めんどくせぇことばかり 『アメリカの鏡・日本』 ヘレン・ミアーズ

『アメリカの鏡・日本』 ヘレン・ミアーズ

この本が日本で出版されたのは一九九五年。すぐじゃないけど、まもなく読んだ。衝撃を受けた。こんな本を書くアメリカ人がいるのか。これを書いたヘレン・ミアーズは当然のように日本擁護者として批判の対象となり、この本とともに学者として世に出ることができなかったそうだ。そんな本を書くアメリカ人がいたんだ。アメリカのすごさだな。しかも彼女がこの本を書き上げたのが一九四八年だって言うんだから、・・・すごい。
マッカーサーは日本語版の出版を許さなかった。マッカーサーの退任後も、占領の終了後も、その後も長くこの本の日本語版は出版されなかった。危険な本だったからだろうな。やっと出版されたのが一九九五年。そのとき私が呼んだのは右の装丁の本だった。


最近、下の装丁の本をネットで見つけて、なつかしくなって、読み返してみることにした。押し入れに頭突っ込んで探し出して見れば、当時はこの本、二三〇〇円もした。今は六九一円で読めるんだから、うらやましいな。
〈パールハーバーは、〉「世界征服」を企む野蛮人による「一方的」で裏切りの攻撃だったのか。あるいは、圧倒的に強い国との力のゲームに引きずり込まれたと思っている国が、経済封鎖に対して挑んだ攻撃だったのか。この違いは極めて大きい。
本書p34

著者は確信を持っている。だからこそ上記のような疑問を提示しているわけだ。しかもこんなにも重要なことが、読み始めて間もなく、p34に登場してくるんだからね。マッカーサーでなくとも発禁にする。 
『アメリカの鏡・日本』 ヘレン・ミアーズ
角川ソフィア文庫  ¥ 691
彼女の関心はアメリカにある  日本という鏡を通して見たアメリカが、ここに書かれている
第一章  爆撃機から見たアメリカの政策
第二章  懲罰と拘束
第三章  世界的脅威の正体
第四章  伝統的侵略性
第五章  改革と再教育
第六章  最初の教科「合法的に行動すること」
第七章  鵞鳥のソース
第八章  第五の自由
第九章  誰のための共栄圏か
第十章  教育者たちの資質


しかし、著者がこの本を書いたのは、失意の日本人を慰めるためなんかじゃなく、あくまでもアメリカのためなのだ。《地球上でもっとも強い国民》になったアメリカ人は世界が置かれている無秩序の責任を免れる事はできない立場なのだ。そのアメリカのために、著者ができることは、アメリカを見つめなおすこと。日本という鏡に映してアメリカを見つめなおすこと。

もしもアメリカが建国の理念を忘れてしまって世界の独裁者となり、もはや自らの精神の統御者たりえなくなっているなら、そのアメリカを力から自由へ引き戻す。虚偽と汚濁に輝く支配と権力の暗黒の光芒を放つ皇帝の王冠を捨て、額には自由と独立の神妙なる光を放つ理念の徴を掲げる。そのために著者はこの本を書いた。
《パールハーバーは世界征服にくくりつけられた日本民族の先天的侵略性が引き起こしたという、単純きわまりない説明を受け入れていいわけがない》と、著者は言うが、結局マッカーサーはそれを前提に日本を再構築した。日本だけではない、戦後世界そのものがそれを大前提としてスタートを切り、そのまま今に至る。結局、”挙句の果てがこのざま”ということなのか。

どうでしょう。関心を持っていただけました。『菊と刀』なんかよりもよっぽどまともな本であることは間違いない。昨年、『日本‐喪失と再起の物語』を紹介した時に、その本の著者のデイヴィッド・ピリングって言う人が「外国人の目から見た、戦争や、戦後の日本の歴史を書いた本の中では、これが最も優れている」と、ジョン・ダワーの『敗北を抱きしめて』をあげていた。『敗北を抱きしめて』は私も読んだけど、いい見方をしている部分もあるけど、全般的には頓珍漢だ。これもそのとき書いたことなんだけど、「ヘレン・ミアーズの『アメリカの鏡・日本』。この本の上をいくものは今のところないと思う」という気持ちに、今も変わりはない。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい