めんどくせぇことばかり 山下奉文とマッカーサー(覚書)『アメリカの鏡・日本』 ヘレン・ミアーズ

山下奉文とマッカーサー(覚書)『アメリカの鏡・日本』 ヘレン・ミアーズ

《マレーの虎》こと山下奉文大将は、「人道に対する罪」と「崇高なる軍人信仰の冒涜」によって有罪とされた件が書かれている。マニラを戦場としたことに、山下将軍はまったく責任がない。配下の部隊を統制できずに民間人虐殺に走らせたというのも的外れである。いずれも、それこそ、配下を見捨てて逃げたマッカーサーの、いかにも歪んだ復讐心から出たことである。
だいたい、マニラの死者は、ほとんどがアメリカの砲撃によるものだ。そういうのを隠蔽するという意味も、山下将軍の裁判には込められていたわけだ。山下将軍は粗末な掘っ立て小屋に収容され、便所には汚物があふれていたそうだ。処刑に当たっては、軍服も許されず、囚人服でマンゴーの木につるされたそうです。本当にマッカーサーという人物は、とことん歪んでいます。
ジャップと現地住民の関係はまずくはなかった。・・・ジャップは現地労働者を口汚く罵ったり蹴飛ばしたりして恨みは買っていたが、全体として住民の扱い方はよかった。子供たちが八時から十一時まで学校に行くことを義務付けた以外は、現地の生活習慣に介入しようとはしなかった。ジャップは、すべてが首長に帰属するマーシャルの共同財産制度を破ろうとした。当然、これは島の上流階級には不人気だったが、一般島民は歓迎していた。
(マーシャル諸島に関するドナルド・T・ワインダー中佐の無線送稿)   本書p47
米軍は、殺戮的な爆撃と圧倒的火力で日本軍を焼き払った。島そのものが地獄と化すような攻撃だった。だけど、つくづく思う。・・・一体、なんのために・・・。
前も書いたけど、アメリカ人が書いた日本論、それも第二次世界大戦を直接の研究対象にした本の中で、この本はおそらく一番まともです。だけど、山下奉文大将を鏡にしてマッカーサーを写そうと思えば、山下将軍をだいぶ歪めなきゃならないようですね。
『アメリカの鏡・日本』 ヘレン・ミアーズ
角川ソフィア文庫  ¥ 691
彼女の関心はアメリカにある  日本という鏡を通して見たアメリカが、ここに書かれている
飛行機の保有数と生産能力の比較が出ている。
真珠湾の時点
日本二六二五機
連合国一二九〇機
日本の方が多いとはいえ、日本は満洲から南太平洋まで、広く薄く配備していた。続いて、月間生産量の比較。
四一年四三年四四年四五年
日本六四二機二五七二機
米国一六〇〇機八〇〇〇機九〇〇〇機日本が戦争中に生産した二倍
ここでもそうだ。日本の軍需産業に写して見ても、だいぶ、歪めておかないとアメリカの軍産複合体を写しだすことはできない

移民以来、彼らがやってきたことを写しだすために、アメリカ人が歪めてしまった日本の歴史がフォーチュン誌の《太平洋関係》というパンフレットにまとめられていると紹介されていた。
中世の日本は長期にわたる封建戦争の時代を通じて好戦的理念を作り上げてきた。日本と西洋世界の出会いは、十六、七世紀、西洋式戦争技術を真似ることから始まった。そこから秀吉の朝鮮侵略、キリスト教改宗者に対する血の迫害、そして徳川の差国へとつながっていく。二百年に及ぶ鎖国は、おそらくどこの国も経験したことのない長い平和の時代だったが、その間でさえ、庶民の人間性を無視し、無益の武士階級に戦争集団としての特権を与えるという不思議な社会制度を育てていた。そしてこの不思議な制度が大多数の国民を隷属させてきたのである。このような歴史の上に新日本を築くことはできまい。・・・国家の歴史は国家そのものだからである。
こんな愚かな連中に、“新日本”は築かれてしまったのだから、それこそ恐ろしい。だいたい、中世を経験もしていないアメリカ人には封建時代の重要性を認識できるはずも、端からないだろうけどさ。長い歴史の中で取り上げるのは《朝鮮侵略》に《キリスト教の弾圧》かい。いかにも安っぽい。


日本の歴史をゆがめていること以上に問題と思えるのは、彼らが自らの歴史を、これっぽっちも把握できていないということだな。これに関しては、いかなる理由も情状酌量の条件にはなり得ないだろう。

結局、そこまで歪めてみたものの、アメリカの真の姿を写すことはできていない。《地球上でもっとも強い国民》になったアメリカ人は世界が置かれている無秩序の責任を免れる事はできない立場となった。そのアメリカのために、アメリカを見つめ直そうとする著者の七〇年前の思いは切実だった。だけど彼女の思いは叶えられることなく、アメリカは戦後世界を突っ走った。

今世界で起きているあらゆる問題に、アメリカは責任を免れることはできない。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい