めんどくせぇことばかり 『2016 長谷川慶太郎の大局を読む』

『2016 長谷川慶太郎の大局を読む』

もはや、北朝鮮に大変革が起こることを疑う者はいない・・・だろうな。かつては、チャイナではなく瀋陽軍区が北朝鮮を支配していたこと。莫大な不良債権を抱えて首の回らなくなった瀋陽軍区の首根っこを押さえた習近平は、もはや北朝鮮を切り捨てたこと。すでにチャイナに、北朝鮮を抱えていく余裕などないこと。

かたや、世界はロシアを追い詰め始めた。EUとロシアの間で揺れるウクライナが、やっぱり引き金になった。EUやアメリカのやり方も強引ではあるけど、やはりプーチンは趨勢を見極められていなかった。

力は大きくても、それを支える土台である経済があまりに単純な構造で、しかも歪んでいる。資源と兵器と穀物だけじゃね。前に長谷川さんは、サウジアラビアがロシアを締め上げ始めたって言ってた。原油価格がどんどん下がって、ロシアはたちまち立ちゆかなくなった。
REUTERS 2016/1/28
ロシアとOPEC、減産協議へ=石油パイプライン会社社長
http://jp.reuters.com/article/ru-opex-mce-idJPKCN0V52IW
(抜粋)
ロシアの石油パイプライン会社トランスネフチのトカレフ社長は27日、原油安に歯止めをかけるための減産についてサウジアラビアを含む石油輸出国機構(OPEC)加盟国と協議する必要があるとロシア当局者が判断したことを明らかにした。
これなんかどうなんだろう。いよいよロシアは、サウジアラビアに屈したのかな。続報が待ち遠しい。

ここまでは、長谷川さんが以前書いた本で読んだこと。ここからの世界は、・・・いったい。

徳間書店  ¥ 1,728

中国経済の崩壊は誰の目にも明らか 中国が潰れても日本は潰れない
第一章  東アジアで起こる激動の正体
第二章  世界経済を引っ張るアメリカ
第三章  「日本買い」はオリンピックまで続く
第四章  ドイツ「第四帝国」はユーロの嫌われ者
第五章  ますます深刻化するBRICS経済

世界は、基本的に長谷川さんの予測の方向に進んでいる。もちろん不確定要素による調整の必要はいつでも出てくるんだけどね。それでも、方向性にブレがないというのは驚くべきことだな。土台にあるのは、やっぱり時代に対する認識なんだろうな。

「戦争と革命の二十世紀が終わった」って言うことね。それはインフレ基調の二十世紀が終わり、デフレ基調の二十一世紀になったということ。放っておいても物の値段は下がるのよ。価値を加える事が出来れば、それが強みになる。《原油だよ》なんていって同じもの売ってるようじゃね。

だから、今はサウジは、原産を封じて値下げにgoを出してるけど、わざわざそんなことしなくても、貴重はデフレなんだよね。

ドイツ支配の続くEU、イランが国際社会に復帰した中東、インドを除き不調の深刻なBRICSと、幾つもの波乱の要素を抱えるけど、当面の激震は北朝鮮、チャイナ、ロシアか。・・・これから起こるこの三つの地殻変動に、日本は直接関係している。

危機感も持たずつべこべ言ってる人もいるんだけど、頼むから邪魔しないで。・・・早く、準備を❢




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016長谷川慶太郎の大局を読む

【2016 長谷川慶太郎の大局を読む/長谷川慶太郎】感想文は1年後、ここに書いてあることが当たっていたかどうかの検証も込みで。 →https://t.co/BLJoArMHeP #bookmeter— スーパーサウスポーあさちゃん。 (@ssasachan) 2015年12月23日お約束どおり、今回のエント…

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい