めんどくせぇことばかり 言葉の意味(覚書)『なるほど世界地理』 宇田川勝司

言葉の意味(覚書)『なるほど世界地理』 宇田川勝司

歴史でもそうなんだけど、意味を知ってるって強いよね。

たとえば、古代インド。マウリヤ朝の初代国王はチャンドラグプタ。チャンドラは月を表す言葉だそうですね。チャンドラグプタで、「月に守られし者」。・・・なんどよ、カッコいいな。その三代目の王、インド大陸をほぼ統一したアショーカ王。ショーカは苦しみを表し、アショーカで「苦しみのない者」。そのアショーカが苦しんで、苦しんで、仏教に帰依する。シヴァは「吉祥」、その妻はパールヴァティ。パルヴァタは山を表し、その女性系がパールヴァティ。ここで“山”といえば、もちろん、ヒマラヤのこと。ヒマラヤといえば、ボロブドゥール寺院を造影したシャイレーンドラ朝。岩山を表すシャイラとインドラを合わせてシャイレーンドラ。岩山の神といえばヒマラヤ。ヒマラヤ朝ってことか。

エジプトでは、アメンホテプ(アムン神は喜んでおられる)が神官団に対して宗教革命を起こしてアクエンアテン(アテン神にとって有益な者)と改名する。そこ子、トゥトアンクアテン(アテン神の偶像)は、結局、神官団に屈服したんだろう。後に、トゥトアンクアメン(アムン神の偶像)と改名している。・・・ツタンカーメンね。改名してなかったら、ツタンカーテンになっちゃうところだったね。

ペレ出版  ¥ 1,620

気になる疑問から学ぶ地理の世界

さてと、国の名前ね。

ロシア、マレーシア、エチオピアって並べたとき、そこにある共通点って分かる? んん? 最後に「ア」がつく? ・・・当たり。さらに言えば、アルファベットで書いたとき、「Russia」、「Malaysia」、「Ethiopia」となって、・・・つまり、語尾に“ia”がつくのね。

ええっ?いま、地図帳開いてみたんだけど、すごくたくさんあるよ。探すのめんどくさいから、巻末の国別統計にした。アジア代表だけでも、インドネシア、カンボジア、サウジアラビア、マレーシアと、こんだけある。アジアは少ないほうだよ。

“ia”は「~の土地」、「~の国」を意味する古代ギリシャ語やラテン語の接尾語なんだそうだ。インドネシアは、インドの島々(nesos)の国。カンボジアはCambodiaと書くものの、伝説の英雄カンブ-の子孫(チア)を意味するもので、「~の国」という意味とは、どうやら別物。マレーシアは山々のある土地を示すムユラの国。

このパターンで、まったく、カンボジアときたら・・・。

でも、それにしてもすごいよ。“ia”の国。アフリカでも、アルジェリア、エチオピア、エリトリア、ガンビア、ギニア、ケニア、ザンビア、ソマリア、タンザニア、チュニジア、ナイジェリア、ナミビア、モーリタニア、リビア。・・・おいおい。

おまけに、スタンはペルシャ語で、ランドは英語で、共に“ia”と同じく、「~の土地」、「~の国」を表す言葉。やっぱり意味がわかってると、いいね。

アフガニスタンは、山の民を表すアフガンにスタンで、山の民の国。けっして、銃の民の国ではないんだけど。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい