めんどくせぇことばかり 『敗者列伝』 伊東潤

『敗者列伝』 伊東潤

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」というのはビスマルクの言葉。言われるまでもなく歴史は教訓の宝庫。「時代が違う」だの、「生きた前提が違う」だのという人がいれば、過去の人間よりも自分が優れているかのような勘違いをしているか。あるいは、もともと学ぶという素養がないかのどちらか。

もともと学ぶ素養がないならどうしようもないが、過去の人間よりも自分のほうが優れていると勘違いしているだけなら、場合によっては直しようもある。よく、自動車に乗ると、メカの能力を自分の能力と勘違いしてしまう人と同じ。物質的なことだけじゃなく、法制度、ものの考え方においても、今あるものは過去の人たちのおかげであって、自分の人間としての能力には何ら関係ない。

新聞も、ラジオも、テレビもない。無線も、電話も、もちろん携帯もない状況で、あなたは何の判断を下せるか。「ないならないなりに、自分に出来る限りのことをする」? そう、みんなそうした。そして一つの判断が、自分だけじゃなく、一族の、時にはより大きな集団の絶滅につながるような判断を下した。必死で下した。

今の時代なら、大きな判断でも自分一人が死ねば、なんとか埋め合わせができるだろう。でもそんな時、歴史の中に生きる人々は、かならず何かを教えてくれる。

『敗者列伝』とは言うものの、この本に取り上げられているのは大物ばかり。敗因ばかりではなく、人生そのものに学ぶべきところは多い。また、私は第一バッターの蘇我入鹿に関して、その真実の歴史の解明の必要を感じている。それに関しては、前に書いた。著者は、明智光秀に関して、本能寺の変前後の出来事に関する新たな捉え方を紹介している。この本に取り上げられている一人ひとりについて、もしも新たな歴史的事実が解明されれば、また私たちは大きな教訓を得ることができるだろう。

『敗者列伝』    伊東潤
実業之日本社  ¥ 1,728

歴史の闇に葬られた男たちの棺を、今こじ開ける❢
第一章  古代・平安・源平
蘇我入鹿 平将門 藤原頼長 平清盛 源義経
第二章  南北朝・室町
高師直 足利直義 太田道灌 足利義政
第三章  戦国・江戸
今川義元 武田勝頼 織田信長 明智光秀 北条氏政 豊臣秀次
石田三成 豊臣秀頼 天草四郎
第四章  幕末・明治
松平容保 徳川慶喜 大鳥圭介 榎本武揚 江藤新平 西郷隆盛 
桐野利秋

《勝って兜の緒を締めよ》、《おごる平氏は久しからず》・・・、油断を戒める言葉は多い。この本にも、あらためてこれらの言葉を送りたいものも入る。「平氏へ送れ」って? 《おごる平氏は久しからず》って? そのときに送ってたら、間違いなく殺されるね。

多くの敗者が、私たちに教えてくれている。では勝者はどうか。この本の主人公である“敗者”たちも、最終的には“敗者”になるが、場合によっては勝者であった。この本には四つのコラムがあって、そこで取り上げられているのが、源頼朝、足利尊氏、徳川家康、大久保利通。彼らは他の者達と違い、最終的な勝者である。そこには、最終的な勝者になれなかった者達にはない特別なものがあった。

大事なところで、冷酷に徹すること。政治的判断に、私情を持ち込まないこと。それを貫けること。

四人は・・・、足利尊氏は外そう。三人は、冷酷に徹した。政治的判断に、私情を持ち込まなかった。では、生涯を通じて勝者で在り続けることができたか。

頼朝は、やはり殺されてのだろう。大久保利通も暗殺された。ふたりとも、“やり遂げたのち”にね。徳川家康こそが真の最終勝者か?
人の一生は重荷をおうて遠き道を行くが如し
急ぐべからず 不自由を常とおもえば 不足なし
心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし
堪忍は無事長久の基 怒りは敵と思え
勝つことばかり知り負くる事を知らざれば 害その身に至る
己を責めて人を責むるな
及ばざるは過ぎたるに優れり
これが、最終勝者の言葉だろうか。日本史には、真の勝者っていうのはいないんじゃないかな。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本




































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい