めんどくせぇことばかり ムハンマドの系譜(覚書)『逆説の世界史 2』 井沢元彦

ムハンマドの系譜(覚書)『逆説の世界史 2』 井沢元彦

9世紀の人、イブン・ヒシャームが、ムハンマドの死の70年後に生まれたイブン・イスハークが書いた『マガーズィーの書』を再構成したのが『預言者ムハンマド伝』。神でないムハンマドの伝記はコーランにはなく、『預言者ムハンマド伝』に頼る。それによれば、ムハンマドはアダムの直径であるという。ムハンマドから遡ること31番目がアブラハム。40番目がアジア人の祖とされるセム。41番目がノア。50番目がアダムだという。

血統主義への思い入れが強いんだな。これは宗教というよりも、それ以前の地域性かな。部族性っていうのかな。もう一つ重要なのは、該当地域の発展段階か。今でも、部族主義、氏族主義が徹底してるもんね。そういう意味ではムハンマドの頃も今も、あんまり変わっていないんだな。

主役はムハンマド。ムハンマドを、私たちのムハンマドたらしめる最大のものは、教えの何たるかではない。第一に、軍事的指揮官として極めて優秀であったということだ。迫害から逃れるためにメッカからメディナに本拠を移して反対勢力と戦い続け、624年のバドルの戦い、625年のウフドの戦い、627年のハンダクの戦いなど、常に勝ち続けた。これらの戦いに一度でも負けて入れば、その後のイスラム教の発展はなかった。勝ち続けたことによって、信徒たちはムハンマドが「最後の預言者」であることを確信していった。

その時代が、部族間抗争の激しい、言わば日本の戦国時代に似た時代であって、人々は救いを求めていて、それに答えて・・・。日本では、そこに蓮如が現れた。そこで蓮如がムハンマドのように勝ち続けていたら・・・。・・・ふ~ん。日本にもありえたんだ。

小学館  ¥ 1,782

一神教のタブーと民族差別

それはそうと、ムハンマドの後継者、カリフの地位ね。血統主義的な考え方が、どうやらイスラム以前から強かった様子。ムハンマドが死んだ段階で最も近い身内だ娘と娘婿。しかし、最初のカリフになったのは、ムハンマドより少々年少ながら、自分の娘、たった9歳にすぎないアイーシャを56歳のムハンマドに嫁がせたアブー・バクル。

アブー・バクルが2年で世を去ると、2代カリフになったのはムハンマドの盟友で征戦に活躍したウマル。ウマルの娘もムハンマドの妻のひとり。ウマルは戦いの才能に恵まれ、エジプトやシリアをイスラム教とする。エルサレムを支配下としたウマルは、ジズヤを取り立てることでキリスト教徒、ユダヤ教徒に居住を許した。ユダヤの聖地を見聞したウマルは、そこだ同時にムハンマドが昇天した地であると確信し、メッカ、メディナに次ぐ第三の聖地とした。現在の岩のドームである。

ウマルは友人の所有する奴隷に刺されるというあっけない死に方をする。ウマルの指名を受けて3代目のカリフとなったのはウスマーンである。ウスマーンはムハンマドの娘2人を妻とする娘婿である。彼の代、651年に遠征軍を起こし、ササン朝ペルシャ最後の皇帝ヤズデゲルド3世を破り、ササン朝ペルシャを滅亡させた。しかし、イスラム内部の部族対立や貧富の差を原因とする不満を抑えることはできなかった。結果、反乱軍によりあっけなく殺害される。

4代カリフはムハンマドの父方の従弟でムハンマドの父の従姉妹を母に持つアリー。彼はムハンマドの娘ファーティマと結婚し、ムハンマドの養子にもなった。前3代のカリフに比べて、圧倒的にムハンマドとの距離が近い。ムハンマドを含み全員がクライシュ族であるが、アブー・バクルはタイム家、ウマルはアディー家、ウスマーンはウマイヤ家、アリーはムハンマドと同じハーシム家。

同じクライシュ族でも、血統主義的志向の強いアラブにおいては家系間の対立は決して簡単ではない。ウマイヤ家の中にはウスマーンの死の背景にアリーの存在を確信するムアーウィアのような人物もいて、これはカリフの地位をめぐる抗争に発展する。結局、お互いに兵を動員しての争いとなる。このあと、ムアーウィアはダマスクスでカリフを名のる。

アリー派から分派したハワーリジュ派は、アリー派もムアーウィア派もどちらも敵視し、刺客を送った。ムアーウィアは刺客をしのいだものの、アリーは礼拝中に刺殺された。アリーには二人の息子がおり、当然、ムアーウィア派の対抗勢力となる。兄のハサンはムアーウィアとの戦いに効果を上げられないまま死去。ムアーウィアは、弟のフサインを無視して自分の子供であるヤズィードを次にカリフとし、正統カリフ時代は完全に終わる。

ヤズィードは後、カルバラーでフサインの一族を根絶やしにし(カルバラーの悲劇)、反対勢力を一掃した。このアリーの子孫だけが正当なカリフでありイスラム共同体を率いることができるとするのがシーア派である。
いわゆる正統カリフ時代からウマイヤ朝時代に向けてのできごと。もう、十分うんざりされたことでしょう。だけど、こんなことでうんざりしてたら、あのあたりでは生き残っていけないんでしょう。

たとえば、右の本。副題は《イランの復活、サウジアラビアの変貌》ですよ。まったくそのまんまですよね。アラブ・スンニー派連合がやっつけようとしているのは、けっして“イスラム国”なんかじゃなくて、イエメンのシーア派勢力じゃないですか。

“イスラム国”がどうのと騒いでいるのはよその連中で、地元の連中はイランの国際舞台への復帰によりシーア派が台頭することを押しとどめようと必死じゃないですか。

悪いけど、「・・・よくやるよ」って言うところですよ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい