めんどくせぇことばかり 『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』 溝口優司

『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』 溝口優司

最初に世界史を習った時には、人類の誕生は三五〇万年前になっていたような記憶があるんだ。それが今では、“七〇〇万年前”にまで遡ってるんだね。四〇年の間に、三五〇万年も過去に伸びた。どれだけの人がアフリカの大地に這いつくばって、どれだけの汗がアフリカの乾いた大地に吸い込まれてことだろう。おそらく、世界史の教科書なら、ほんの一行程度、記述が増えただけだろうけど・・・。

猫飼ってるんですけどね。明らかに野生が残ってるんだよね、うちの“ミイ”には・・・。娘が拾ってきた、黒い捨て猫でね。しょうがないから、家猫にして飼った。箱のなかで「ミイミイ」泣いていた時から十年、ほとんどお外に出たこともないのにね。

最初は驚いた。部屋の片隅に設けたトイレのまわりは、なぜかいつも猫砂だらけ。どうも、トイレのあと、なぜかそこからダッシュしているらしい。「なぜかな~」って思って調べたら、うんちなりおしっこなりで静止して、しかも匂いを出している状態はとても危険なので、終わった途端にダッシュで場所を変えるんだってね。その時猫砂が飛び散る。当然だけど、それをミイは野生だとは思っていない。・・・なら私にも・・・、私にも、私の知らない野生があるんだろうか。

以前はそんなふうに思ってたんだけど、この本を読むとわかるよ。私は野生そのものだ。


ソフトバンク新書  ¥ 788
700万年の時空を超えて、今、日本人のルーツが解き明かされる
はじめに  日本人の顔とヨーロッパ人の顔は、なぜ“同じではない”のか?
第1章  猿人からホモ・サピエンスまで、700万年の旅
第2章  アフリカから南太平洋まで、ホモ・サピエンスの旅
第3章  縄文から現代まで、日本人の旅
猿人、原人、旧人、新人って順番に出現して、その新人の成れの果てが私たち現代人。ヒト科ヒト属ヒト種という孤独な存在だけど、人類誕生以来の枝分かれを見ると、かつてはけっこう賑やかだったんだな。結局、ヒト科ヒト属ヒト種だけになっちゃったってことは、この形態で生き残ることは、けっこう大変だったってことなんだろうね。

ちなみに、右の図では小さすぎて見えないでしょうから、クリックして、大きくして見て下さいね。
人類
ネアンデルタール人とホモ・サピエンスは同時代を生きていたんだよね。それは以前、すでになんかで読んだ。両者は共通の祖先を持っていて、八〇万年前ころまでに原人から進化したホモ・ハイデルベルゲンシスという旧人に分類される人類がそれのようだ。各地で環境に適応して進化して、ヨーロッパでネアンデルタール人、アフリカでホモ・サピエンスが誕生したという。

かなりの期間、同じ時代を生きていた。しかし、三万五〇〇〇年ほど前、ネアンデルタール人は死滅し、ホモ・サピエンスは生きのびた。両者が共存したこと自体が、ネアンデルタール人死滅の原因だ書いた本を読んだこともあるし、その証拠にホモ・サピエンスの生活圏からネアンデルタール人の骨が見つかったと、・・・「食ったんじゃねぇか」なんて話も読んだような気がする。

まあ、そう簡単にわかることじゃないからね。なにしろ三万五〇〇〇年前だし、どうしても自分の想像力の範囲内でしか考えられないしね。

両者の間に交配があった発表されたのは二〇一〇年だという。ほとんどの現代人のDNAの中にネアンデルタール人由来のものが一~四%含まれているという。ネアンデルタール人のDNAを持っていなかったのがアフリカ人だけであったことから、ホモ・サピエンスがアフリカを旅だった直後、中東あたりで交配し世界に散っていったと・・・。

これまで考えられていたところでは、ネアンデルタール人はホモ・サピエンスと出会い、そのことでホモ・サピエンスに置き換えられるようにして絶滅していったということだった。しかし、DNAの研究の成果として、面白い説が紹介されている。置き換えられて絶滅したのではなく、交配することで、しだいにホモ・サピエンスに吸収されて消えていったっていうんです。

なんか、嬉しくなりませんか。最終章で著者は、これを縄文人と弥生人の関係に適用している。私たちの生活や意識の中に、縄文が色濃く残されている理由が、これですんなり受け止められるように思うんだけど・・・。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい