めんどくせぇことばかり 『熱風の日本史』から《維新を戦った隠岐の志士たち『神と語って夢ならず』松本侑子》

『熱風の日本史』から《維新を戦った隠岐の志士たち『神と語って夢ならず』松本侑子》

とても仕事が忙しくて、・・・それにこの三連休は、二歳の孫を迎えに行って、はじめて一人で“じいじ”のうちにお泊りだから、ブログに関わる時間もなさそうなので・・・、言い訳がましいですね。つまり、・・・過去記事です
日本経済新聞出版社  ¥ 1,944
集団での愚行を繰り返さないために、歴史を正視することは自虐ではない
この本の冒頭の《明治篇》、さらにその最初が《旧物破壊の嵐  明治維新、文化財に牙》。『明治政府は旧弊を打破し、文明開化により新しい次代を開くという機運が異常に高まり、行き過ぎた前時代の否定が行われた。』・・・ということで、ここでは廃仏毀釈や廃城令による、寺院や城郭などの文化財の破壊が紹介されている。

著者は「愚昧な指導者によって無謀な戦争に突き進み国家を滅ぼした時代」なんて言葉を平然と吐くような人物。残念ながら、素直に同調はできない。今も昔も国際社会は複雑怪奇。無理を承知で、少しでもそれを見極めようとする絶え間ない努力と、清濁併せ持つ冷徹さこそが必要で、かつてそれを持てなかったことこそ反省に値する。

戦争というなら相手のあること、相手を思考から外し、自らのみを省みて《条件さえ整えば何度でも同じ過ちを繰り返すだろう。「国を滅ぼした」歴史を二度と繰り返してはならない》と考えるなら、その責任を「愚昧な指導者?」に帰すようなマネは、それこそ愚かな行いだ。

と、まあ、この本に関する私の意見はこのくらいにして、とりあえずここでは、廃仏毀釈の時代の“隠岐自治政府の樹立”にまつわる物語を紹介する。
光文社  ¥1,944

知らなかった。隠岐には隠岐の維新があった  しかも彼らはパリ・コミューンに先立つ三年前、隠岐自治政府を樹立していた。
一八七一年春、プロイセンとの戦争に敗れたパリでは、労働者が自治政府(コミューン)を樹立した。だが国の政府軍が「知の一週間」と呼ばれる市街戦をしかけ、二万五千人の市民が死亡。自治政府は、七十二日で倒れた。

隠岐の自治政府から三年後にたちあがったパリの市民自治を、西園寺は痛烈に批判。コミューンが崩壊すると、賊が討伐されて愉快だ、と手紙に書いた。二十代の西園寺は、民衆も、自治も、信じていなかった。

本書最終章に、上記のように書かれている。パリはフランスの中心である。ずっとそうだった。“フランスがパリに”ではなく、“パリがフランスに”責任を有する。事情が違うとはいえ、パリの“わがまま”を感じるのだ。西園寺ほど、無責任に鎮圧を喜ぶわけではないが・・・。

この一文に出てくる「西園寺」とは、西園寺公望である。鳥羽・伏見で幕府軍が敗れ、徳川慶喜の敵前逃亡から一気に明治に駆け抜けていく頃、西園寺は隠岐に関わった。もしかしたら、関わったというほどの意識があったかどうか。それでも西園寺は「隠岐は天朝領」と公布したのだ。これが隠岐自治政府の原動力であったことは間違いない。だから、“パリ・コミューン”とは違う。もっと、素朴な衝動がそこにはある。

鎌倉時代末期、十津川とともに、建武の新政を立ち上げた後醍醐天皇を守った隠岐。勢い、尊王感情が際立つ。江戸時代を通じての、松江藩による伝統的圧政。そこへ全国を巻き込む尊皇攘夷。隠岐出身の儒者、中沼了三が時代の雰囲気を隠岐へ伝える。隠岐が沸き立つ条件は、全て揃えられていた。

しかし、時代は理念のみによって進むものではない。理に押され、利の風を受け、義の抵抗を受け、血を流し、恨みを買い、意趣を返され、あっちへ行き、こっちへ流され・・・。それを決定するのは“歴史的必然”などではなく、偶然や、人物であることのほうが多い。偶然や人物を左右する“何者か”の力は感じるが・・・。

隠岐という力の小さきものは、理念に突き動かされて翻弄される。主人公、井上甃介は理念に裏切られて絶望する。恨みを晴らす思いが廃仏毀釈に向かうあたり、目も当てられない。
明治六年、政府は地租改正を行い、年貢半減どころか、幕藩時代と変わらぬ重税を課してきた。御一新も、蜂起も、無意味だった。その絶望にも、権力の醜悪さにも、また自分のなかの抑えがたい激しさにも、辟易とする思いがあった。

ひとりの医者として村人の暮らしをすこやかに支え、心の拠り所とされる道を生きる。そこにひそやかな決意と自負があった。

甃介は息子の死をきっかけに質の悪いアナーキズムから立ち直り、人のために生きる道を選んだ。人間が本当に強くなれるのは、ここからなのではないだろうか。
西郷の港 西郷の港

本書は、尊皇攘夷を標榜する隠岐正義党の蜂起が新政府のご都合主義によって裏切られ、踏みにじられたという事実が、明治維新の一場面として存在したことを明らかにしている。しかし、それを強調するために、鳥羽・伏見以降の権力闘争や権威主義によって、新政府が大きく現実路線に舵をとったかのように描かれているように思う。“隠岐への裏切り”を強調するために、あえてそうしてあるのだと思う。だが、幕府の無能が罪であったのと同様に、薩長の目的至上主義は大罪だ。前半部分ではそういった部分をサラッと流されて、ちょっと腹がたったりした。

安倍政権がTPP交渉参加を表明した。賛否を言うのではない。ただ、歴史は偶然と人物に左右される。思ったようには動かないものだ。大東亜戦争における日本の敗戦もそうだった。だからあの敗戦に、私たちは意味を見出すべきだと思う。かつて日本の成長は、白人支配への挑戦だった。あの敗戦で、それは未完となった。多くの独立国が誕生したが、白人支配とそれを支えるイエオロギーは健在である。そこに、“物語”を感じるべきだ。それが強い“思い”となれば、世界を変える力になるのではないか。・・・いつもながら、甘っちょろいな・・・

どうも私は、“誰が書いたか”ってことにはこだわりがなくて、なさすぎてね。松本侑子さんは、翻訳家でもあるんですね。それも『赤毛のアン』の翻訳を手がけておられるんですね。村岡花子さんをモデルにしたドラマを思い出しました。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい