めんどくせぇことばかり 『美しい日本の百名山』

『美しい日本の百名山』

なんだ?・・・この本。

百名山を撮った本なんだ。一座につき、一枚の写真。それが百座分で、百枚の写真。表紙に、写真を撮った人の名前はない。一枚めくると、《本書の見方》。・・・特に変わったところはないが、やはり誰の写真家は、書かれていない。「深田久弥の百名山に沿っている」とは、書いてある。「必ずしも主峰、山頂が写っているものではない」とも、書いてある。・・・いまだに正体不明。

一枚一枚の写真は、・・・それぞれに面白い。自分の登っている山であれば、「へ~、あの山をこう撮るのか」って思わされてしまう。

花の春。夏の燃えるよな緑、沸き立つ雲。紅葉の秋。雪に閉ざされた冬。1ページ目来るたびに、季節は夏に、あるいは春に、前のページとの脈絡もなく冬に、あるいは秋に、・・・遠慮会釈なく変わっていく。

なんだ?・・・この本。


パイ・インターナショナル  ¥ 時価

6月11日初版発行で、いきなり時価 (1,900+税別)とありますが・・・


とりあえず一度、すべての写真を鑑賞し終わった、その最後のページに、《PHOTOGRAPHERS》と題されたページがあって、どの山の写真を撮ったのが誰かってことが記されていた。・・・この不思議な本の秘密は、どうやら《パイ・インターナショナル》っていう発行元にあったみたいね。
Spotlight 2016/06/05
”本の売れない時代”に快進撃を飛ばす「パイインターナショナル」が出版する本とは?
http://spotlight-media.jp/article/288496311724985082
(抜粋)
「本が売れない」と言われて久しいですが、この本の売れない時代、1万部売れれば御の字と言われるにも関わらず”5万部”も売れる本を続々と出版している会社があります。それは東京・豊島区にある「パイ インターナショナル」という出版社です。

そんな会社が出した日本百名山の写真の本ってことだな。

何人関わってきてるのか数えてないけど、写真家も大変だな。この一冊の本の中でも、勝負があるもんね。それぞれの人が、「この山の、この一瞬」を狙いに行ってシャッターを切ってるんだろうね。

なかでも、私は谷川の写真だな。一ノ倉沢だけど、これ、初冠雪で吹雪いたの翌日の朝じゃないかな。

自分の知った山なら、“この時期”、“この天気”、“この時間”、“この場所”、“この角度”っていうことが想像されて面白い。そう思うと、浅間山もいいな。・・・それぞれ、楽して撮ってないね。

パイインターナショナルか。・・・山に関する本が、他にもあるらしい。ちょっと探してみるかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
Spotlight 2016/06/05
”本の売れない時代”に快進撃を飛ばす「パイインターナショナル」が出版する本とは?
http://spotlight-media.jp/article/288496311724985082
(抜粋)
「本が売れない」と言われて久しいですが、この本の売れない時代、1万部売れれば御の字と言われるにも関わらず”5万部”も売れる本を続々と出版している会社があります。それは東京・豊島区にある「パイ インターナショナル」という出版社です。

社長は異業種からの転職組
 「パイ インターナショナル」代表取締役 三芳寛要さんは、もともとはエンジニアだった人。大学では電子工学を勉強し半導体の設計事務所に入社。13年間働き、マネジメントをする立場になった頃、父上が創業した出版社の後継者としての打診がかかり「人がやりがいを持って働きやすい環境を整える」という役割にも魅力があったため、今の職務に就かれたそうです。

「パイ インターナショナル」という社名の由来は?”パイ インターナショナル”の社名の影には「円、丸い、世界」「家庭的、親しみがある」「いろいろなものがミックスされている」という意味が込められています。
また、会社のキャッチコピーが「Sweet&Fresh PIE」。可愛く、感動的で、楽しい書籍作りを目指したいという願いが込められています。会社のキャッチコピーでSweetはなかなかないですね!
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい