めんどくせぇことばかり 諦めなければ夢は・・・(覚書)『人間の分際』 曽野綾子

諦めなければ夢は・・・(覚書)『人間の分際』 曽野綾子

『人間の分際』という題名だからね。まず、参った。「そんなの違う」っていくら言っても、幼稚な思考は怒涛のごとく押し寄せて私を飲み込んでいく。波間に浮かびながら、「アップアップ、ああ、もうダメだ。おぼれる」って、諦めかけたところに流れてきた一枚の木切れ。私にとってこの本は、まさにそんな木切れなのです。

“分”を前提に人間を考える。そんなごくごく当たり前のことさえ、「えーっ、身分差別?」なんて言われちゃってね。幼稚過ぎて話しにならないんだけど、今ではそれが洪水のように押し寄せてくる有様。・・・藁を無つかむ気持ちですがりつた私の気持ち、お分かりいただけるでしょう。どうも、幼稚であるだけに、妙に分かりやすい弁っていうのは、本当に質が悪いね。

話は変わりますが、つい昨日のことです。「鎌倉幕府が開かれたのは・・・」ってやつね。「いい国作ろう鎌倉幕府で一一九二年っていうのは間違ってるんだってね」って、素人さんから言われて、見回せば皆さんうなずいている。〈え~、めんどくせぇなー〉、自分でそう思って黙ってるんならいいんだけど、どうしてそれを人が聞いているところで言い出すんだか。聞いてる人がいるとなると、言っとかなきゃだからね。

《一一八五年に源頼朝が朝廷に日本全国への守護・地頭の設置を認めさせたことから、実質的な支配が頼朝に移ったと考えられるため》ってことなら“鎌倉政権”とか言っときゃいいでしょ。わざわざ“幕府”なんていう言葉を使ってるところになんか意味があるって考えるでしょう、普通。その意味は、《出征中の将軍の政庁》で、将軍は徴税権や徴兵権、地方支配権を委託されている必要があるわけだよね。だから、征夷大将軍に任命されてこその“幕府”となる。それが、“一一九二年”ね。「いい箱作ろう」よりも、「いい国作ろう」がふさわしい。

ただ、教科書に“一一八五年”と書かれていることも事実。そう書く先生方は、頼朝が天皇から征夷大将軍に任じられたことよりも、朝廷に対して、東国に割拠した武家政権としての独立性を高めたことを重視しているわけだ。つまり、《天皇の時代を終わらせた》と喜びすぎて、結局、天皇を軸として日本の歴史が形作られていくことを見落としている。・・・逆だ。天皇を軸として日本の歴史が形作られていくことを世間に軽視させるためにも、《天皇の時代を終わらせた》ことを強調している。「いい国作ろう」なんてとってつけた語呂合わせにすぎないとあざ笑っているわけだ。・・・ちょっと、教科書書いている先生方、人が悪すぎないかな。

「それがこの本と何の関係がある?」って言われると言葉に詰まるけど、幼稚な弁ほど分かりやすいってことでは同じだと感じたんだ。


幻冬舎新書  ¥ 864
「やればできる」というのは、とんでもない思いあがり
第一章  人間には分際がある
第二章  人生の本当の意味は苦しみの中にある
第三章  人間関係の基本はぎくしゃくしたものである
第四章  大事なのは「見捨てない」ということ
第五章  幸せは凡庸の中にある
第六章  一度しかない人生をおもしろく生きる
第七章  老年ほど勇気を必要とするときはない


「あきらめなければ夢は叶う」とか、「夢を持ち続けよう」とかさ。ものすごいですよね。曽野綾子さんは、東京オリンピックの時の、・・・もちろん一九六四年のね。その東京オリンピックで、大松女子バレーボール優勝監督が述べた「為せば成る」という言葉に反応しておられる。まさに曽野さんが言っている通り。明らかに理屈として間違っており、耳当たりが良いだけの幼稚な弁だが、いずれも特定の分野の、とある段階における成功者が、よく言うセリフである。

“特定の分野のとある段階”であるとはいえ、成功者が言う言葉であるだけに質が悪い。ずるい連中は、それを免罪符として、「もっと頑張れ」と、「これを使えば夢が叶う」と、売りにかかる。学校の人に聞いたら、カタリバのアンチャンやネエチャンが迷える高校生に言うんだそうだ。「私もあきらめないから、あなたもあきらめないで」って。ここまで来ると、ゾンビがゾンビを増やそうとしているようで、不気味でしかない。

“特定の分野のとある段階”の成功者が無邪気に考えてるだけなら、いずれ思い知らされるわけだし、何にも言わないけどね。でも、児童や少年少女に、そういうむやみなことを語らせないような社会にしておかないとね。ましてや、それをネタに金を儲けるなんてのは、犯罪よ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

本当にたくさんの本を読まれてるのですね。
凄いです。
週何冊位のペースで読まれるのですか?
本日の紹介本の解説、分相応があるという感じなのでしょうか?
私はやっと自分に無理強いしない生き方を選んでいいんだと思ってる所です。
解釈脱線してるかもですが、お許しくださいませ。

ヒマワリ咲いた さま

コメントありがとうございます。
“凄い”なんていわれることはなんにもありません。
たしかに読書が好きですが、仕事もあり、体調もあり、助平心もありで、コンスタントに読んでるわけじゃありません。ガー❢って読む時期もあれば、フニャ~・・・ってね。
だから、けっこう記事の使い回しも多いしね。
それに、本の紹介を書いてるわけじゃないんです。本を読んで、自分が感じたことを書いているだけのとっても勝手な内容です。だから、一冊の本で、「ああでもない、こうでもない」ってこともちょくちょく。

こんな私ですが、見捨てないで下さいまし。・・・まし。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい