めんどくせぇことばかり 『武蔵武士団』 関幸彦

『武蔵武士団』 関幸彦

最後に系図を出しといたんだけど、ちょっと見て。・・・・・
当初は最初に紹介しようと思ったんだけど、広がり方がすごすぎてね。このままじゃ、系図見るだけで本の紹介なんか読んでもらえないと思って、最後に回した。頼もしいな、秩父平氏。

熊谷の村岡にいた良文、忠頼の子、将常が秩父の中村にうつって「秩父三郎」、あるいは「中村太郎」って呼ばれるのか。中村に根拠地を構えたんだ。中村はすごいんだな。中村には母方の親戚がいるんだよな。うちは影森なんだけどね。影森にも人がいたのかな。

時代的には、秩父武基の子武綱や従兄弟の豊島常家が前九年の役(一〇五一~六二)で源頼義に従ったって言うから、それが今からちょうど千年くらい前。その武綱の子重綱から通字を“重”に変えるよね。本書にそのへんの説明があって、重綱が秩父盆地を出て鎌倉街道上道にそって畠山、平沢、菅谷、大蔵と、街道沿いに展開する。

どうも、一一〇八年の浅間山の大噴火が関係しているらしい。上野から荒川以北の北武蔵がこの噴火で被災したらしい。秩父氏は秩父から北武蔵に広がる牧全体を管轄していて、北部は噴火の痛手を受けたらしい。重綱はその立て直しのために、奥まった秩父盆地を出て、交通の要衝である菅谷に進出したらしい。

うお~❢ 菅谷館も高蔵館も、この間行って来たばっかりだよ。
吉川弘文館  ¥ 2,700
中世武士団の典型とされる武蔵武士 平安から室町期にわたるその盛衰
序  武蔵武士団への招待
Ⅰ  源平の争乱と武蔵武士ー『平家物語』の世界
第1章  秩父氏の諸流と源平争乱
第2章  武蔵七党と『平家物語』の世界
第3章  鎌倉期の血縁、婚姻関係
Ⅱ  南北朝動乱と武蔵武士ー『太平記』の世界
第1章  鎌倉幕府の滅亡と武蔵武士
第2章  南北朝動乱と『太平記』
第3章  南北朝武士団の諸相
第4章  南北朝期の血縁、婚姻関係
Ⅲ  武蔵武士団のその後
第1章  東国武士の移動と移住
第2章  東遷した武士団
第3章  西遷した武士団 中国方面
第4章  西遷した武士団 鎮西方面
Ⅳ  武蔵武士を歩く
第1章  古戦場
第2章  館・城・街道
第3章  信仰と板碑



その秩父重綱の子孫が畠山、小山田、稲毛、榛谷、河越、小林、江戸って展開していくのか。すげー 私は秩父の生まれで、今、暮らしてるのは東松山。嵐山の菅谷館なんて、ほんの十五分よ。千年前、躍動していたんだな、ここは。

前九年、後三年の役、さらにそこから大蔵合戦。保元、平治の乱、源平合戦、奥州合戦。さらには鎌倉時代そのものの表舞台が、まさにここだったんだよね。
ちょっと前に、ここを題材にした『武蔵野燃ゆ』という本を読んだ。とても面白かった。鎌倉幕府創立の時代の武蔵を描いたものだったけど、変な言い方だけど、それを書いて、つまらないものになるはずがない。『武蔵野燃ゆ』を紹介した時も書いたんだけど、ぜひ、大河ドラマに使ってもらいたい。
この本を読んでみてもそうだった。これだけの広がりがあり、歴史が地層のように重層的におり重なり、かつ深く、さらに長い。さらに、時代資料も豊富であるにもかかわらず、実はそんなに知られていない。そう考えれば、こんなにも大河ドラマにふさわしい題材はない。yosihumi_20160205093005303.jpg




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

初めまして。

面白さうな本ですね。
武蔵七党は知れば知るほど面白いと感じています。ご紹介いただきましてありがたうございました。

No title

訪問ありがとうございました。
若いころは西洋の歴史に興味がありましたが、今は諸事情もあり、日本国の歴史に大変興味が高まっています。といってもなかなか覚えられないんですけど。
テレビなんかも結構取り上げられてるし。学んでも追いつけない感じです。(笑)

橘右近大夫 さま

コメントありがとうございます。
まだいくらも読んだわけじゃないんだけど、これはけっこう面白かったです。

morsutohappy さま

コメントありがとうございます。
私は西も東も、完全に行き当たりばったり。
追いつくなんてとてもとても、行けるところまで行って、行き倒れだな。

もののふって?

お早うございます
悪い言葉に魑魅魍魎があります
悪は蔓延るということですが
お国には全身の細部にまで『血』が巡っておりました
郵政民営化には過疎化が進むだけ
地方を置き去りにする愚策と思いましたが
現実のものとなりました
マイナス金利に舵を切った後には
疲弊しか残りません

この本は是非とも手に入れて
お国を味わってみます。

はしびろこう・ウナ さま

《経済学》というのが昔ありましたが、今は《金融工学》とか言う詐欺の手口講座みたいなのが、肩で風を切って世界を闊歩してますからね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい