めんどくせぇことばかり 執権時宗・魔王義教(覚書)『日本史の英雄』 倉山満✕おかべたかし

執権時宗・魔王義教(覚書)『日本史の英雄』 倉山満✕おかべたかし

歴史を自分に引き寄せてみる。あるいは、自分を歴史の舞台に立たせてみる。その双方を繰り返すことで、歴史を生身でとらえるって、とても大事ですよね。なかなかできることじゃありません。どうしても教科書はじめ、書物の字面で追っちゃうんですよね。

日本史の英雄20人が紹介されているこの本の、第2章「中世~近世 日本らしさの創出」代表、北条時宗の項目では、またまたそれを思い知らされてしまいました。なにしろ18歳で執権の地位につき、日本国の舵取り、それも最大の危機に見舞われた日本の舵取りを双肩に担うわけですからね。

そして、歴史を字面だけで考えれば、「1274年の文永の役と1281年の弘安の役」ってことになっちゃうけど、ユーラシアを席巻していったモンゴルの脅威と、そのモンゴルが日本に食指を伸ばしていることはずっと前から伝えられているし、両役間もずっと緊張状態にあったはずだ。二月騒動も、下手をすれば権力闘争の激しい北条家内の内ゲバ事件と捕らえられて終わってしまう場合もあるけど、兄の時輔を殺すのも、国難にあたって徹底抗戦の挙国一致体制を固める鉄の意志表示と見れば、時宗の凄みが分かる。

最後に執権だ。朝廷から政治の実権を奪い取り、さらに幕府において征夷大将軍から政治の実権を奪い取り・・・。北条家はそうして“執権”という幕府の実力者の地位を世襲していった。だけど、それは天皇と違うし、さらには征夷大将軍とも違う。天皇は権威そのものだし、征夷大将軍もその権威に支えられている。だけど執権は、天皇の権威とは別のところに成立した実力だから、それを維持するためには、能力を示さなければならなかったわけだ。有能じゃなければダメなのね。

そういう時代に訪れた危機。その時代で良かったかもね。

『日本史の英雄』    倉山満✕おかべたかし
扶桑社  ¥ 1,620

日本史なんてよく知らない。そもそも歴史が好きじゃない。そんな人に・・・

信長を切って、足利義教を入れたっていうのもずいぶん頑張りましたよね。《信長というのは、この足利義教のやったことをなぞっているに過ぎないーそういってもいいほどの人物》とは言うものの、あまりにも知名度が低すぎる。

*綱紀を粛正し、政治のあり方やそれに携わるものの倫理を確立する
*鎌倉公方はじめ、南朝末裔、九州勢力、守護大名でも、室町将軍の意に背く地方勢力は潰す
*延暦寺に立ち向かい、根本中堂を焼き討ちにする

業績を見ても、まるで信長のことを言っているようにしか見えない。信長の場合、自身が死んでも、秀吉、家康と異才が続いたのに対して、義教にはそれがなかった。結果として、時代を変えられなかったことが、その印象を薄くしているんだろう。それでも、義教の死後、室町幕府が混乱期を迎えながらも100年以上持ったのは、義教が整えた強固な官僚制と奉公衆と呼ばれる親衛隊があったからという。やはり魔王と呼ばれるにふさわしい存在ではあったようだ。

著者は義教を、日本における絶対主義体制導入の先駆けと位置づける。「王権神授」「官僚制」「常備軍」「重商主義」「諸侯・宗教勢力の鎮圧」を重商主義の要件として、義教はそれを満たしたという。「王権神授」?・・・実は、義教の将軍職就任には対抗馬があり、くじ引きで将軍になった。くじに神が宿ったのね。
「信長はなぞっただけ」っていうのは、あんまり知られてない義教を持ち上げるために使った言葉で、信長は信長ですごい。義教は、そのスキルの始まりが、すでに将軍だったんだからね。尾張の中堅勢力から始めた信長とは比べ物にならないくらいの好条件だ。まあ、単純な比較はできないってことね。ただひとつ、同じなぞるにしても、手下に裏切られて殺されることまでなぞることはないじゃないか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本
















































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい