めんどくせぇことばかり 鈴木さん(覚書)『名字でわかる日本人の履歴書』 森岡浩

鈴木さん(覚書)『名字でわかる日本人の履歴書』 森岡浩

うちのお隣は鈴木さんで、この間、孫が来たときにも、奥さんから苺をたくさんいただいた。鈴木さんの奥さんの仕事でできた畑の生り物はとてもいいって評判で、苺も本当においしかった。孫も、私がヘタをとるのが間に合わないくらいの勢いで、パクパク口に放り込んでた。

仕事で一緒になった鈴木君は、とてもおおらかな人だった。有無を言わさず野球の監督を押しつけられて、目の前を硬球の飛び交うベンチで、スヤスヤと寝息を立てていた。いつ死んでもおかしくない状況だった。
小学校、中学校と同窓だった鈴木さんって言う女子は、ボインボインだった。真っ白な体育着になった鈴木さんの胸のふくらみが、とてもまぶしかった。

私の人生には、なぜかいつも、どこかしらに鈴木さんの影があった。・・・それもそのはず。鈴木さんは佐藤さんについで多く、つまり1位が佐藤さんで2位が鈴木さん。その数はおよそ41万8463世帯って言うんだからね。しかもそれが、東に片寄ってるってなれば、私の人生が鈴木さんとともにあったのもうなずける。

その点、我が名字は順位ならば1075番、4136世帯。象の前の蟻に同じ。
講談社+α新書  ¥ 905

なぜ東日本は「佐藤」「鈴木」が、西日本は「田中」「山本」が席巻したのか

鈴木さんの分布は三河から遠江に非常に多く、ついで関東に集中している。ルーツは紀伊半島の熊野にあり、熊野を総本山とする修験道の一族が名乗った名字だそうだ。姓は“穂積”。穂積とは刈り取った稲の穂を積んだことに由来する。熊野ではこれを四角いかたちに積み上げ、積み上げた稲穂を「すずき」と言い、鈴木の漢字を当てたんということだ。

熊野信仰を支えた鈴木一族の総本家は和歌山県海南市の藤白神社にあったという。鈴木一族は熊野に参詣に来る人々を導く一方、全国各地に広がって熊野信仰を伝えた。中でも繁栄したのが三河の鈴木一族で、厳しい時代からの松平家に仕えて、家臣団の中で重きをなした。

松平元康が徳川家康となって江戸幕府を開くと、三河以来の譜代家臣団の多くが幕政を支えるために関東に移った。その流れの中で鈴木一族にも旗本や御家人として関東に広がる者が多かった。・・・そういうことのようだ。

そう言えば、この間読んだ浅田次郎さんの『神坐す山の物語』で出たきた話だね。古くから信仰の山として開かれた御嶽山。その信仰を任されたのが三河から移り住んだ鈴木一族だって話が書かれていたような気がする。

家康が東三河の国人から三河を平定し、さらに遠江を支配して浜松に移り、後に江戸に幕府を開いた。鈴木姓分布は家康の出世街道をそのままなぞっている。

著者はこれを、歴史をたどることで名字の分布の理由を知ることつながり、逆に現在の分布から歴史を類推することができる好例として、鈴木氏を取り上げている。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい