めんどくせぇことばかり 『ちょっとロープワーク』 羽根田治

『ちょっとロープワーク』 羽根田治

二十年、放りっぱなしの細引きを引っ張りだしてみた。久しぶりにやってみたら、なかなか細引きが手に付かない。“もやい結び”すらままならない。
この本は解説の図がきれいに書かれていて、分かりやすいです。先週の週末は、この本一冊で、ずいぶん楽しませてもらいました。最初は戸惑ったけど、この本に促されて細引きいじっているうちに、指が思い出してくれて、けっこう縛れるようになった。
もののついでだ。連れ合いでも縛ってみるか。・・・ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。もう二度と言いません。お願いだから見捨てないで・・・。
山と渓谷社  ¥ 1,080
5・6種類の結び方をマスターするだけでも十分役立つ
1章  ロープを使いこなそう
2章  テント設営のロープワーク
3章  ツェルトを張ってみよう
4章  野営に役立つロープワーク
5章  基本の結び方を覚える
6章  一歩先のロープワーク
もともと、そんなに何種類もの縛り方は覚えなかったなぁ。テント立てたりするときには、“自在結び”あたりはどうしても必要だろうね。外張り引っ張れないもんね。最初はいいけど、使ってるうちに、装備もくたびれてくるし、いつの間にか細かいところが痛んだり、欠けたり、なくなったりね。そんなときにロープは必需品だよね。DSCF3360.jpg
 DSCF3333.jpg張り綱を石で固定する場合もあるな。ペグってのは、いつの間にかなくなるしね。登山靴で踏んづけて地面に差し込もうとしたら、すぐ下に石があって、ペグが曲がるんだよね。おそらくあなたも経験あるよね。この結び方。なんて言ってた?この本には、「ツー・ハーフ・ヒッチ」という耳慣れない名前で紹介されているんだけど。“二重結び”じゃおかしい?
ツェルトとか張る時、立木があれば利用するよね、そんな時は“巻き結び”と“二重結び”DSCF3353.jpg
DSCF3330.jpg「ハーネスループ」っていうんだって。知らなかった。これならテントの中でも便利そうだし、テントじゃなくても、右のように、家の中でもけっこう便利。DSCF3334.jpg
もやい結び、自在結び、二重結び。・・・分かった。《・・・結び》って言ってれば安全なんだ。これを、《・・・縛り》って言ってしまうと、ついつい、「連れ合いでも縛ってみるか」っていう話になっちゃうんだな。気がついて、本当に良かった。これからはしっかり、《・・・結び》と呼ぼう。《・・・縛り》は夜八時以降にしよう。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい