めんどくせぇことばかり 『国旗と国章図鑑』 苅安望

『国旗と国章図鑑』 苅安望

日本は法制上の国章の存在しない珍しい国なんだそうだ。多くの国が法制化された国章というものを持っているんだそうだ。日本の場合、それに代わるものとして使われているのが、皇室の紋章として定められた十六弁表菊花紋なんだそうだ。そうそう、あのパスポートの表紙のデザインになっているものね。16
国旗のデザインって言うのは、まあ、日の丸なんかもそうだけど、二色旗であるとか三色旗であるとか、単純な図柄が好まれるよね。その分、国章は国旗よりもデザインが複雑で、その国の風土、歴史、文化など、より多くの情報を読みとれるように国章に盛り込んでいる国が多いんだそうだ。

この十六弁表菊花紋は日の丸同様デザイン的にも優れていて、皇室の紋章ではあるけれど、天皇を国民統合の象徴とする日本の国章として
もふさわしく、本当に国章としてお借りしてもいいんじゃないかと個人的には思う。

でも諸外国の、こてこて盛り込んだ国章も面白い。特にアフリカがいいな。ボツワナのシマウマ。マダガスカルのコブウシ。マウライはライオンに豹。ナミビアはオリックス。チャドは山羊とライオンか。
世界文化社  ¥ 2,808

国旗から見えてくる、その国・地域の歴史・・・オリンピックには必需品

国旗の由来もいろいろでね。ちょっと、三色旗とかで。使われている黒い色の意味を調べてみた。すぐに思い浮かぶのがドイツなんだけど、ドイツの黒は《勤勉と力》だって。ドイツらしいね。もともとは学生義勇軍の黒マントから来たとか。普仏戦争かな。エストニアの黒は《国土》。ベルギーの黒は《力》。

ヨーロッパからアフリカに行って、アンゴラの黒は《アフリカ大陸》。ウガンダの黒は《アフリカ人》。ケニアの黒は《国民》。スーダンの黒は《スーダン》。タンザニアでもやっぱり黒は《国民》。ボツワナの黒は細くて白い白に挟まれていて、全体で《人種の融合》。マウライは《アフリカ人》。南スーダンでも《国民》。モザンビークは《アフリカ大陸》。リビアは特殊で、《キレナイカ地方》をあらわすんだそうだ。アフリカ人にとって、黒は“自分“をあらわす色なんだな。ラテン・アメリカでもその傾向があるのは、祖先がアフリカから連れてこられたからだろうね。

黒をイメージから捉えてるのが中東、そしてイスラムなんだな。アフガニスタン、イエメン、イラク、シリア、それからエジプトの黒は《過去の抑圧》なんだそうだ。

これだけのページ数でゆったり紙面を使ってるから、各国の国旗の移り変わりなんかも丁寧に紹介されている。“はじめに”の部分に書かれていたんだけど、国旗が変わるっていうのはそんだけのいざこざがあったってことで、ないに越したことはないんだな。ありがたい話でさ。

そんなことを調べながらぺらぺらしていたら、・・・見つけた。見つけた。《双頭の鷲》。まだ使われているんだな。双頭の鷲といえばローマ帝国を連想しちゃうけど、双頭の鷲の図柄自体は非常に古いもので、シュメールのラガシュ・・・、シ・シ・シ、シュメール?・・・そんなに古いの?

ローマ帝国の紋章になったのは十三世紀のビザンツ帝国で、西と東ににらみを利かせると言っても、もう東しかなかった。ビザンツ崩壊後はビザンツの碑眼を迎えたロシア、それからカール5世以降のハプスブルク家がこれを使ったという。

今でも国旗に使ってるのはロシア、セルビア、モンテネグロ、アルバニアか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい