めんどくせぇことばかり 『名もなき山へ』 深田久弥

『名もなき山へ』 深田久弥

最近、私の周りで山の話をする奴が増えている。増えているって言ってもね。・・・具体的には三人いる。今いる職場の山サークルのリーダ―。職場に出入りしている本屋。それから昔からの山仲間で、今でも付き合いのある数少ないうちの一人。

山サークルのリーダーは、もとリーダーの転勤で、突然お鉢が回ってきてしまい、困っているようだった。かつて私が山をやってて、足が悪くなってあきらめたことは話してあって、とりあえず、やむを得ず相談に乗ってやった。私が足が悪くて山をやめたって言ってるのに、そんなに詳しいんなら一緒に行ってくださいとか泣きついてくる。

それが、相談に乗ってるうちに、こっちが我慢できなくなっちゃった。我慢できなくなっちゃったから本屋に地図を注文したら、この本屋が山好きで、なにかと話してくる。本屋は“足のこと”を知ってるわけじゃないから仕方ない。それにしても話し出したら止まらない。そろそろ仕事に戻ったらどうだ、って思うほど止まらない。

そんな地図とかを身近に置いておいたら、たまたま遊びに来た昔の仲間がそれを見つけて、私の前では今まで山の話を我慢してた分、もう止まらない。まあいい。こいつはいずれ、足を直してからポーターとして使う。だから今は、いくらでもしゃべらせておく。

彼らの話を聞くと、「ひどい目にあった」と口々に言う。谷川なんかやってらんない。金峰は瑞牆方面からドーっと押し寄せてくる。筑波なんか身動きとれない。何のことかと思ったら、山が大混雑してるんだそうだ。ものすごいな、百名山ブーム。一時期、年寄りが山に押し寄せているって話があったけど、今は若い連中まで一緒だそうだ。・・・ゾッとする。

こらっ、深田久弥❢ こんなんなっちゃったぞ❢ どうしてくれんだ

『名もなき山へ』   深田久弥
幻戯書房  ¥ 2,808
著者のせいで、NHKの番組のせいで、百名山ブームのせいで、山が大混雑 
Ⅰ  山へのいざない
Ⅱ  私の名山
Ⅲ  静かな山旅
Ⅳ  ふるさと今昔
Ⅴ  東京暮らし
Ⅵ  登山の周辺
Ⅶ  未知なる土地へ

そんなこと、ののしられたって困るよねぇ。深田さんは、「この山はいい山だったぞー」って言ってるだけだもんねぇ。それを周りの連中が、勝手にあおられてさ。まあ、そのうち熱も冷めるだろうけど、それにしても何が面白くてそんな山に登ってるんだろう。いくらだって、静かな山はあるのに。

じつは、“百名山”は読んでない。結果として、数多くの山に登り、一つ一つの山を比べるんじゃなくて、慈しめるまでに老成したからこそ、こんなにも人を掻き立てるものを書けたんだろう。“百名山”は読んでないんだけど、この本の中にある程度収録されていた。読んでわかった。やはり、深田さんは山を慈しんでいる。・・・掻き立てているんじゃない。

この本は、深田久弥さんの随筆集。数多くの随筆の中に、「名もなき山」と題されたものがある。深田さんの山登りの嗜好が、そこにはっきりと書かれている。《道標もなく、山小屋もない。誰も顧みないような山を選ぶ》って言ってる。なんと、贅沢なことを・・・。

私も同じだけど、静かな山に登りたい。山に行ってまで、人によるストレスにわずらわされるなんてうんざりだ。冗談じゃない。シーズンは山小屋は避けたし、ちょっと不便でも人から離れてテントを張った。それでも人っ子一人だれにも合うことのない山や、道もあるかないかわからない山にワクワクできるような自由は、私にはめったになかったな。

深田さんが亡くなった一九七一年、私はまだ十一歳、登った山は、武甲山くらいのもんだったろう。本格的に山を始めたのは、高校で山岳部に入ってから。だから一九七五年だな。その年に私は槍ヶ岳に登った。深田さんが「お祭りのような山には行かない」と言う山に、そのあと私は登って感激してたんだけどね。夏山合宿だった。富山から入って上高地に降りた。人がうるさいって印象は、ひとかけらも残ってない。感動だけだ。・・・いずれにしても、今なら、静かな山しか選ばない。

だったらもっと慎重にルートを探ろう。今から二度目の春は無理でも、二度目の夏には手頃な低山で足をならしていきたい。梅雨の始まる直前の、澄み切った感じがいいね。低山と言っても、やっぱり静かな低山ね。それでいて、魅力のあるところね。あっ、お金はないからね。遠くはだめよ。地元の埼玉県で、いいところを見つけよう。時間はある。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい