めんどくせぇことばかり 『「試し書き」から見えた世界』 寺井広樹

『「試し書き」から見えた世界』 寺井広樹

最初にこの本を見たとき、“世界が見える試し書き”っていったい何か、見当もつかなかった。そりゃ私でも“試し書き”くらいすることもある。めったにないけど・・・。だけど、その“試し書き”が人目に触れることは、まずない。

人目に触れる“試し書き”っていったいなんだ。“落書き”ならわかる。そこから世界が垣間見られることもあるだろう。でも、“落書き”じゃなくて、あくまでも“試し書き”なんだよね。

そこから、世界を見ることができる“試し書き”で、それは人目に触れる。しかも、どこの国に行っても、それはひと目に触れるし、手に入れることもできる。

解答です。・・・それは、文房具屋さんならどこにでも必ずある、ボールペンの書き味を試すためのメモ用紙のことでした。

・・・でも、そんな大仰に、“世界が見える”だの、“お国柄が現れる”だの、“流行語大賞がわかる”だの。・・・いったいみんな、なにを書くことでボールペンの書き味を試してるんだろう。

ごま書房新書  ¥ 1,350

世界106か国、2万枚収集 試し書きを通した世界の紀行文、はたまた文化人類学
はじめに  それはベルギーの文具店から始まった
第一章  国が見える❢ 時代が見える❢ 試し書きの魅力
第二章  無意識のアートー世界の試し書き大研究
第三章  試し書きの今と未来ー夢はルーブル美術館

そう言えば、この“試し書き”が気になったことがあったな。私はめったにボールペンの試し書きなんてしない。大概の場合、ボールペンなんて、書くことさえできれば事が足りる。試し書きをするのは、ここ一番、「力の入ったものを書こうか」って時だけど、もはや、書かない。でもかつて、たまには“力の入ったもの”を書いていた頃、試し書きをしようとして、そこに書かれた何の脈絡もない表現の集合体に見入ったことがある。

見る側にしてみれば、それが何人の人間の手によるものか、あとから描いたものは先に書いたものの影響を受けたのか、あるいはなんにも影響を受けてないのか、波のような線は「あいうえお」に沿って引かれたものか、花子とは書いた人の名前か、なんて
ことには一切関係なく、全て一時にして目に飛び込んでくる。

その試し書きに関わった人間は、その意識には全く関係なく、協力して一枚の紙に何かを残したのだ。

それらはかつて、次のボールペン購入希望者の目に止まり、場合によっては白紙の部分を求めてめくられたか、同じ理由でちぎられたか。いずれにせよ、時間の問題で、最後はゴミ箱に収まった。だから、試し書きに関わった人間たちは、何のためらいもなく、自由な試し書きを楽しむことができた。しかし、そんな自由な日々は終わった。・・・そう、この本の著者、寺井広樹という人物の登場である。

寺井は、人々が自由に楽しんできた“試し書き”の運命を、気楽だったゴミ箱から引っ張りだしてしまった。そんな奴が一人現れただけで、あらゆる“試し書き”は、かつての自由を失った。

そう、寺井は、いつ、どこの文具屋に現れるか。それは誰にもわからない。なにしろ106か国、2万枚の“試し書き”を集めた男だ。「注意せよ❢」・・・その、気楽に書いた“試し書き”。その運命は、ゴミ箱行きとは限らないのだ。

最後に、もう一つ怖ろしいことをお知らせしよう。寺井は、 《世界タメシガキ博覧会》というHPを開いている。そこでは、彼が世界中から集めた“試し書き”を見ることができるんだ。花子さん、気をつけてね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本
当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい