書かれている。もともと地図を読むのはとても楽しいことだから、これを読んだら25000図に磁北線を引いて、山に入ろう。ただ、それだけで、違う世界が見えてくる。

もともとは、コンパスを持たずに地図を読んでた。太陽が出るほうが東、お昼が南ってね。それから時計の短針を太陽の方角に合わせて、12時の方角とのちょうど真ん中が南。展望のきくところに出るたびに必死になって目印探して、地図にしるしつけて、分岐で時間と矢印書き入れてね。昔は、写真はお金がかかったからね。地図に直接書き込んだ。地図はすぐに真っ黒になって、次に行く時には新しいの準備しなきゃいけなくなったけどね。

その地図ね。捨てちゃった。山をやめた時にね。

もともと地図の読み方なんて、そんなに難しいもんじゃない。・・・ごめんなさい。すごい生意気なことを申しました。でもね。そこに地図があって、自分がその地図の現場にいて、自分のいるところがわかっていて、東西南北を合わせるだけで、もう地図は読めてるわけじゃないですか。コンパス使えるようになれば、そりゃあ便利だし。高度計があれば、藪の中に入ってもある程度自分の位置を確認できる。

でも、その時々で、地図と向き合ってれば、そのうちきっとうまく使いこなせるようになるんじゃないかな。たださ、どんなに地図を読んでも、それだけじゃあ、事故を防ぐことにはならないけどね。
講談社  ¥ 1,296

大丈夫!あなたも喜び、コンパスも喜ぶ、地図の読み方教えちゃう

カッコいいよね、コンパス。昔のは丸いだけのやつで、コンパスって言うよりは、どうしたって方位磁石だった。最初は方位を確認することしか出来なくてね。今みたいにこういう本も出てないから、最後まで理想的には使いこないしてないな。あとは思い込みと度胸で埋めてた。

コンパス、カッコいいね。外枠があって、矢印が書かれていてね。分かりやすくなっていいよね。そんで、基本的な使い方。
①現在地と目的地を側辺で結ぶ。
②カプセルの矢印と磁北線を並行にする
③立ち上がって踊る
④コンパスを体にセット&ロック
⑤カプセルの矢印と時針が重なりあうまで体を回す
⑥顔を上げる
今は、こんなものまであるからね。そうそう、私、スマホって使ってないんだけど。この間、越生の大高取山の山頂であった人は、スマホでこんなのと同じようなのを使ってて見せてくれた。少し歩くと、地図の中で自分の位置がちゃんと移動するの。あれじゃあ、遭難するのが難しそうだった。思わず欲しくなっちゃいました。

最後に、この本の中から名言を一つ。
《今までコンパスの使い方がよくわからなかったというあなた。それはあなたが、その地図の外にいるからです》・・・ということで、小さくなって、地図の中に入ってみましょう。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい