めんどくせぇことばかり 『英語化は愚民化』

『英語化は愚民化』

YOMIURI ONLINE 2016/08/03
社説 学習指導要領 国際化に対応できる力養おう
http://editorial.x-winz.net/ed-21148
(抜粋)
英語を教え始める時期を小学5年生から3年生に前倒しし、5、6年生は正式な教科にする。早い時期から英語に慣れさせ、コミュニケーション力の基礎を身に付けさせる狙いは理解できる。中間報告は、始業前の15分程度の短時間学習を積み上げたり、45分授業を60分に延長したりする方法を提案した。

中間報告は現体制化に進められている英語偏重教育にgoサインが出されたに過ぎない。学校ですでに進行しつつある「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」っていうのを紹介しておくね。

1 英語教育の早期化

 小学校五年生から英語を正式教科として教える。英語の授業を週に三コマ程度実施し、授業がない日にも昼休みの後に「モジュール」という時間を一五分設けて、聞き取りや発音の練習を行う。
現在は五・六年生には英語になじむことを目標にした活動が週に一コマ設けられ、ネイティブスピーカーの指導助手とともに授業が行われる。

 上記の従来行われていた活動は、小学校三年生から開始する。

2 中学校の英語

オールイングリッシュ方式の英語の授業。高校ではすでに実施。

3 大学の授業の5割を英語化する

秋田の国際教養大学は、すべて英語で授業を行っている。早稲田大学国際教養学部や法政大学グローバル教養学部もすべての授業を英語化している。それを強力に推進する「スーパーグローバル大学創生支援」プロジェクトは2014年から始動。

世界大学ランキングトップ100を目指す力のある世界レベルの教育研究を行うトップ大学

=(タイプA)・・・年間4億2000万~5億年の補助

国立

北大、東北大、筑波大、東大、東京医科歯科大、東工大、名大、京大、阪大、広島大、九州大

私立

慶応、早稲田

これまでの実績を基にさらに先導的試行に挑戦し、わが国の社会のグローバル化を牽引する大学

=(タイプB)・・・年間1億7000万~3億円の補助

国立

千葉大、東京外大、芸大、長岡技科大、金沢大、豊橋技科大、京都工芸繊維大
奈良先端科技大学院大、岡山大、熊本大

公立

会津大、国際教養大

私立

国際基督教大、芝浦工大、上智、東洋、法政、明治、立教、創価、国際大、立命館
関西学院大、立命館アジア太平洋大

『英語化は愚民化』  施 光恒
 
集英社新書  ¥ 821

漱石も諭吉も呆れた明治の公用語化論の再来 英語化政策で自ら植民地に

昨年の今頃出た本で、この本を題材に、これまで何度も記事を書いた。現在の安倍政権化に、というよりも、昨今の“グローバル化”という名のもとに進められる英語化政策へ警鐘を鳴らす本。

海外の最先端の学問を勉強した最近先生方は、それをカタカナ言葉のまま日本語に持ち込んで使用する。文科省はその概念を日本語に翻訳語を使おうなんてつもりはさらさらないらしい。文科省自体が英語化政策のお先棒を担いでいるんだからアタリマエのことか。

文科省のHPに外来語チャレンジクイズを見ると、翻訳が不可能なわけではなく、使うようにしようという気がないことがわかる。おそらくもう、NHKとか見ていても、アナウンサーさんの使っている言葉が、本当はわかっていないという人が結構多くいるはずだよ。

大学の授業の5割が英語で行われるようになるっていうんだから、英語の解さない日本人は、世界最先端の学問には触れられなくなるわけだ。英語の理解度によって、学問への道が閉ざされる場合があるわけだ。


民主政治は自由に意見表明できる社会の存在が前提となる。だから、政治が庶民の日常生活の言語で語られる必要がある。

民主政治を運営する上では、人々は互いの利害や信条、政治的立場を越えて他者と審議し、譲り合い、納得できる一致点を探す。議論の根底に連帯意識や信頼感がなければ、寛容の精神や譲り合いの心は生まれない。参加する人々の間に言語を共有することから発生する連帯意識があること。

「自由」、つまり多様な人生の選択肢を実質的に享受するためには、母語で多種多様な考え方や生き方に触れ、多様な職業に就ける社会的環境が欠かせない。母語で天下国家、森羅万象を論じることができ、母語で高等教育を受け、母語で専門職や高収入の職にも就くことのできる、自由な社会空間が開けていることが求められる。

日本は今までそういう社会空間だった。


言葉の問題もそうなんだけど、今回の中教審中間報告で、前から進められていることとはいえ、あらためてゾッとさせられたのが、“アクティブ・ラーニング”ってやつだな。単なる授業の方法論にすぎないんだけど、これ、場合によっては日本人の良さを根底から覆すことになりかねない。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
YOMIURI ONLINE 2016/08/03
社説 学習指導要領 国際化に対応できる力養おう
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160802-OYT1T50157.html?from=tw
(全文)
 子供たちの将来を見据え、社会のグローバル化に対応できる力を涵養かんようする。それが、学校教育の重要課題である。

 2020年度から小中高校で順次実施する次期学習指導要領について、中央教育審議会が中間報告を公表した。

 学習内容や授業時間を定める指導要領は、ほぼ10年ごとに改定される。今回の改定により、現行の指導要領と大きく変わるのが、小学校の英語教育だ。

 英語を教え始める時期を小学5年生から3年生に前倒しし、5、6年生は正式な教科にする。早い時期から英語に慣れさせ、コミュニケーション力の基礎を身に付けさせる狙いは理解できる。

 問題は、授業時間の確保だ。小学5、6年生では、英語の授業が週1コマから2コマに増えるが、1週間の時間割は既にほぼ埋まっている学校が多い。

 このため、中間報告は、始業前の15分程度の短時間学習を積み上げたり、45分授業を60分に延長したりする方法を提案した。

 いずれも苦肉の策との印象は拭えない。細切れの指導で学習効果が見込めるのか、授業時間の延長で子供たちの集中力は途切れないか。さらに検討が必要だ。

 小学校教師の多くは、英語の指導力に不安を抱えている。文部科学省は、教師を補助する外国語指導助手や、語学に堪能な外部人材の活用を進めるべきだ。

 高校では、日本と世界の近現代史を扱う「歴史総合」が必修科目として新設される。今に通じる日本の歩みを、世界情勢と関連づけて学ぶことは大切である。

 用語や年号をただ暗記するのではなく、歴史的事象の背景と意義を考える授業を浸透させたい。

 中間報告には、思考力や表現力を培う授業を普及させる方針が盛り込まれた。子供たちが討論や意見発表を通じて、答えを探究する能動的学習(アクティブ・ラーニング)が例示されている。

 主体性を引き出し、学習意欲を高める効果が期待できよう。

 一部の教育関係者の間には、「討論を重視すると、知識を教えることが手薄になり、学力低下を招いたゆとり教育へ逆戻りする」といった声がある。

 充実した討論には、基礎知識の習得が前提となることは言うまでもない。中間報告も「学習内容の削減は行わない」と強調した。

 児童・生徒の知識の定着度合いを確かめつつ、討論や発表の機会を適宜設ける。バランスのとれた授業の工夫こそが求められる。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい