めんどくせぇことばかり 『ダンテの遺言』 谷川悠里

『ダンテの遺言』 谷川悠里

すみません。この間、息子の働く町を見に行く旅に出たことで、生活のリズムを崩してしまいました。本日も、過去記事となりますが、この本は本当におすすめです。機会があれば、ぜひ読んでみてね。

最後に発行された『禁書目録』は、一九四八年の教皇ピウス十二世版。六千冊が登録されていると本書にある。Wikipedia見たら四千冊とあって、デジデリウス・エラスムス、エドワード・ギボン、ジョルダーノ・ブルーノ、ヴォルテール、ダニエル・デフォー、ニコラウス・コペルニクス、バルザック、ジャン・ポール・サルトル、ルネ・デカルト、イマヌエル・カント、ジョージ・バークリー、ラムネーなどの名が並ぶ。

『禁書目録』に関する教会法の法的効力の失効が宣言されたのが一九六六年のことというのも、どうやら本当のことのようだ。だけど、読んだからって破門されるわけじゃなくなったってことで、禁書の条項事態は一九八三年新教会法典にも明記されているという。
『ダンテの遺言』    谷川悠里
朝日新聞出版  ¥ 1,944

ー教皇庁に断罪された禁書は、全世界、全ての言語で出版を禁ずるー

ボローニャ大学に留学し、オーギュスト・ロダンに関する卒業論文を完成させようとする節子。節子の指導教授アンジェロ・オルタの家は、グーテンベルク依頼ほどなく印刷業に従事し、ヨーロッパの知識と向かい合ってきた。もう一人はオルタ教授の秘書代わりの「カシワ・タカシ」という日本人的な名前を持つおかしなイタリア人。

この三人が、ひょんなことからトリオになって、ヨーロッパの歴史の裏面、裏面とはいいなから、禁じられながらも脈々と地下水流のように受け継がれた良心的な真実を解き明かしていく。

その始まりは、オルタ教授がオルタ家に受け継がれた秘密の書庫で発見したダンテの『神曲』の原本と、コペルニクスの指導教授がつけていた『指導日誌』。

さてと、知らない人物が出てきた。チェッコ・ダスコリ。多くの情報はない。ブリタニカによれば、『生1280/1290. アスコリ 没1327. フィレンツェ  イタリアの詩人,天文学者。本名 Francesco degli Stabili。ボローニャ大学で天文学を講じたが,異端思想のため,1324年にフィレンツェに逃れた。しかしここでも迫害を受け,異端思想を広めたかどで火刑に処せられた。』とある。地球球体説を唱えた人物らしい。それにしたってトスカネリよりも百年も前の人物。

ダンテの『神曲』原本には、このチェッコ・ダスコリら、その主張を封じられた者たちに関する記述があるというところから、真実に迫ろうとする物語がはじまる。

キリスト教会は二千年にわたりヨーロッパの歴史のヨーロッパ精神世界を引きずり回してきたわけだから、闇も深い。圧倒的弱者という最強の立場を巧妙に使って、あらゆる強者を引きずり下ろしてきた。真実も、誠実も、謙虚も、ポケットに大事にしまっておきたいとても大切な物をブルドーザーで踏みつぶすようにして・・・。

著者の谷川悠里さん、ウワッ、一九八一年生まれの新進気鋭だ。どんどん書いてほしいな。楽しみに次回作を待ちます。
二〇一六年の今日、残念ながら、まだ次の一冊は出てないみたい。とりあえず、これはおすすめ。

しつこい?・・・しつこい。・・・こりゃまた失礼致しましたっと・・・




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい