めんどくせぇことばかり 2016年6月 『スプートニク』に登場する北方領土

2016年6月 『スプートニク』に登場する北方領土

2016年 《スプートニク》に登場する北方領土


5月31日 千葉日報
ロ外相、北方領土「返さない」 首脳間交渉をけん制か
http://www.chibanippo.co.jp/newspack/20160531/327267
ロシアのラブロフ外相は31日、日ロ間の最大の懸案である北方領土問題に関し、「われわれは(島を)返さないし、日本に平和条約締結をお願いすることもない」と述べた。


5月31日 産経ニュース
「ロシアが隣国脅迫」とNATO事務総長
http://www.sankei.com/world/news/160531/wor1605310066-n1.html
北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は31日、ウクライナ危機で欧米と対立するロシアを「隣国を脅迫し、武力で国境を変更しようとしている」と批判、7月にポーランドの首都ワルシャワで開くNATO首脳会議で対応を協議する考えを示した。


6月2日
ロシアは自らの安全保障上の関心からクリル諸島の軍事インフラを開発しているのであり、日本の脅威ではない
http://jp.sputniknews.com/politics/20160602/2233938.html
クリル岩礁マツア島の飛行場は純粋にロシアの国家安全保障上の利益のために修復されているのであり、この決定は、日本からの抗議を引き起こすようなものではない。ソ連軍元参謀総長ミハイル・モイセーエフ氏が1日述べた。


6月6日 時事ドットコム
千島のロシア軍用空港完成=ヘリ離着陸可、港湾も整備へ
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060600689&g=pol
インタファクス通信によると、ロシア軍の東部軍管区(司令部ハバロフスク)は6日、クリール諸島(北方領土を含む千島列島)のマトゥア島(松輪島)で進めていた旧日本軍の軍用空港の改修工事が完了し、ロシア軍の全タイプのヘリコプターが離着陸可能になったと発表した。


6月9日
尖閣諸島周辺にロシアの艦艇 日本は困惑
http://jp.sputniknews.com/japan/20160609/2275947.html
日本は、同国と中国の領有権争いの対象となっている尖閣諸島(中国名:ジャオユイダオ)周辺をロシアと中国の軍艦が航行したことを受け、外交ルートを通じてロシアに「注意喚起」を行った。9日、菅官房長官が記者会見で明らかにした。


6月18日
いかに 米国を気にせずに露日関係を構築するか?
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160618/2329998.html
訪日中のセルゲイ・ナルィシキン露下院議長は日本に対し、対露関係はこれを阻害しかねない第3国の意見に耳を傾けることなく構築するよう呼びかけた。ここ数ヶ月の経験は、これは困難ではあるものの実現不可能ではないことを示している。


6月21日
露日間の平和条約の運命は6月22日に決まるか?
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160621/2340647.html
6月22日、露日の作業部会の会合が予定されている。会合の課題には平和条約の基本項目の策定、合意作業が入っている。話し合いにはロシア側からはイーゴリ・モルグロフ外務次官が、日本側からは原田親仁前特命全権大使が参加することになっている。


6月29日
日本 ロシア機に対して再び緊急発進
http://jp.sputniknews.com/japan/20160629/2394285.html
日本の航空自衛隊の戦闘機が、日本の太平洋沿岸部の近くを飛行したロシア国防省の対潜哨戒機イリューシン38型機2機に対して緊急発進した。防衛省・統合幕僚監部が伝えた。日本の自衛隊機がロシア機に対して緊急発進するのは2日間で2回目。


6月29日
ロシア クリルの島での軍事基地建設開始時期を発表
http://jp.sputniknews.com/russia/20160629/2395743.html
クリル諸島のマトゥア島における太平洋艦隊の新たな海軍基地の建設が、すでに2016年に始まる。通信社「スプートニク」に軍消息筋が伝えた。


どうもプーチンは、ずいぶんと追い詰められている様子だな。ここに来てチャイナとの蜜月を演出する始末。ついでに、尖閣近海で一緒になって軍艦は知らせている。日本からスクランブルかけれてるのもその一環。苦しい時ほど強気に出るっていっても、これほどあからさまじゃあなあ。もう一つ追いつめられたら、金正恩の出っ張った腹を擦りに行くかもしれない。・・・それとも、イギリス騒ぎで一息つくかな。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい