めんどくせぇことばかり 『ドキュメント 滑落遭難』 羽根田 治

『ドキュメント 滑落遭難』 羽根田 治

危険への臭覚は、けっこう鋭い。・・・怖がりってことだよ。山に行くんだったら、怖がりって大事だよね。安全が確認されないなら、次の一歩は踏み出さない。その姿勢を常に貫けるなら間違いは起こらないんだけどね。あるいくつかの条件にはまってしまった時に限り、その姿勢を忘れてしまうんだよね。「何日も雨に降りこめられて」とか、「何らかの原因で、時間をロスしてしまって」とか、それらはいずれも“時間”に関係している。・・・私の場合ね。

「ああ~、油断しちゃった~」って思いながら落ちるんだよね。

ひどいのは一度だけ。雲取からから三峯神社にに向かう途中、白岩小屋に荷物をおいて、小屋裏から下に少しのところの水を汲みに行った。ここの水はうまい❢・・・一度どうぞ。秩父が生まれ故郷なので、ここのうまい水をお土産にしようと思ってね。ロープウェイが動いているうちに降りたかったので、ちょっとした注意を怠った。草に隠れた小さな浮き石を踏んでバランスを崩し、2mほど落ちた。必死に藪を掴んで、横倒しにはならずに済んだけど、けっこう強く膝を打ち付けた。

骨折とかはしてなかったけど、動けなくてね。こんな時、あきらめがいいのは私の美徳の一つ。今日は帰れない。食い物は少しある。だましだまし小屋まで戻れば、それでいい。朝にはなんとかなるだろう。・・・水は汲んだ。ちょっとだけ、一人の登山はやめようかと思った。ちょっとだけね。

それでも、命にかかわるようなところは、どんだけ急いでいても、根が怖がりだから、ちゃんと怖がる。だから、滑落って言っても、そんなもんで済んでる。


ヤマケイ文庫  ¥ 864

ほんの一瞬の・・・、それがなければ、遭難なんかしてないはず
富士山  2000年4月
北アルプス 北穂高岳  2001年9月
大峰山脈 釈迦ヶ岳  2006年5月
赤城山 黒檜山  2007年1月
北アルプス 西穂独標  2007年3月
南アルプス 北岳  2007年6月
近年の事例 埼玉県警山岳救助隊からの報告

この本読んでると分かる。「自分は遭難しない」っていう思い込みは無意味だ。無意味であるばかりじゃないな。それはよくないことだ。この本で扱ってるのは《滑落遭難》だけど、その“滑落”に至る前提があるわけだな。一般ルートなら、まず足場が見つからないということはない。大キレットやカニの横這いで、「見えない足場」に足を下すってことはあるけど、平常心で一歩一歩確実に行動すればまず間違いない。問題は、危険度の大小によらず、「平常心で一歩一歩確実に行動」できない事態が、なにがしかの理由で発生しているってことだな。そして多くの場合、本人はそのことに気づいていない。

この本に書かれている《滑落遭難》は、“滑落”に至る前に“道迷い”しているケースが多い。すでに道迷いによって平常心を失っているわけだな。あるいは、“疲労”。さらには、“遅れ”。さらに、“自信”。「平常心で一歩一歩確実に行動」できない事態は、さまざまな理由で発生する。

《近年の事例》として、埼玉県山岳救助隊の報告が掲載されているが、いずれもかつて歩いた道だった。熊倉、十文字、両神。なんでもない山のようであるけど、山は山、危険なことを見つけようと思えばきりがないほどあるっていうことだよね。

まだ山登りしてた頃、安全のために一番に気を使っていたのは、朝。朝、できる限り早くに行動を始めるってことだな。朝早く行動を初めて、お昼までに決着をつける。そして、予定より早すぎる結果になっても、決しておまけを付け加えない。それだけで、ずいぶん防げる事故があるよ、きっと。

そんな私見たいのが、歳とってから登山を再開して、昔の間隔でいい気になってるのも結構危ないんだろうね。

書いているうちに、もう一度、危なかったことがあったのを思い出した。高校2年の夏休み、甲武信の小屋でアルバイトした。朝お客を出してから、長野側に降りて歩荷。一週間やったんだけど、その最終日、もっと稼ぎたくて、荷物を増やした。正確には覚えてないけど、50kg以上背負った。

川沿いの岩場をへずっていたとき、岩の角に背負子を当ててバランスを崩し、あんまり重たくて踏みとどまれずに川へ落ちた。冷たさに気がつくまでおそらく5分くらいかかったろう。死ななくてよかった。荷物のほとんどは重さを稼ぐための缶ジュースだったので、損することはなかった。・・・はした金に目がくらんで、命を落とすところでした。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい