めんどくせぇことばかり 『日本の「運命」について語ろう』『神坐す山の物語』 浅田次郎

『日本の「運命」について語ろう』『神坐す山の物語』 浅田次郎

過去記事です
   

『地下鉄に乗って』や、『一路』、『終わらざる夏』、『蒼穹の昴』などなど、浅田さんのこれまでの本の話がたくさん出てきて懐かしかった。小さな一冊だけど、“小説を書く”という形で浅田さんが格闘してきた時代や社会が詰め込まれた大きな一冊に思えた。

江戸、明治、大正、昭和と移り変わる時代のなかには、本来、私たち日本人が知っていなければならないのに知られていないことがある。今の自分を知るためには、近現代の歴史をこそ学ばなければならないのに・・・。昭和の戦争は“過去の罪科”と、押しつけられたものを後生大事に抱え込んで・・・、本当のことを知ろうともしない。

偉そうな言い方だな。自分だってそうだったくせにね。自分を真っ当にしてくれたのは、やっぱり父母や祖父母のおかげかな。・・・とっくに死んじゃったけどね。父母や祖父母の生き抜いた時代、明治、大正、昭和。父母や祖父母にも青春と呼ばれる時代があって、連れ合いに巡り合って、子を成して・・・。そんな時代を“過去の罪科”では片づけられないよね。浅田さんは、『戦争で何がおこったかなどを次の世代に伝える、送ることは私たちの義務』と言い切る。


『日本の「運命」について語ろう』 浅田次郎『日本の「運命」について語ろう』 浅田次郎
(2015/01/21)
浅田 次郎

商品詳細を見る
日本人は、自分を取り戻さなければ…
第一章  なぜ歴史を学ぶのか
第二章  父の時代・祖父の時代
第三章  中国大陸の近代史
第四章  明治維新がめざした未来とは
第五章  参勤交代から覗く「江戸時代のかたち」
 あとがき  書くことと語ること

第一章に《近代日本の勢いと未熟さ》という小見出しをつけられた部分がある。これ、私も同感。罪というならば、日本は未熟だった。「列強の植民地になってはならない」と必死になって新たな国づくりに奔走して、未熟ながらも列強の一画に食らいついた。その未熟すら罪と言われるのなら、甘んじて受け入れよう。だけどそれなら、もっと責められるべきは他にある。

・・・困ったな。・・・実は、本編を読み終えて、この記事を書きい始めたのね。んで、冒頭の本を紹介して「懐かしいな」・・・なんてね。・・・で、そのあと“あとがき”を読んでわかったことなんだけど、『したがって本音は、小説の読者の方々にとっては著者自身の作品改題であり・・・』と書いてありました。まるで、そのまんまでした。こりゃまた失礼いたしましたっと。

これ、講演録だそうです。その分だけ、ずいぶんと読みやすく仕上がってました。“どう生きるか”について、書かれた本です。

近世と近代を舞台とした、ここ百五十年間のどこかしらを書きづづけているうちに、人間と社会の本質的な変容に気付いた。

昔の人は個の利益よりも衆の利益を優先し、現在よりも未来を大切に考えていた。時代が下るほどにそうした理念は失われて、人はより刹那主義と個人主義のなかに幸福を見出すようになった。
P226

どうにも浅田次郎さんの本を読むと、自分には、もう一つの違う生き方があって、パラレルワールドのように、そちらを選択して生きている自分がいるような錯覚にとらわれる。いずれも、もう一つの選択は、今よりも自分に忠実な生き方をしている。今の生き方を公開しているわけじゃない。当然の選択だった。

今年の五月に、また、浅田次郎さんの本を読んだ。そのときにも、同様のことを考えた。
双葉社  ¥ 1,620
奥多摩の御嶽山にある神官屋敷で物語られる、怪談めいた夜語り
昭和35年の生まれだけど、秩父生まれのせいか、時代が外と10年位ずれてたんだ。今ならそんなことはないんだろうけどね。小学校4年の時に西武鉄道が秩父にまで乗り入れて池袋とつながったけど、それ以前は秩父鉄道で上野に出たんだ。秩父は東北と同じだったんだね。

なぜかなあ。この本を読んで、・・・懐かしくて、懐かしくてたまらなかった。今では絶対お目にかかれない、それでいてかつては嫌ってほど当たり前だったものが、この本の中にあふれているようだった。

私の実家は変なうちで、この家に嫁いできた女は、〈ろくさんさま〉という、“神のようなもの”の巫女になる。在の女たちが、なんかことがあると、〈ろくさんさま〉にすがってうちを訪ねてくるんだ。そうすると、このうちの女が、なんかの方法で〈ろくさんさま〉にお伺いを立てる。

その方法は、このうちに嫁いできた女だけが受け継いできたらしい。私の母は、どうもそれを、兄貴の嫁さんに教えなかったらしいけど・・・。

そんな家だったから、ほんの少し、この本に書いてあることが、ほんの少し、・・・分かる。学生の頃までは、いろいろなものを見たから。

母が兄の嫁さんにその方法を教えなかったのと、おそらく似通った理由で、私は秩父を離れたかった。だから、外での生活がちょっと思い通りにいかなくったって戻るわけにも行かない。御嶽山から北に向かって県都境を越え、有馬山をから鳥首峠、大持山と越えれば武甲山に出る。山頂に登って北の山麓を見れば、山頂からなら私の家が見えるはず。

何度、夢想したろうか。・・・一度も辿ることはなかったけれでも・・・。

なんにも本の紹介にならずに終わってしまいそうだ。ただ、こういう本を読むと、いい年になってから勝手なことを言うようだけど、もう少し早く生まれたかったって思ってしまう。勝手だよねぇ。自分から、引きちぎるようにして、置き去りにしてきたものなのにね。・・・それでも、その真髄みたいなものだけを、こういうふうに目の前に再現されてしまうとね。著者、浅田次郎さんの手品みたいなものなのかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい