めんどくせぇことばかり 敗戦国日本(覚書)『教科書で教えたい真実の中国近現代史』 宮脇淳子

敗戦国日本(覚書)『教科書で教えたい真実の中国近現代史』 宮脇淳子

《抗日戦勝記念とは・・・》
中華人民共和国は、2014年に、9月3日を「抗日戦勝記念日」に制定し、2015年9月に「抗日戦争勝利70年」を祝って大々的な軍事パレードを行い、ロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵大統領らを招いた。

90年前には、中華人民共和国も、ロシアも、韓国も存在しなかった。当時、連合国に参加していたのは、のちに中国共産党が大陸から追い出した中華民国である。

また、敗戦間際のドサクサに日ソ中立条約を破って参戦して暴虐を働いたソビエト社会主義共和国連邦は、1991年に零戦に敗れて崩壊した。ロシアは15の共和国に分裂したうちの1つ。

韓国は当時、日本であったから、日本と戦った歴史はない。韓国が独立したのは1948年8月15日で、日本からではなく、アメリカの占領下からの独立である。韓国大統領李承晩は、日本の敗戦の日(ポツダム宣言の受け入れを玉音により国民に告知した日)をわざわざアメリカからの独立の日と決めた。以降、韓国では8月15日を光復記念日と呼び、独立記念日としてお祝いしている。

柏艪舎  ¥ 1,836

偏見やイデオロギーに囚われず、中国近現代史を直視する

《歴史とは・・・》
日本人が思うような、過去に起こった事実、史実を言うのではない。支那人にとっての歴史とは、権力を握った者が、その正当性を訴えるために都合のいい創作である。

現在、支那大陸を統治している中華人民共和国にとっての歴史とは、アメリカとの戦争に敗れて大陸から出て行くことになった日本のしたことと、中華民国のしたことは、すべて悪いことである。その悪さの程度も、その時々の権力者の都合によって、いろいろな創作が付け加えられることがあり得る。


《日中は一衣帯水》
両者の間には、帯ほどの細い川のような隔たりがあるだけで、極めて近接している。変わりのないお隣さん、ってことだな。

これが大違い。その間にあるのは、親しい間柄と心を開いてかかる日本人と、それに存分につけこもうとする支那人。1972年は、国交樹立であって、国交回復ではない。日本と中華人民共和国との間には、過去に“国交”と呼べるような関係はない。この最初の段階から現在に至るまで、中華人民共和国との外交関係は、常に相手の言い分をそのまま受け入れ、相手の土俵で相撲を取る状態が続いている。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本




































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい