めんどくせぇことばかり 正義の宗教(覚書)『キリスト教と戦争』 石川明人

正義の宗教(覚書)『キリスト教と戦争』 石川明人

平和とは、人間社会の創立者である神に寄って社会の中に刻み込まれ、常により完全な正義を求めて人間が実行に移さなければならない秩序の成果である。
現代世界憲章より
現代世界憲章っていうのは一九六五年に第二バチカン公会議で採択された、現代人および世界と教会との関係を述べたものだそうだ。上の文章は、その中の“平和”にかかわる文言で、バチカンによる“平和の定義”と言っていい。
彼らの神さまはとってももったいぶった方で、“本物の平和”は、すでに人間社会に刻みこんであるものの、簡単に人間にくれてやったわけじゃない。それは間違いなく人間社会に存在するんだけど、人間は神が定めた“完全な正義”を求めて行動した度合いによって、それにふさわしい程度の秩序としてその成果が示されるらしい。
こんなまどろっこしいやり方で神さまを免責することに、いったいどんな意味があるんだか、私にはまったくわからない。そんなめんどくせぇ神さまは、お払い箱にしちゃえば、ことは簡単だと思うんだけどな。

・・・そうは行かないか。彼らを野生に戻したら、もっと大変なことになるよな、きっと・・・。

『キリスト教と戦争』    石川明人
中公新書  ¥ 886

アウグスティヌス、十字軍、ルター・・・、キリストの兵士よ 戦え❢
ルターの『キリスト者の自由』は、神の前における「万人の平等」を謳った。おりから領主に対して立ち上がった農民たちは、ルターの教えに焚き付けられた。しかし、農民たちの攻撃対象である領主層の保護下にあるルターは、兵士たちに命じた。
誰でも刺し殺し、打ち殺し、絞め殺しなさい。そのために死ぬのならば、あなたにとって幸いである。これ以上祝福された死はあなたにありえない。というのは、あなたは神の御言葉と命令に従い、また地獄と悪魔のきずなから、あなたの隣人を救い出す愛の奉仕のうちに死ぬのだからである。

・・・どうでしょうねぇ、これ・・・。若い連中を焚き付けて自爆テロに走らせる、イスラム原理主義のリーダーたちの言ってることとまったくおんなじだな。
ルターの時代から遡ること百年。すでに宗教改革の萌芽が見られた。コンスタンツ公会議の決定によって、火炙りで処刑されたヤン・フス。確かこの段階で名前の上がったお師匠さまのジョン・ウィクリフは、死後三〇年にして墓を暴かれ、遺体を火炙りにされた。フスの処刑から発生したフス戦争は、宗教戦争に民族戦争の色彩まで加わって激化した。双方ともに、神の正義を実現しようとすることで譲らなかった。

ルターと同じ時期にスイスで宗教改革を進めたフルドリヒ・ツヴィングリはどうか。「・・・ツヴィングリの改革が中途で終わるのは、彼が戦死したからじゃなかったっけ」って思ったら、やっぱりそうだ。一五三一年、プロテスタント諸州とカトリック諸州の緊張に、ツヴィングリは軍事力行使を強く主張し、軍旗を手にして戦闘に加わったんだそうだ。
「体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れよ」という言葉を、ツヴィングリはよく口にしたそうだ。チューリヒの教会にあるツヴィングリの銅像の手には、聖書だけでなく、大きな県も握られているんだそうだ。
カルヴァンは・・・?ってのは、もはや愚問だろうな。カルヴァン派の登場に至って、新旧の殺戮合戦は、いよいよ手がつけられなくなるんだからね。カトリック指揮官はプロテスタント住民を殺して川に投げ捨て、プロテスタントはカトリック司祭の耳を切り取り、繋いで首にかけたり、切り落とした首でボウリングのような遊びを楽しんだそうだ。おそらくこれは、ユグノー戦争や、サン・バルテルミの虐殺の一コマなんだろうな。

三十年戦争もまた、宗教戦争。ドイツ人口は一六〇〇万から六〇〇万に激減したというが。もとから残忍なカトリックに対し、プロテスタントもルターやツヴィングリのような連中がたくさんいた結果だろうね。

愛の宗教なんでしょう。わかりますよ。キリスト教の“愛”に、どれだけの人が慰められたか。寛容の宗教なんでしょう。もう、言われなくてもわかります。キリスト教の“寛容”に、どれだけの人が許されたか。そのことに、私はまったく疑問を持ちません。でもね、キリスト教が試された時、彼らは間違いなく神の正義を優先する。その時、彼らは愛しもしなければ、許しもしない。

・・・それだけのことなんじゃないかなぁ。・・・そういう言い方はないよね。じつはまだ、二章までしか読んでないのに、これを書いてるんだ。・・・ごめんなさい。ということで、先を読みます。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本




































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい