めんどくせぇことばかり 『武士道の名著 - 日本人の精神史』 山本博文

『武士道の名著 - 日本人の精神史』 山本博文

『武士道とは何か。武士はいかに生き、死すべきなのか』

そんなことを考えなくてはいけないなんて、武士っていうのは、なんてめんどくさい存在なんだろう。だいたいが、もとは自らを守るための武装農民であり、武装商人。それなりの求心力にひき寄せられて、血のつながりを中心に、一門なら“家の子”、家来なら“郎党”をひっくるめた武士団を形成する。彼らは臣籍降下した高貴な血筋を頭領に頂いて結束した。

それでも中央政府が治安維持を放棄したあの時代、力の支配する地方において、自らの土地を守り切るのは簡単なことではなかった。安心できないから土地を寄進して貴族に仕え、その御威光にすがって生きていた。貴族にしても、いわゆる名義貸しだけでがっぽり収入が保障された上、武士を侍らせて身の安全を確保できた。

鎌倉に至って新方式。まるで武士団は組合組織のように“幕府”を立ち上げ、そちらへ支配のシステムを移し換えていく。朝廷自体何も変わらない。なにも起こっていない。ただ、日本の支配はいつの間にか幕府のという下部組織に吸い取られていった。武士団は、鎌倉殿をかつぎあげて所領を安堵してもらうことによって、はじめて自分の土地の正当な所有者になった。


『武士道の名著 - 日本人の精神史』     山本博文
中公新書  ¥ 821

高潔にして強靭な、武士の倫理と美学
1  小幡景憲 『甲陽軍鑑』 江戸時代初期 軍学第一の書
2  柳生宗矩 『兵法家伝書』 寛永九年 柳生新陰流の奥義
3  宮本武蔵 『五輪書』 寛永二十年 必勝の思想
4  山鹿素行 『山鹿語録』 寛文五年 武士の職分とは何か
5  堀部武庸 『堀部武庸筆記』 元禄十五年 武士の一文をつらぬく
6  山本常朝 『葉隠』 宝永七年~享保元年 「死狂い」の美学
7  新井白石 『折りたく柴の記』 享保元年 古武士の風格
8  恩田木工 『日暮硯』 宝暦十一年 為政者の理想の姿
9  佐藤一斎 『言志四録』 文政七年~嘉永六年 朱子学と陽明学の合体
10 吉田松陰 『留魂録』 安政六年 至誠にして動かざる者なし
11 西郷隆盛 『西郷南州遺訓』 明治二十三年 義に生きる
12 新渡戸稲造 『武士道』 明治三十三年 理想の日本人論

“サムライ”って、カタカナで書かれることも多い。もちろん武士のことであるが、幕末には侍という言葉が定着したし、“サムライ”の方が外国人の受けがいい。本来は、「侍(さぶらひ)」。仕える貴族のそばにあってその身辺を守るという意味。

それが鎌倉時代には、鎌倉殿への“御恩と奉公”を前提とした武士の生き方が模索される。さらに、元寇から観応の擾乱を通して室町時代、その後半の戦国時代になれば、また武士の生き方は変わる。

そのように、時代によってその存在意味は変わるが、決定的な変化は江戸時代になると戦いがなくなったということ。しかも、領地を持つ地方知行ではなく、俸禄として知行米を支給されるようになって土地からも切り離されてしまった。ここにいう武士道とは、そんな時代を生きる武士に求められた厳しい道徳律と言えるだろう。

もともとの武士の観念をそのままに新たな時代に仕立て上げたものだから、当然無理がある。無理を承知で仕立て上げたんだから、たしかに厳しく、窮屈だ。その窮屈さが武士独特の美学につながった部分があるんだろうな。

それぞれの項目の中で、人物の経歴や思想背景、それぞれの“武士道”が語られている。当然だけど、江戸時代も初期とそれ以降では、時代に応じた変化もあって面白い。とどめが新渡戸稲造の『武士道』で、なにせ明治三十三年だからね。その中に投影されているのは、武士というより日本人。『武士道』は世界を意識した“日本人論”。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本


































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい